えし

ジェーン・ドウの解剖のえしのレビュー・感想・評価

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)
3.5
モルグの悪夢。

アメリカの田舎にある一軒家に住む1組の父子の生業は、遺体安置所兼火葬場の経営と検死だった。
その日の検死の仕事を終えた父子の元へ、保安官が急ぎの依頼を持ち込む。
ジェーンドゥ、名前のない女性の遺体を解剖することになるが、彼らの周囲で次々と異変が起こり…

ホラーかなと思っていたらどちらかというと伝奇的な話でした。ただ解剖シーンがほとんどなのでグロいのは間違いないです。
遺体役のおねえさんの動かないすっぽんぽんの演技は大変だっただろうなぁ。