バリー・シール/アメリカをはめた男の作品情報・感想・評価

バリー・シール/アメリカをはめた男2016年製作の映画)

American Made/BARRY SEAL

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:115分

3.4

あらすじ

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十…

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

「バリー・シール/アメリカをはめた男」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

3.2
2回目の視聴
トムクルーズがトップガンの頃に比べ美しく老いている
実話ベースの飛行機密輸物語だけど、bgmと撮り方のおかげで殺されるシーンでさえシリアスじゃなかった
MIKE

MIKEの感想・評価

3.8
このような人がいたことに非常に驚いた、
ただただ事実に驚かされる映画だった、
映画としてはよかったって感じ
ゆーい

ゆーいの感想・評価

5.0
8月21日
アマゾンプライム

さすが、トム・クルーズ
カッコイイし演技上手だし、さいっこうに面白かった
これが実在していた人物とは、、、
アメリカの麻薬や銃社会の闇を見ることができる
裏では何やってるのか分からない
そんな主人を愛せる事ができるのだろうか、、?
また、家族・お金のためとはいえ、どんどん引き返せなくなっていくバリー
人間の欲望は底なしで、これが人間の怖さだと思った
reitengo

reitengoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

トム・クルーズの笑顔っていいなぁ。犬みたいで。

年号の文字がポップでかわいいしオチャラケに描いていたのにラストだけ急にダークなのも後味悪くていい。映画館に行けばよかったなーと後悔。
くどu

くどuの感想・評価

1.0
題名違うくないか?アメリカに騙された男、もしくは、中米を騙した男では??

基本的に物事が自分の手を離れた瞬間から、実は超偶発的に生じていた絶妙なバランスが崩れ始める。

ゴミではないけど、あまり熱くなれなかったので1か5でいうと1
so

soの感想・評価

3.0
飛行機でいろんなものを運んでお金を稼ぐ映画。
びしゃびしゃでヘラヘラしたトムがたくさん見れた。とても理想的なトムだった。トムのおしりぽろりも見れる。
KMN

KMNの感想・評価

3.8
テンポ良く楽しめた。

脚色が有るにしろ、実話ベースなのが驚く様な内容。
あや

あやの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

トムブーム到来により鑑賞(自分の中で)。雰囲気としてはウルフオブウォール・ストリートに似てました。実話だからしょうがないけど何回も同じことを繰り返し過ぎてちょっとしつこかった。いやお前学習せえよ!!って思いながら観た。タイトルが「アメリカをはめた男」ってなってるけど、バリーがアメリカをはめたってよりは自分からハマってったって感じなのでちょっと違う。いやええんやけど全然面白いんやけど。

このレビューはネタバレを含みます

どちらかと言えば、アメリカに嵌められた男なのでは?

トム・クルーズの今回のミッションはCIAや麻薬カルテルからの依頼をこなすこと。飛行機技術は相変わらず素晴らしいし、持ち前のコミュ力でどんどん知り合いを増やしたり、危機を脱したりします。お金もバンバン稼いで家中に札束が転がっている異常な光景が広がります。

ある意味ではここまで実際に成功できることを示しているが、麻薬カルテルには関わりたくないというのが本音。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.5
破天荒な主人公の半世紀
こんなのアリなんっていう人生、本当にあった話なのがすごすぎる
トムクルーズらしからぬ役だが、そこがまたいいね
>|