こやち

グリーンブックのこやちのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
4.4
天才ピアニストのドク。運転手兼用心棒にイタリア系白人のトニーを雇って、黒人差別が強く残る南部に演奏旅行を敢行する。


フライドチキンは黒人のソウルフードと言われている。ソウルフードと言っても白人の食べない部位をなんとか食べられる様にしたのがフライドチキンだったという事。なのにドクはKFCの食べ方が分からない。そして歓迎パーティーの料理がフライドチキンだなんて苦笑い。
白人からは差別を受け黒人からも孤立。僕はどこに立っているんだろう。毎晩ウィスキーを一本空けてしまう。孤独に泣くドク。教養もなくガサツで差別意識を持ちズケズケと思ったことは口にするトニー。それでもドクの孤独や哀しみにいつしか寄り添っていく。
人種問題とアカデミー賞の賞レースが絡んでなんやかやあったけれど、異なる二人の人間が分かり合って友情が築かれていくストーリーだけでもいい。

ウィゴのヤサグレ強面が効いてますね。あのアラゴルンがでっぷり太ったランニングシャツ姿なのは泣けますが。