セブン・シスターズの作品情報・感想・評価

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

4.1
「いやまじか、めちゃくちゃ面白かった、、」

くたくたな中見に行ったものの、眠気も飛んでいった。

とはいえ正直結構辛い、きつい、しんどい、怖い。そしてわたしにとってはバイオレンス要素が強すぎて(どうやらR15だったらしい)顔を歪めながらみた。目を閉じて耳まで塞ぎたくなるようなシーンも多々あった。展開もわりかし予想は立てられてしまうのだけれど、そんなの関係なくめちゃくちゃどきどきしたし、その分疲れたし、とてもとっても面白かった。

開始15分で、これは面白いぞとにやりとして、あっという間に2時間が過ぎ…引き込まれ…
エンドロール。
「いやまじか、めちゃくちゃ面白いじゃん…」とまたにやついてしまった。


いやまじか、にやついてばっかりじゃん。
「セブンシスターズ」観了。
ごめんなさい、完全にノーマークでした。秀作です。

いろいろとトンデモ設定の近未来サスペンスなんですが、観てる側がぐいぐい引き込まれ、予想を裏切られていく感じがたまらなく良かった。主人公たちもかっこいいし、この作品もっと評価されていいと思う。
ノオミラパスの1人7役!
月曜から日曜までノオミラパス祭です!
ノオミラパスの恐ろしいくらい体を張った演技がみどころです!

サスペンスあり、バイオレンスあり、アクションあり、グロちょいあり、SFあり、LOVEもあり、かなりの詰め込み具合でおもしろかったですよ!
上映館少なかったのかな、もっとみんなに観てほしい!

ちなみに私なら木曜がいいかなw
はい、だいすきだいすきだいすき。

鑑賞後は興奮で「うわぁぁぁぁぁ!!!!」ってテンションが上がったんだけど、翌日になり感想と感情をまとめようとしたら、色々と考えてしまい哀しくなって落ち込んでしまった。
鑑賞直後→興奮
翌日→悲しみと切なさ
という両極端の感情を与えてくれた魅力溢れる作品。


あらすじだけ読んで、あとは情報を一切入れずに鑑賞したので想像と違ってビックリ。
グロい描写もあるし、どんどん人が死んでゆく。
あ、こんな映画だったのか…おいおい…ってビックリしたけれども、感情が置いてけぼりにされる訳でもなくアドレナリンが出まくり。
そして、「よし!こういう作品なのね!おっけー!」なんてこの映画のことを理解したつもりでいたら、まさかの展開に鳥肌。

SF、アクション、サスペンス、ヒューマンドラマ、バイオレンス
ぜーんぶいい所取りで、多少の無茶も許せちゃう!
映画を見終わると原題にも納得しまくり。
ああ、でも色々考えるとやはり落ち込む。
爽快感と切なさを与えてくれる素晴らしいSF作品だった!
りょ

りょの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

7人みんなが友達ができて恋をして30年間過ごしてきたのだと思ったら、死ぬまで7人一役を続けるのは残酷😭
愛する人ができても結婚できないし、子供を産むこともできない。
みんな性格が違うから、家族を大事にする子がいれば自分を大事にする子もいるだろうし、自分がカレンだと信じる月曜が行動を起こすのは納得できる。
それでも優等生でやってきてた月曜が道を外れたのは、あんなに必死で愛してくれる人に出会っちゃったからかな。自分の職場を相手にしてまで守ってくれようとするなんて。

状況があまりに絶望的だけど産まれてしまった命は生かしていく他ないのだから、未来の子供ために今生まれた子供を殺すケイマンは秩序を思いすぎて本末転倒してるように思えた。

一人七役すごかったけどときどき「これ全部おんなじ人かぁ」て思っちゃって集中しきれなかった自分がダメだった
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
『処刑山』『ヘンゼル&グレーテル』のカルトムービー専門監督トミー・ウィルコラの新作。ケレン味たっぷりの12チャンムービーで面白かった。

人口爆発による食糧危機問題、解決策としての遺伝子組換え、その副作用による生殖異常で更なる人口増加、政府によるハードコア一人っ子政策、と舞台設定を手際良く説明する冒頭で信頼に足る作品だなと。そっからも主人公7姉妹の生まれから現在までの描写も無駄がなく、伏線にもなってる。とにかく脚本の構成が良いし、キャラクターの説明も上手い。1人7役のノオミ・ラパスが見事に演じ分けてる。ちょうど30分目で事件が起き、そこからは怒涛のサスペンス展開。アクションの見せ方も面白いし、ちゃんと残酷。テーマも結構オトナな感じ。グレン・クローズが必ずしも悪人とは言い切れない感じとか良かった。それにしてもノオミ・ラパスは凄かった。リスベット以来の当たり役。

学校サボった中学生が、平日昼間に12チャンでこれ観たら「おおおおぉ!」ってなるレベル。トミー・ウィルコラ、スティーブン・ソマーズ級の逸材かも。
チカダ

チカダの感想・評価

4.5
2017.11.22
SFデバイス良かった
もずく

もずくの感想・評価

5.0
今年映画見た中で5本の指に入るレベルでおもしろくてだいすきな映画になった。感想はあとで!とにかくおともだちに進めまくってる♡♡
Akane

Akaneの感想・評価

3.5
ストーリーにどんどん引きこまれる
1人7役ってゆう女優の演技にも
素晴らしさを感じた
びー

びーの感想・評価

4.5
ノオミラパス最高に美しい。
7つ子になっても見劣りしないのがさすが過ぎる。
狂気じみて本当ならもっと早く何か起きていそうだったディストピア的な抑圧された世界の中で7人はそれぞれの人格を形成していて、無個性という訳には行かない人間の性を見た気がする。
久しぶりにいい意味で問題作を見た気がする
>|