saramaro

永遠に僕のもののsaramaroのレビュー・感想・評価

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)
3.7
「エンジェル」クルクルの巻き毛の美しい顔を持つ少年。しかし彼の行動は冷酷で残酷な、黒いエンジェルと呼ぶにふさわしいものでした。もしあの親子と会わなかったら盗みだけを繰り返していたかもとは思うのだけど、持って生まれた資質なのかも。両親も知っていましたよね?息子が犯罪を犯している事。それでも突き出す事ができない事がより被害者を増やす結果になったと思う。
カルリートス(カルロス)役のロレンソ・フェロ君、初めて見た時はティモシー・シャラメ君を見た時の様な彫刻の美少年を感じました。