new

未来のミライのnewのレビュー・感想・評価

未来のミライ(2018年製作の映画)
3.5
小さな庭に小さな木がある不思議な家に住む、くんちゃんの家に妹のミライちゃんがやってくる。お父さんとお母さんはミライちゃんのことばかりかまってしまい、くんちゃんは寂しい思いをしてばかり。
そんな中、未来からやってきたミライちゃんに出会う。

夏休み劇場鑑賞1本目。
細田守の最新作。
評判の割には中々楽しめたなあという印象。
これまでの細田守の作品とは違い結構攻めた作品だったと思う。
細田守らしからぬ回りくどい描写と分かりにくい状況表現に戸惑う人も多かったのかなあと思う。
個人的にはこういった描写や派手な展開の無い物語も嫌いではないので楽しめた。
一方で物語の根幹となるテーマは細田守らしい真っ直ぐな「家族」というテーマであり、とても分かりやすい。
家族の歴史をたどりくんちゃんが、息子として兄として成長していく姿が心をうった。
未来のくんちゃんのセリフがちゃんとお兄ちゃんしててほっこりした。
なんやかんやで好きくないじゃない作品だった。