Inagaquilala

人魚の眠る家のInagaquilalaのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.8
続々と映像化される東野圭吾の小説。残念ながら、この原作は読んではいないが、映像の魔術師・堤幸彦が、斬新な構成で作品にしている。「人魚」とは、プールで溺れ、意識不明の状態に陥った少女・瑞穂のこと。その父は、自らが開発した装置を使って、娘に意志を取り戻させようとする。このあたりは理科系出身の東野圭吾らしい原作の設定だ。贖罪意識に苛まれる妻と、自らの娘を「実験台」にしようとする夫。ふたりの間の相克がドラマの中心とはなるが、そこにミステリー的要素も絡む。

妻役を演じる篠原涼子がなかなか素晴らしい演技を披露している。複雑な役どころではあるが、感情の起伏の激しい役に、正面から挑戦している。原作を読んでいないため、最後の落としどころがどうなるか、気にはなっていたが、この非現実的設定を、映像的にも無難にフィナーレに導いていた。予想を裏切る佳品だった。