カカオ

娼年のカカオのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.6
松坂桃李の衝撃的な作品。

大学に行かないバーテンダー、怪しい世界に飛び込んで魅了させられる。





















様々な異常な要求に応える。




小指の場面は苦手だ。




松坂桃李ファンには本作品が、どのように映ったのだろうか。

肉体美にときめくか、
完全に引くのか。





「マチネの終わりに」で好印象だった桜井ユキの大胆な演出には驚いた。