ぴろぴろ

友罪のぴろぴろのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.4
瑛太にザワつくほど持って行かれた。 怪演という印象。 度々ゾッとする。
そうじゃなくても人の目は気になるもの。 背負った十字架の重さに耐えながら、人の目を気にしながら、人と距離を置きながら、そうやって生きていく。 社会の片隅で、人混みに紛れて。 被害者の喪失感、苦しみは当時者にしか分からないし、加害者の事は罪にもよるけど もっと分からないと思う。
罪負い人の生き方。
聞かれてもいないのに敢えて自ら、必ず過去を正直に話す必要はないし、知られなければ友達が出来たり、あわよくば恋人も出来るかもしれない。 でも過去の罪を知られてしまった時、周りの人間が これまでと同様に接してくれるのか。 生きていれば笑う事もあるだろう、歌う日もあるだろう。 でもその姿を見て、好意的に受け取るとは限らない。 むしろ逆の方が多いかもしれない。
【罪を犯した人間は、ささやかな幸せすら手に入れてはいけないのだろうか】
今作は加害者側からのアプローチで、真逆もあると思う。
重くて、見てて痛くて、そして瑛太。
夏帆と忍成修吾も良かった。 特に忍成修吾のクズぶりは相変わらず上手いです。