takato

バーフバリ 王の凱旋のtakatoのレビュー・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)
4.6
 スターウォーズ見てる場合じゃねぇ!。宇宙から来た衝撃より、インドから来たこの衝撃に備えよ!。そして讃えよ、バーフバリを!。

 こんなとんでもない作品をやってるのに、映画館ガラガラというショックは公開当時の「カリオストロの城」レベル。ここで奮い立たなきゃ男じゃない。2017年ベスト10更新作品。

 前作のあらすじあるので、前作見なくても大丈夫です。というか、細かい話とかどうでもよくなるパワーに満ち満ちているトンデモナイ物ですぜ、こいつぁ。梶原一騎原作並みに無茶苦茶な描写の連続なのだが、それと同じくらい立ちまくりなキャラと、燃える力強いストーリー、神話のような壮大な描写がそろってもう濡れる!。無双する最強主人公ってならこれくらい説得力あるキャラにしてくれないと。

 ハッキリ言って構成メチャクチャ。先代バーフバリの話の方が比重もテンションも高かったり、お妃さんとの出会いのとこあんなに尺を割く必要あったかなぁ~とか、クライマックスにもう一盛り上がり欲しかったかなぁ~ってとこもあったけど、そんなのどうでもいい!。167分もあったのに、全然気にならなかった。むしろもっと見たい!と思わせてくれただけで凄すぎる。某スターのウォーズもこうだったらなぁ…。あっちを見に行こうと思ってる人の1割、いや1パーセントでもいいから騙されたと思って見に行って、本当にお願いします。