蛇らい

逃げた女の蛇らいのレビュー・感想・評価

逃げた女(2019年製作の映画)
3.3
余白を観客が埋めて、始めて見えてくる主題の鮮明さに頷かされた。

監視カメラ、インターホン、映画と、少し離れた場所から自分を俯瞰で見てみるという試みは、勇気を要する行為だ。人の意見を聞いてみるということもまた然り。

迷えているという安心感がもたらす保守的な生活を写すことで、終わらなければと願い、変わらなければと踏み出そうとする揺らぎを捉えている。