Re:LIFE リライフの作品情報・感想・評価

Re:LIFE リライフ2014年製作の映画)

The Rewrite

上映日:2015年11月20日

製作国:

上映時間:107分

3.5

あらすじ

アカデミー賞®脚本賞に輝き、一夜で名声を手に入れたキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)。 しかし、それから 15 年もの間、全くヒット作に恵まれない。妻にも逃げられ、一人息子とも会え ず、遂には電気すら止められてしまう。彼は仕方なく、エージェントから紹介された、NY北部の 田舎町ビンガムトン大学のシナリオコースの講師を引き受ける。懇親会では酔っ払って女性教 授ウェルドン(…

アカデミー賞®脚本賞に輝き、一夜で名声を手に入れたキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)。 しかし、それから 15 年もの間、全くヒット作に恵まれない。妻にも逃げられ、一人息子とも会え ず、遂には電気すら止められてしまう。彼は仕方なく、エージェントから紹介された、NY北部の 田舎町ビンガムトン大学のシナリオコースの講師を引き受ける。懇親会では酔っ払って女性教 授ウェルドン(アリソン・ジャネイ)に暴言を吐き、学生は好みのタイプの女学生カレン(ベラ・ヒー スコート)たちを選ぶなど、やりたい放題。再三大学の学科長のラーナー(J・K・シモンズ)に忠 告を受ける始末。だが、娘を育てながら復学をしたシングルマザーのホリー(マリサ・トメイ)を筆 頭に、生徒たちは真剣。そんな心から映画を愛する彼らの情熱に触れるにつれ、キースの心 の中でも何かが変わり始める──。人とのつながりで学んだ最も大切な人生のシナリオとは・・・

「Re:LIFE リライフ」に投稿された感想・評価

hsn

hsnの感想・評価

-
なんか、もっと悪い人なのかと思って見てました。
生徒が書いた脚本を勝手に自分のものとして売り込んで、それがバレててんやわんやになると……。
みんないい人でよかった!

創作する人に見てもらいたい映画。
背中を押してくれる人がいて、どん底から歩き出せるように力をもらえる映画だと思いました。


主人公をなぜかマークラファロだと思って見ていた。
ozako

ozakoの感想・評価

2.0
2018/05
原題の「The Rewrite」をなぜこの邦題にしたのだろう?基本高校生や大学生と恋愛したり、寝たりする年上キャラクターにドン引きして、好意を持てないので、おもしろさが全くわからなかった。
マエダ

マエダの感想・評価

4.5
とても良い映画で素直になろうよというお話。「スクール・オブ・ロック」でジャック・ブラックはトンでも教師を演じたが、それのヒュー・グラント版といった感じかな。ヒュー・グラントなので、ウェットに富んだ大人のコメディー。恋愛要素も多少あるけど、彼の成長ストーリーを主軸にしているところが好印象。売れない脚本家が授業を教えることになる。そこにいるのはまさにこれからのクリエイターたち。ピンチなオジサンなら悩むよねぇ。これに親子の話を持ってきたのは上手かった。親であり教師であり一人の男であるヒュー・グラントの言動が楽しくもあり感動的でもある。それでいて生徒たちのドラマもあっておもしろい。才能あふれる子、道に悩む子、ダークな子(笑) 映画の脚本クラスということで、映画ファンがフフフと笑えるネタが散りばめられているのも嬉しい。会話のセンスも良い。
rk

rkの感想・評価

-
ああ!いつも以上に辛辣なブリティッシュジョークたち!!ほんとにすき、、
いいかんじにやさぐれおじさまに進化されたヒューグラント最高だな〜 なんか肌がやわやわしてそうだし気持ちいいセックスしそうだなって(昔のヒューよりすき)

人が作り出す物語や会話の内容ってそんなにその人たらしめるものの結晶と言えるのかな?何かを言えば親の愛の欠如が見えるだとか、この作者の影響を受けているだとか、そういう言い合いをすることが有識者の楽しみなのだろうか コンプレックス産業?
「身勝手さは許されるべきよ だって治る見込みがないもの」
さと

さとの感想・評価

3.5
ベンウィショー目当てで A Very English Scandal ep1 をコソッと見たら、やっぱりヒューグラント好きだなぁ…と再認識。なので、手軽にヒューグラントを楽しめそうなこの作品を観てみました。

気軽に見れるテレビドラマ的な雰囲気。だけど映画好きな人はちょっとにやっとしちゃうようなセリフがあって結構楽しめました。再生のストーリーというのは勇気をもらえて好きなジャンルのひとつです。
原題は「Rewrite」って聞いて確かにこっちの方がしっくりくるタイトルだと思いました🐤

映画が好きな人には見てほしいなと!いろんな作品の名前だったり俳優の名前が出てくるので!


内容自体はよくある話ではあるけど、それでも暗い場面はあんまりみられなかったなぁという印象です!
ゆう

ゆうの感想・評価

3.6
ちょっとダメな男を演じさせたらヒューグラントの右に出る者はいないと思う。
ヒューグラントはどのシーンも画になるなぁと思ってみてたら段々ヒューグラントがいるから周りが画になるように見えてきたのであー不思議。
置かれた場所で咲きなさいってことでしょうか。
tetsuko

tetsukoの感想・評価

3.5
やらず嫌い。やってみたら面白かったってよくあること。
しのごの言わずにとりあえずやってみる。
プライドは時に自分を苦しめる。
若者から大人まで学べることがある映画です。
sono

sonoの感想・評価

3.2
ヒューグラントめあて。

色んな映画が出てくるのが面白かった
カイル

カイルの感想・評価

3.7
かつて栄光を手にした脚本家キースは今ではどん底の日々。そんなキース(ヒュー・グラント)が大学のシナリオコースで学生たちに教えることになって・・・という話。
ヒューは年をとってからの方が断然いい!昔は全然好きじゃなかったけど。
「僕らには何か以上の何かがある」って口説き文句がいい。
授業の中で出てきた映画「クルーレス」と「ダーティー・ダンシング」が観たくなりました。
>|