てるたん

天気の子のてるたんのレビュー・感想・評価

天気の子(2019年製作の映画)
4.0
自分の居場所。存在する意味。
都合の良い生き方を選択してしまう現代社会。
生きている限り他人と関わる事は必然で、ドライな接し方をする都会の人達、恥ずかしがりながら、自問自答しながら、必死に向き合う主人公。
晴れ女の彼女は人の喜びに自分の存在する意味を見出したりで、他人の幸せを強く想う事が少なくなった人達と対照的でした。
ずぶ濡れになった東京は、そんな人達の自分勝手な欲で沈みそうになっていたけど、まだまだ変わっていける希望も見えた映画でした。
登場人物の言葉、ひとつひとつが胸に響きました。