運び屋の作品情報・感想・評価・動画配信

運び屋2018年製作の映画)

The Mule

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「運び屋」に投稿された感想・評価

ヨヨ

ヨヨの感想・評価

4.0
グラントリノの爺さんより前向きで柔軟で愛想のいい、しかし退役軍人という設定ひとつに託したマッチョな輝きとレトロな悲しさは共通する今作の爺さん、かなり好き
ストーリーについて振り返るのであれば、舞い込んだ金で人生を埋め合わせることが意外とちょっとできてしまった、この仕事に手を付けなければ埋め合わせは全く不可能だった、という点から出発するべきように思う
【219-111】
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
ドキドキさせてくれる
じいさんと刑事の感じも


これって実話なの?
Yoshiem

Yoshiemの感想・評価

3.5
記録
90歳の運び屋、運転。危険すぎるがこれがアメリカ、クリント・イーストウッド。
mo

moの感想・評価

4.9
何気なく観ましたが凄く良かった。

急に頑張ってる濡れ場があるので
びっくりしました。笑

でも話は本当によかった。
サイチ

サイチの感想・評価

3.0
クリント・イーストウッド
ブラッドリー・クーパー
ローレンス・フィッシュバーン
俳優陣豪華だな🤔✨と言うのが観る前の感想。

ネット社会についていけなくなり失業者してしまう90歳を迎える園芸家。
仕事がなくなり麻薬の運び屋に。

年齢、退役軍人、逮捕歴なし、交通違反なし。運び屋とは思えない経歴。コレは犯人特定され難い。

運び屋として回数を重ね大金を得て生活が派手になっていく様、有頂天の時とドン底の時の演技は凄かった。
絶望感を感じた。

実話を元にされていると言うのがより凄い。
NARU

NARUの感想・評価

3.9
裏社会とは無縁のじいさんがお金のために大量の麻薬を運ぶ話。

フィクションにおける「運び屋」は珍しい職業ではないが、本作の主人公は珍しかった。
90歳の「はじめてのおつかい」みたいなもので、「このじいさん、大丈夫か…?」と心配になるキャラクターだ。

携帯電話の使い方も知らないし、怪しい依頼人の話を忠実に守ったかと思えば、時には守らなかったりする。
しかしそれが作品世界でのじいさんの好感度に直結し、我々観客もいつのまにかじいさんを好きなっている。

若者と老人、家庭と仕事などが明確に対比されており、イーストウッド自身の内面も見える味わい深い作品。
歳を重ねてから観るともっと味が分かる気がする。
大好きなイーストウッド作品。監督で主演。とても期待していただけに、ちょっと残念だった。
イーストウッド演じる怖いもの知らずのじいさんは、家族とどこかうまくいかない。
そらそやろと思う。お金が必要で気軽に運び屋して、車買い替えたり、寄付したり。事実をもとにした話なのか、いまいち話のテンポもよくないし、素直に感動できなかった。がっかりでした。
カッコいいおじいさんでした。
イーストウッド監督らしさが今回もありました。

アールはきっと殺されると思いつつも奥さんに会いに行ったんだろうな。
ヤクザな世界に入って家族や人間関係の大切さを知ったのでしょうね。

最後は潔さですかね。
しぶい。かっこよすぎて。
まる

まるの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

渋〜〜〜!
ロバートデニーロとかもそうやけど、名優の哀愁がすごい!!引き込まれる。

ドライブのシーン、アメリカの広大で長閑な風景や陽気なカントリーソング(?)とやってる事のヤバさが対比効いてた。
アールさん、ドライブは大好きやったんやろやあ。

運び屋始めた最初の方は、稼いだ収入を自分や人の為に使ってたけど、もう最後の方は目的変わってたように思った。
「時間だけが買えない」って、本当にそうだなあと思った。説得力が違う。
マフィアのボスが変わってから特に時間がタイトで、次の時代を象徴してた。
前のボスは遊びやゆとりの大事さをちゃんと分かってたし、だからこそ組織を大きくできたんだと思う。実際、新しいボスなってからすぐ摘発されてたし。タイミングもあるやろうけど。
アールさんの勝手さによって、帰って警察撒けたこともあり、そこが面白かった。
やっぱり、スピードだけを求めたら、人間にとって大事なのんびりとした時間をなくすことになるんだよなあ。めっちゃ風刺効いてる。

アールさん、本格的に運び屋になってから次の世代との接点が増えてて、そういう場面も良かった。古い差別用語使って周り凍らせることもあったけど、持ち前の愛嬌で持ち直してたのも良かった。
マフィアの人も、なんだかんだアールさんの人柄に絆されてたし。
古き良き、とまでは言えないけど、昔ながらの知恵を持ってる人の存在って結構大事だな。今の私は電波繋がらんくなったら大ごとやもん。道でパンクした家族のように。

運び屋始めてやっと家族の大切さとかを知ったの、すごい皮肉やけどめちゃくちゃ人生って感じだった。
なんで外での功績が一番大事だと思うようになったのか、知りたくなった。

奥さんの亡くなる前の呼吸とか、すごく本物っぽかった。
亡くなる時まで人を責めない、穏やかで立派な人だなあと思った。
奥さんが亡くなったことで、アールさんは自分の運命を受け入れる覚悟が決まったように思えた。落とし前は自分でつける、みたいな。

Rainy dayを困った時と訳すの、よかった。

元軍人ということもあって、さすがの胆力だった。咄嗟の機転で警察掻い潜るのもさすがだった。警察も、まさかこんなお爺ちゃんが運び屋だなんて思わないもんなあ。

ブラッドリークーパーいい男すぎ!!!!
そのボスもめちゃくちゃいい上司だった!どっかで見たことあると思ったら、ハンニバルか……笑
>|

あなたにおすすめの記事