セブン・シスターズの作品情報・感想・評価

セブン・シスターズ2017年製作の映画)

Seven Sisters/What Happened to Monday?

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに…

そう遠くない未来。世界規模の人口爆発と干ばつによる食糧不足に対処すべく、収穫量の多い遺伝子組み換え作物が開発されるが、その作物が人体に与える影響で多生児の出生率が急増する。さらなる危機に直面した欧州連邦は、一家族につき子供1人のみを認める「児童分配法」を施行、違法に生まれた二人目以降の子供は地球の資源が回復する時まで「クライオスリープ」と呼ばれる機械で冷凍保存する政策を強行した。 至るところに検問所が設けられ、人々の生活や行動が厳しく管理される中、とある病院で七つ子の姉妹が誕生する。母親は出産と同時に死亡し、姉妹は唯一の身寄りである祖父に引き取られた。祖父は7人を月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、日曜と名付け、「児童分配局」に見つからずに生き延びるための方法を教え込む。その方法とは、それぞれ週1日、自分の名前の曜日にだけ外出し、カレン・セットマンという共通の人格を演じることだった。

「セブン・シスターズ」に投稿された感想・評価

Toshiya

Toshiyaの感想・評価

3.0
もっとこうポップなやつかと思ってた
中々にバイオレンス
時間的制約の中でさすがに7人も掘り下げられないのはわかるんだけどもなんだか惜しい
その打開策としての口減らしが映画の都合感
Arcn

Arcnの感想・評価

4.0
(^◇^)
なかなか掘り出しもの。わりと、惜しみなく姉妹が減っていくのがツボ。
sakey

sakeyの感想・評価

4.0
新文芸坐 第7回 極端映画祭 4作目
人口爆発によって一人っ子政策が行われた近未来。
カレン・セットマンという1人の人物を7つ子が毎日日替わりで演じていたのだけれど…ノオミラパスさんの役の振り幅が凄過ぎてこれ本当に同じ人がやってるんだろうか?という感じ。(1人1人香水使い分けたり、聴く音楽を分けたりして役作りしたらしい…)

WednesdayとSaturdayが特に好きだったなぁ…あとエイドリアン←
Keiko

Keikoの感想・評価

3.3
終盤、長女の裏切りにより姉妹同士が殴り合うシーンどっちがどっちか分からなくなったりして7人の双子姉妹っていう設定をうまく利用してるなぁとおもった
ひとつのアイデンティティにするなど無理で、そこから生まれる人の弱さに触れていておもしろかった
最後の博士の言葉が印象的で人口問題についての投げかけがすごかった
設定の面白さが光るサスペンスアクション映画といった感じ。変に現実離れした感もなく、まるで本当に7つ子かのように七者七様の演技をする主演は流石。
テーマとしてはいつ地球に降りかかってもおかしくない問題を取り上げていてうまいなーといった感じ。
あかね

あかねの感想・評価

3.6
機内にて。めっちゃ面白いと思ったら、ヘンゼルアンドグレーテルの監督さん。グロさは控えめ。世界はYA小説ぽい感じで、人口が二倍に増加したため絶対的な一人っ子政策を強いた。そんな中秘密裏に産まれたノオミラパス演じる個性的な7つ子はそれぞれ曜日の名前を持ち、その曜日ごとに同一人物として外で活動する。設定だけでも相当面白いんだけど、7つ子がしっかり個性的で男勝りなのから遊び人まで色んなノオミラパスが観れて楽しいし見応えある。アクションも見応えあってノオミラパスが熱湯やら本棚やらを駆使して戦う姿は最高です。
内容は面白かった。背景設定の時間は未来の話なんだけど、世界の人口が多すぎてしまって、人口過剰の問題を解決するために、政府が強制的に一人っ子の政策を行われることになっていた。もしこの家庭が二人以上の子供がいたら、一人だけ残って、他の子供は冷凍させるという方法を考えてた。

主人公は一卵性の七人姉妹で、お爺さん一人で七人姉妹を育て、一人づつの名前は月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日と日曜日をつけた。月曜日ちゃんは月曜日だけ出かけられることになった。

七人姉妹のことをバレないようにずっと装っていた。



人それぞれの性格があるのに、出かける時はマスクのような他の人の性格を装って。辛いですなぁっておもった。

結構面白くて、戦うシーンもすごく良かった!!
深い内容を考えさせる映画でした!おすすめ
ayrn

ayrnの感想・評価

3.5
ひとりっ子政策が徹底された世界で生き延びる7人姉妹が、1日1人ずつ社会に出て行って1人の人間として暮らす…という説明にワクワクして観始めた。
目算が甘くて、目をつぶってしまうようなシーンもちらほら…
でも普段見ないタイプの映画だけあって、最後まで予想できなくてドキドキした。

話とは全く関係ないけど、最後のほうの姉妹の服と髪型がPerfumeのあ〜ちゃんみがあって、複数人のあ〜ちゃんがこんな動きを…!?と気がそれてしまった。
いろ

いろの感想・評価

3.7
非常に面白かった!
ストーリーも演技も、これだけ満足度が高い映画を観たのは久しぶり。

7人で1人を生きていても、やっぱりパーソナリティはそれぞれで秘密も抱えるリアリティがいい。
何より7人それぞれをしっかり演じ分け切っている主役の彼女が素晴らしかった。
ひとりひとり違う髪型やファッションが、どれもぴたりと似合っているのがまたすごい。

1人を交代で演じてたら情報共有漏れとか個人のクセとかもっとアラはあるはずだろうけど、それは流しておいても有り余る面白さ。
もう一度観たいな。
chika

chikaの感想・評価

3.5
テーマは面白いかった!

でも結局この世界にとっては何も解決してないし、「カレン」の名前はマンデーのものになるのかと思ってたから、結末にもやもやしました。
>|