bebemama

ワンダー 君は太陽のbebemamaのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
3.4
普通の感動物ではないって聞いてました。
オギーだけの話ではなく、周りの人達とオギーの話。

もちろん、私はオギーじゃないからこの病気の苦しみはわからない。この病気の方の記事を読んで、本当に辛い思いをしてらっしゃるのも知った。
でも、オギーには[天使]がついてる。いや、つかざるを得ない。大人達は皆んな彼にとって天使になると思う。
子供は残酷だけど。(でも、垣根がなくなったら、子供の方が柔軟かも)

なので、お姉ちゃんのお話が心に沁みた。
姉弟っていう兄弟関係は、ただでさえ姉がしっかりせざるを得ない。
手のかからない良い子、わかるのよ親の苦労が、気がつくのよ私が頑張らなきゃって、甘えちゃいけないって!!!
と、弟達のいる私と、同じ兄弟関係の友達とで観て、2人でお姉ちゃんに感情移入してしまいました。(おまけに自分達の子供も同じ姉弟!)

オギーを育てた環境がオギーの性格を形成し、その性格が周りにも影響を与えたんだと思う。

悪者役を、一身に背負わされた彼がちょっと可哀想で、違和感を感じたかな。