怨念大納言

少女椿の怨念大納言のレビュー・感想・評価

少女椿(2016年製作の映画)
2.0
アニメにもなっていた丸尾末広の不道徳エログロ漫画の実写化。
アニメと原作(改訂版)を見た上で視聴。

うーん。
良かった点は中村里砂のビジュアル!
演技力はともかくとして、本当にお人形さんのような美少女っぷり。
みどりちゃんを実写化するとなれば理想に近いんじゃないかとすら思いました。
他、カナブン以外のキャストも忠実。

カナブンだけは、どうしたの?、といった感じですが…。
カナブンがイチモツを見せるシーン、あれカナブンがまんま男なせいで原作未視聴なら露出狂に見えるんじゃなかろうか。

非常に残念だったのは、ワンダー正光ぶちギレシーンのショボさ。
あれはないでしょう…。
少女椿が実写化されるとなれば、このシーンは最も期待される部分であって、ここがショボければ他が完璧だったとしてもダメでしょう。

アニメ版が驚愕の再現度だっただけに余計期待しておりました。

あ、あと、凄く個人的な好みなんですけど、タイトルが好きなんですよね。

◯忍耐と服従
◯さまよえる日本人
◯侏儒が夜来る


短編みたいになるので映画でやると不自然なのかもしれませんが、序盤のみどりちゃんナレーションがありならこれ入れるのもありかと。
いやなしか。

実写化となれば凄く高いハードルなんでしょうかね。
丸尾末広。