エリオット

運び屋のエリオットのレビュー・感想・評価

運び屋(2018年製作の映画)
4.4
「ハドソン川の奇跡」「15時17分、パリ行き」と短めの作品をサクサクと撮り監督として老いてますます盛んな印象を受けていたイーストウッドが今回はまさに本当にお盛んな元気老人を演じていてとても微笑ましかった…もちろん聡明な彼のことだからセルフパロディとして敢えてやってるんだろうけど

本作は2時間弱あるがきびきびとした編集がとても心地よく映画的なサスペンスもきちんと盛り込まれていてまったく飽きさせない

「グラン・トリノ」は生涯ベスト級に好きな作品で本作も同じようなテーマ(老いと贖罪とか)を扱っているのだが、こちらには「グラン〜」のような悲壮感はなく飄々とした軽さに全編が貫かれていて、ある程度以上に歳をとるとこういう境地に達するのかと感心してしまった