木葉

終わった人の木葉のレビュー・感想・評価

終わった人(2018年製作の映画)
2.2

これ、私の親の世代、これから退職していく人たち、退職した後の人生を歩んでいる人たちには、背中を押されたり心動かされるものがあるんだろうなぁと感じたりしました。
でも、まだ少し若い私たちにはピンとこない。
エリートで退職した人で、悠悠自適な暮らしを送ってる人って私の周りにも少なからずいて、皆付き合いが減ったり、居場所がなくなったりしてるけど、新たな目標、趣味を見つけて人生楽しんでいるように見える。
身近に会社を起こしたり、資格を取ろうとしたりする人もいて、若者よりも、退職した人たちの方が活気がある気がするのだ。
どんな人にも、悩みはある。
でも、どうしても映画のテーマ自体、贅沢な悩みであり、主人公が多額の借金を背負ってゼロから始めようとする姿は端折り過ぎたり、あたふたする状況もなく優雅で、現実感がなくて全く共感出来ないものであった。