クワン

バリー・シール/アメリカをはめた男のクワンのレビュー・感想・評価

3.7
アウトローで人間臭い男を演じることで、逆にトム・クルーズの笑顔とスター性が引き立つ、まさしく、トム・クルーズムービーとして楽しんだ。

それにしても、飛行機の操縦ほとんど自分でやってるらしい。前に飛行機に捕まったりもしてたから、操縦はお手の物なのだろう。凄腕パイロットが南米と行き来する運び屋として、羽目を外していく。やってることは最低だけど、トム・クルーズの爽やかな笑顔で憎めない。ダグ・リーマン監督らしいテンポの良さで軽快に楽しめた。そして、妻役のサラ・ライト・オルセンもなかなかgood。ドーナル・グリーソンはもう一味、存在の濃さが欲しかった。

ルールを無視して、破天荒にハチャメチャやって、大金稼いで、後でしっぺ返しが来る。この王道のアウトローストーリーが、誰でも経験できること出ないだけに映画的カタルシスを味あわせてくれる。それにしても、こんな軽い感じのコミカルで人間臭いトム・クルーズ久しぶりだったんで良かった。あのミイラ映画はどうだったのかな。

ひとまず、飛行機大好きな彼には「トップガン2」で超高速体感映画を実現して欲しい。