セブン・シスターズの作品情報・感想・評価

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

yukiho

yukihoの感想・評価

3.7
1人7役演じるノミオ・ラパスがすごく良かった!!
わりとグロいシーンが多かったので、苦手な人にはキツいかもしれない。
恭介

恭介の感想・評価

3.3
旬を過ぎた頃に観るシリーズ④

7人の姉妹達!
うん、直球すぎるね(笑)

人口過多で地球の資源が危ぶまれ
出産制限や寿命制限を設けて
人口を調節する政府に対して
一般市民が立ち上がるドラマ

という、設定はそこまで目新しくは
ない。しかし、そこに7姉妹という
変則技を投入した設定にグッと
惹かれる。

文字通り、ノオミ・ラパスの身体を
張った1人舞台!分かりやすいように
性格も見た目も極端に違う7姉妹の
キャラクターを見事に演じ分けている。
ちょっと分かりやすすぎて、全員
ステレオタイプ的になっている
気がするが、微妙な変化だと観てる人が
混乱するから、そこは仕方がない。

適度なサスペンスと適度なアクション
そして適度なラブロマンスと姉妹愛。

うーん、突き抜けた感じがないのが
ちょっと惜しい。
意表を突いた設定なのに勿体無い
気がした。途中、脚本のツッコミ所も
多々あり、あーっ、なんか惜しい!
って1人ボヤいてた(笑)

けど、そんなに多くない予算の中
要所要所に見せ場を作り
終盤まで、原題である月曜(マンデー)に
一体何が起こったのか?の疑問を
引っ張ってくれるので
飽きずに観れた。
TTY

TTYの感想・評価

2.7
設定は面白い。が、ストーリー展開がそんな感じなのかぁと思うところ。なんとなくB級映画感が否めないのがもったいないなと思った。1人7役は圧巻!
gatty

gattyの感想・評価

3.8
1人七役はすごいと思った。少し誰が誰と思うときもあり、混乱した。
1人っ子政策は、現実的なようでそうでもないとも感じた。社会問題とSFを上手く組み合わせた作品だと思った。
kou

kouの感想・評価

3.9
今年見た中で現在、間違いなくトップに入るくらい面白かった!
ディストピア物であり、近未来物でもあり、SFでもある。
読めなくもない展開でもあるけど、よくできてるなとも感じるくらい面白く楽しめました!
とがり

とがりの感想・評価

4.0
人口爆発による環境悪化に苛まれる近未来、児童分配法という名のひとりっ子政策が敷かれる世界で生きる7つ子の物語。
自分の担当曜日だけ外出し、共通人格"カレン・セットマン"を生きる7つ子たち。30年もの間、人生を共有してきた彼女たちの運命は、"月曜日"が突如失踪したことから大きく揺らぎ始める…

ノオミ・ラパスが1人7役で体を張りまくるSFサスペンスアクション。
正直R-15要素を除くと突っ込みどころは多いというか、良い意味でB級感溢れる話なのたが、テンポよすぎなくらいスムーズに話が展開し、ずっと緊張感を維持できる造りになっているのでとても面白く観られた。

ラストの絶妙な不気味さ、この先の未来に待ち受ける何かを想起させる終わり方が良かった。
あり得なさそうであり得そうな未来。
壮大な音楽がせめてもの救いか。
you

youの感想・評価

3.7
思いの外アクション多めで怒涛の展開。
七人で一人を演じるシーンが一週間分ちゃんとあったらもう少し入り込めるかな。
さち

さちの感想・評価

4.2
ノオミ・ラパスの七変化が凄い👏

そして他人事ではないゾッとするテーマ…
mynipponia

mynipponiaの感想・評価

2.8
人口の抑制措置として1人っ子政策が徹底された近未来で、7人姉妹が1人の人間として振る舞うことで生き延びる、という設定とノオミ・ラパスにひかれて観たが、うーん‥。
姉妹の性格や特殊技能の違いは話のなかで1人ずつ明かされていくのだが、最初に7人全員の紹介タイムが欲しかった。キャラの違いやスペック、7人を1人に見せるための苦心が伝わらないまま話がどんどん進んでゆくので、「なぜ見破られた」という驚きも、「このタイプとこのタイプをこう組み合わせれば、ここは逃げられる」みたいな予測をたてる楽しみも感じられなかった。(ノオミはがんばってたが、7人は多すぎ。あと、ハッカーは髪ボサボサ丸メガネ、セクシー系は金髪にマスカラばっちり、というステレオタイプな外見を導入することでキャラ紹介するのは安易)

ラストの産院の場面のカメラの引きと重なる産声の演出が、この世界がこれからどうなるかを示唆していて、ゾクッとした。
>|