セブン・シスターズの作品情報・感想・評価

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

SanjiIkun

SanjiIkunの感想・評価

3.7
設定が素晴らしく面白い!
後半、何曜日だっけと
戸惑いもあったけど、楽しめた。
GNT

GNTの感想・評価

3.9
おもしろい!

こーゆー感じのディストピアな世界の映画好き。

個性豊かな7つ子+7つ子が演じる1人の人格を演じきったノオミ・ラパス凄すぎる。
まにょ

まにょの感想・評価

3.8
1人7役はすごいっ!
絶対誰が誰か分からんなるやろなーって思ってたけどキャラ分けハッキリしてて意外と混じらんかった。
ノオミラパスがめちゃ頑張ってました。

表での「同じ顔」と実際の「違う顔」を演じておりました。

「DNA」とかの「未来感」のある作品はあまり得意ではないのですが、現実とあまりにも離れているわけではないテーマだったので、個人的にはとっつきやすかったです。
nago19

nago19の感想・評価

3.5
途中のアクションが苦手だったけど、最後まで観てテーマは重たかった。ちょっと取ってつけた感じはあるけどね。はじめに観た7人の演じてる感じも流れとともに自然に見えて来た。7役って凄い。
莉子

莉子の感想・評価

5.0
めっちゃ面白かった!久しぶりにワクワクした!!!!!!!
昔の中国もこうだったのかな?とか思う余裕が初めはあったけど、徐々にハラハラしてきて虜になる。結果はこれでよかったのか分からない。良くて良くない?難しいな。
ノオミラパスが7つ子姉妹を演じるSF作品🎵思ったよりよくできててまあまあ見ごたえある佳作😃
この映画がきっかけでノオミ・ラパスのファンになりました。笑

マリファナ中毒のメンヘラ火曜、セクシー系でちょっと頭が弱い土曜、機械に強いメガネっ子の金曜、、、
しっかりとキャラを作り込まれている7人姉妹達に愛着が湧くこと間違いなし!
小森

小森の感想・評価

-
ノオミラパス七変化。監督の割には社会派な真面目SFだった。
むぎ

むぎの感想・評価

4.2
食料不足により遺伝子組み換え作物が主流となった未来。
遺伝子組み換え作物の弊害から多生児の出生率が急増し、各家庭に子供は一人と定められた「児童分配法」が制定される中、セットマン家には七つ子の姉妹が生まれ、それぞれ曜日毎に入れ替わり生活を送っていた。

TSUTAYAであらすじを読んで、これは面白そう!とレンタル。

これが期待以上にとても面白かった!
七つ子のキャラ分けがよくあるパターンで漫画っぽく感じるが、ノオミ・ラパスの演じ分けが上手くて、徐々にそれぞれの別人に見えていくから凄い。
それに、ストーリー展開は読めるところがあるものの、ノオミ・ラパスのバイオレンスアクションと敵に追われる状況に緊張感があって見応えがあるし、真相の理由付けも納得のいくもので綺麗にまとまっていた。

バイオレンスなのもグロテスクなのもかなり耐性のあるほうだけど、子供時代の指のシーンは薄目でないと観れなかった…
SFっぽい設定が好きなら、きっと楽しめる作品だと思う。
>|