DORATARO

セブン・シスターズのDORATAROのレビュー・感想・評価

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)
4.3
ノオミ・ラパスの七変化
人口爆発、食料不足が問題化した近未来のヨーロッパ。児童分配法なる法律により徹底した一人っ子政策が敷かれた社会に生まれた一卵性七つ子姉妹。7人で一人の人生を生きるという奇抜な設定ながら、月曜日にはマンデーが行動し、火曜日にはチューズデーが…という風に、中身はシンプル。ディストピアものって設定が先行しがちだけど、この映画は複雑さ無く、設定に負けない骨太なサスペンスや荒々しいアクションが楽しめました。武闘派、メカニック、お色気など姉妹のキャラクターがそれぞれ立っていたのは勿論、それを一人で演じ分けたノオミ・ラパスの演技に大拍手。良作。