バーフバリ 王の凱旋の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋2017年製作の映画)

Baahubali 2: The Conclusion

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:141分

4.2

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聞かされる…。カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァガミから王位継承を託されたアマレンドラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタナ王国の王の妹デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き降ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする…。父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? すべてを知ったシヴドゥはマヘンドラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋」に投稿された感想・評価

ちょび

ちょびの感想・評価

5.0
3/15

カッタッパー。゚(゚´Д`゚)゚。

とりあえずカッタッパ。゚(゚´Д`゚)゚。

シヴァガミ様のばかーーーー。゚(゚´Д`゚)゚。

めっさ泣いた

息子バーフバリよりとりあえず
おとーちゃんバーフバリがかっこよすぎて
やばい

嫁もやばい

予告でも興奮してた弓矢のシーンやばい

もはや息子バーフバリけっこー
どーでもよくなってるwww

彼女の存在もふわふわ気味w

カッタッパやなぁ

えぐえぐ泣いた

すっごいちっちゃい映画館で
観たんやけどあーゆー雰囲気も
嫌いじゃない( ˘ω˘ )

文句なしの5つ星★★★★★
船が空を飛び始めたらまともにレビューする気なんて失せる〜笑笑笑笑

大好き〜バーフバリ!バーフバリ!!
ニコ

ニコの感想・評価

5.0
マヒシュマティ❗️
バーフバリ❗️
応援上映とかやってくんないかなぁ笑
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
お父さんの話と、叔父さんと争う王座継承戦。

インドでは前作から2年後に本作が公開されたそうだ。前作から3時間後ぐらいに見れた自分は幸せもんです。

過去とシンクロしている所が様々(伏線って訳じゃなくて)あって、そんな所も神話的に感じるし、ラストも前作の冒頭とリンクしていてそんな所が素晴らしく良かったし好きでした。

背中に背負っている矢と放った矢の数が合ってない事とか、お城の城壁を超える作戦が無茶苦茶な事とかも、真面目に突っ込むことが間違っていて、それらは「バーフバリ」っていう人物も作品も非常にスケールが大きすぎるってことで。

空想の世界でもちゃんとヒンドゥー教の神様を出す所なんかは、インドらしいのかもしれませんね。


インド人に「バーフバリ」って単語を言っただけで盛り上がりました。
ryo

ryoの感想・評価

3.9
フィルマの評価とかTwitterでの評価が良かったから借りてみた!

2から見ても普通に面白い!バーフバリかっこいいし、アクション派手だしテンポ良くて全く飽きない!音楽がやたら盛り上げてくるんだわ。インド映画なめてた....とりあえず1借りてくる!
macya

macyaの感想・評価

4.0
これはハマります!
前作も探して見た。
アニメみたいなスケールの大き過ぎるアクションとキラキラ映像&歌にワクワクが止まらない!
こんなに強く頼もしいお方がいたらそりゃ惚れる
痴漢にはもれなくあの制裁を下すべき。

前編みてからまた観ます。
U子

U子の感想・評価

3.5
期待しすぎたのかな。普通に面白いけど、そこまでではないような。CGが過ぎるでとつっこまずにはいられないけど。
マンガのキングダムをこのチームが映画化してくれたら良さそう。
王女と一緒に矢を射るシーンは面白かった。前作をみてたらまた感想ちがったかな。
MaruSaki

MaruSakiの感想・評価

3.2

バーフバリの筋肉に惚れた。
途中からツボにはまってきて笑い止まんなかった。中盤の2人のシーンのインド感やばい、カレー屋でよく流れてるやつやと思った。美女のお腹に親近感湧いた。
おいも

おいもの感想・評価

5.0
「めちゃくちゃ極彩色でしかも食べたらワケわからん味のするグミを全部顔面にぶちまけられた」みたいな瞬間が最初から最後まで続く。超強い
>|