もち

砕け散るところを見せてあげるのもちのレビュー・感想・評価

4.0
なんでか分からんけどめちゃくちゃ涙、出た。言葉にすると陳腐なものしか出てこないからなにも言えない。それぐらい二人の間にあるもの、二人の周りにいる人たちとの間にある熱くて決して断ち切れない目には見えないものが頭の中で言語化する前に心に染み渡るようで、私は好きな映画です。
内容はとんでもクソ重サスペンスホラーやけどエキセントリックな会話劇のおかげで重くなりすぎず、むしろ軽快にも思えるのがなんともちぐはぐで、その違和感も楽しい。
登場人物のキャラクター(推しは尾崎姉妹)もいいし、一番は会話シーンが個人的に好き。あんな会話(虚構と現実のぎりぎりのラインを攻めたような)、作ろうと思って作れんし、俳優さんの演技で限りなく自然に思えるのがまたマジックですわ。ケツの割れ目に対してクロスになってるんでね、私は大丈夫です。