或る終焉の作品情報・感想・評価・動画配信

『或る終焉』に投稿された感想・評価

みぃ

みぃの感想・評価

3.4

命の最後を看取る
それはてとも辛くきつい
デヴィッドは終末期の患者を世話する看護師
時には家族以上に献身的に患者の心をもケアする
そうしないと自身も潰れてしまいそうだから
優しく身体をふき優しく手を…

>>続きを読む
ずっと重い。
祖父を思い出した。
自分が要介護者にならなければ、わからない苦しみが、あの時の祖母と祖父のことが、少しわかった気もするし。わかった気になってるだけだけど。きついな。

この終焉とは「命の終わり」を意味しています。

この作品を一言で説明するならば『PERFECT DAYS不穏胸糞版』ってとこでしょうか。

台詞は最小限、特別な説明もなく、会話もあまりありません。あ…

>>続きを読む
孤独🥺
患者と向き合っていれば人間らしくいられるのかな?
命は儚いですね、無常

一見するとハネケやトリアーのような嫌がらせ系と1括りもできなくは無いが、徹底的に心理を避けながら厭やな映画を撮っているので別物かと。その証拠にティム・ロスの顔のアップがワンカットたりともなく、また主…

>>続きを読む
この監督の特長が最初から確立されていたことがよくわかる。劇伴なし・無音エンドロール。ヨーロッパの作家みたいな作風でカンヌが好きそう。

このレビューはネタバレを含みます

安楽死を訴える患者に寄り添った看護師デヴィット。 過去にも息子を安楽死させ家族が崩壊している。彼も息子を看取った時から自分の人生を棄て、患者にのめり込むことで生きてきたのかな。ラストは自死。相手の運…

>>続きを読む
シネマQ

シネマQの感想・評価

4.0

ティム・ロスの虚無っぷりがとにかく不気味。
心理の方へ全く行かず、ただただ行動を捉えるから何を考えているのかさっぱり分からない。
夫のふりをして献杯したり、建築家のふりをしたり、エピソードの入れ方が…

>>続きを読む
Harigane

Hariganeの感想・評価

3.5

<あらすじ>
死期の迫った患者の介護をする看護師のデヴィッド(ティム・ロス)は息子の死をきっかけに妻、娘と疎遠になり、1人で暮らしていた。
様々な患者に寄り添い、親密な関係を築き上げてきたデヴィッド…

>>続きを読む
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.3

介護ドキュメンタリーのオムニバス風。

リアルに近い物を観たいけどリアル過ぎのも観ててしんどいな。
でもこれが現実。
安楽死のテーマって正解は無いから、色んな描き方でいいと思う。

ラストはビクっ!…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事