アップル

大菩薩峠 第二部のアップルのレビュー・感想・評価

大菩薩峠 第二部(1958年製作の映画)
3.7
大菩薩峠シリーズの第2作目です。前作で失明をした片岡千恵蔵演じる主人公、机龍之助は自分で切り殺した妻の面影を持つお豊という女のところに身を寄せます。机龍之助はニヒルな雰囲気があるせいか女性にとてもモテます。いつも龍之助がピンチの時は女性が匿ってくれたり身の回りの世話をしてくれます。そんな龍之助ですがやはり人を斬ることを止められず、修羅の道を更に突き進んでしまいます。人助けまでも悪い方に転がり物語中で一番の悪人の神尾の手先にまで堕ちるのは納得がいきませんでした。中村錦之助は人助けも爽やかで対比が効いてます。