undo

我が道を往くのundoのレビュー・感想・評価

我が道を往く(1944年製作の映画)
4.4
ビング・クロスビー演じるオマリー神父が、教会とその教区内の一筋縄ではいかない様々な問題を解決するために奮闘するのだが、年の離れた先輩神父とも今ひとつ相性が良くなくて…というお話。
人生、知らない内に流されたり逃げたりしちゃうもんですが、どう生きるかは自分で決めなければいけないこと。そんな忘れがちなことをゆっくり背中を押して思い出させてくれる、優しい映画です。