marimo

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のmarimoのレビュー・感想・評価

4.4
何だかみんな強くない?

本作、ハリポタのスピンオフですが、個人的にはハリポタよりも好きです。
映画の尺を前提で書かれた脚本なので、すごくバランスが良いのです。
ハリポタの1作目で挫折した人。是非観てください。
賢者の石の70年ぐらい前のお話です。
事前にダンブルドア校長とマグルって単語の意味を知ってれば予習としては十分です。

気に入ったら、ハリポタシリーズもマラソンしましょう!!

主人公のニュート君は魔法生物学者なので文化系男子かと思いきや、めちゃくちゃ強いです。
魔法はもちろん魔法動物使って戦闘します。ほんと強い。
ニュート君以外の魔法使いも軒並みハイスペック。
(「姿くらまし」「姿現し」って高難度の魔法だった気が。。。まぁこれのお陰で物語のテンポがすこぶる良いのですが)

ぶっちゃけパワーバランスはおかしな事になってます。
おそらく、ビジュアル的に前作(死の秘宝)よりも派手にって結果だと思うのですが、
もうパワーインフレはめちゃくちゃ。
正直、ニュート君の強さを見るとヴォルデモートさんって大した事なかったんじゃないかと。。。(失礼いたしました)

まぁ、細かい事なんて気にしないで楽しめば良いんですよ!!

これ、初回はIMAX 3Dの公開中に鑑賞できなかったんです。
この度、ファンタビ2直前のリバイバル上映で念願のIMAX3D版を観ることができました!!

噂のフレームブレイク演出。素晴らしかったです。(blu-ray 3Dだとフレームブレイクしないんですよね。。)
迫力抜群!!
これは2作目もIMAX3D必須案件ですよ!!

【鑑賞1回目】
2017/1/1
109シネマズ川崎
シアター4(L -018)

【鑑賞2回目】
2018/11/18
109シネマズ二子玉川
シアター7(I -012)IMAX3D