れもん

悪と仮面のルールのれもんのレビュー・感想・評価

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)
1.5
仰々しい脚本と演出が圧倒的に好みじゃなかった…
開始数分で「これは面白くなさそう」と思わされ、そのまま2時間以上ずっと面白くない作品だった。

玉木宏の少年時代を演じていた板垣李光人とテロリストを演じていた吉沢亮の顔面だけは良かった。
板垣李光人はSixTONESの京本大我に似てた。笑

色々ツッコミどころ満載の作品だったけど…

まず1980年生まれの玉木宏と1993年生まれの新木優子を同い年の設定にするのは無理がありすぎる。

そして玉木宏の少年時代の子役はちゃんと美少年をキャスティングできたのに、なんで新木優子の少女時代の子役はちゃんと美少女をキャスティングできなかったのか…
あの顔が成長して新木優子になるはずがないし、玉木宏よりよっぽど新木優子の方が整形したみたいになってておかしすぎたよ。笑

そもそも「邪」って何よ…
「邪」とか「損なう」とか、久喜家の人々はみんな中二病みたいな言い回しばっかりしていたね…

【2019.06.06.鑑賞】
【2019.06.06.レビュー編集】