Moomin

或る終焉のMoominのレビュー・感想・評価

或る終焉(2015年製作の映画)
3.7
なにかもの凄いものを観た気分
主人公デヴィッドは、終末患者を看護するものである。 ただ坦々と、延々と、看護する姿が映し出される。それもとにかくずっと。そこに退屈になってしまった自分も正直いるが、死に関わる仕事の重きをずしずしと感じさせてくる。
彼は家族同然、又は家族の垣根を越えるほどの愛を持って患者と接する。それがゆえ死を望む患者と出会ったときは……
とにかくゆっくりでうとっとくるかもしれないけれど、「世界を驚愕させたラスト」。それは間違いない。エンドロール中も中々頭の中で整理がつかなかった作品。
P.S.延々とゆっくり見えたのは多分カメラ固定が凄い多かったからかな