進藤先生

Re:LIFE リライフの進藤先生のネタバレレビュー・内容・結末

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

①きっかけは「 ヒュー・グラント 」

落ちぶれた脚本家が金欲しさの為に大学の講師を引き受けて目覚める“ ReLife ”物語。
原題は「 THE REWRITE 」( リライト:書き直す )

何ちゅ〜ヒュー様 頼りの映画!
他の俳優だったら二度目は無い(苦笑)
先の読める展開に、盛り上がりは…無い、感動は…無い、大きな笑いは…無い、印象的な場面は…無い

だけど鑑賞後はすっごく気持ちがいい!

②個性的なキャラたち

「 ヒュー・グラント 」はこの手の映画はほんといい味だすなぁ。
私の中で「俳優目当てで映画を観に行く」数少ないひとり

あの『セッション』の鬼が今回は家族の事を話すと涙もろい学科長( J・K・シモンズ )

11名の学生たちが短い時間でもキャラの区別が出来ているのが凄い。
“スターウォーズ”オタクの彼とツンツン宇多田ヒカル似がお気に入り。

マリサ・トメイは役柄は良いが個人的に好みでは無い^_^;

③おまけ映像あり^_^

噂の『 ダーティ・ダンシング 』が見たくなった(笑)

2015/11/27 TOHOシネマズ川崎