バリー・シール/アメリカをはめた男の作品情報・感想・評価

バリー・シール/アメリカをはめた男2016年製作の映画)

American Made/BARRY SEAL

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:115分

3.5

あらすじ

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十…

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

「バリー・シール/アメリカをはめた男」に投稿された感想・評価

Kyu

Kyuの感想・評価

3.6
実話とは信じられない派手な人物だと感じました。平凡な大手企業のパイロットから転身した人生ですが、ジャンボ機のパイロットでも充分刺激的だと思うのは私だけでしょうか。

とにかくトム・クルーズ相変わらずカッコ良いですね。暇つぶしには持ってこいの映画って感じの作品でした。

ただ、やっぱり実話ってのが凄いですね。
事実だけ並べたら、時代に翻弄された人という感じだけど、本人の目線だからこそ「アメリカをはめた」人になるのだと思った。実話というのが信じられないほど波乱万丈。
KotA

KotAの感想・評価

4.8
歳を取れば取るほど魅力的になる男、トム・クルーズ。一生追いかけて行きたいです。もうどこまでホンマにやってるのか分からへん…
これが実話っていうのも凄すぎる…でもCatch Me If You Canみたいにハッピーエンドじゃないのが切ない…やっぱりカルテルに手を出してはいけない
飛行機で見た。
これが自分だったら神経すり減ってすぐ死ぬんだろうなって感じ。図太い人じゃなとできないわ。
こう

こうの感想・評価

3.5
機内

世界でもっとも壮絶な人生を経験した人間の1人なんじゃないの。

経歴だけ見れば憧れる。
これが実話だとは到底思えないハチャメチャな話でした!笑 悪いことはしないことが1番ですね
pira

piraの感想・評価

-
トム・クルーズが演じているから面白い。実話というのが凄いし、一度足を踏み入れたら抜け出せない世界が悪なんだなと。恐ろしさと目立つことでそういう世界に巻き込まれる可能性もあるんだとある意味現実世界と同化してみてしまった。
non

nonの感想・評価

-
実話ということで…
とんでもないひとが
いたもんだね。

しかしこの邦題の
アメリカをはめた男 って?
どう考えても逆だし
ていうか
断れないよね?
と考えると、ある意味
気の毒なひとでもある…
CIAと麻薬の運び屋を掛け持ちしていたというのが、実話として凄いところなんだろうが、バリーの半生を2時間くらいで描いているので、ダイジェスト感が否めない。実話って難しいのね。
あどら

あどらの感想・評価

3.7
いろんな組織の運び屋をやって結局裏切られてしまうハメに、というかJB面白すぎたわ。
なんとなく実話を淡々と描いてる感じ、あまり起伏はないがテンポは良い
>|