daiyuuki

キスから始まるものがたり2のdaiyuukiのレビュー・感想・評価

4.3
恋人のノア(ジェイコブ・エロルディ)がハーバード大学に進学したため、エル(ジョーイ・キング)は遠距離恋愛をすることになったが、彼女の周囲の人間は「どうせ長続きしない」などと陰で噂していた。エルはそうした風聞を苦々しく思っていた。そんなある日、エルがノアのInstagramを覗くと、ノアが女友達の一人クロエ(メイジー・リチャード=セラーズ)と親しげにしている写真が目に留まった。それ以来、エルは不安を抱くようになったが、懸念材料はもう一つ存在した。エルはリー(ジョエル・コートニー)と一緒にバークレー校に進学する計画を立てていたが、ノアの方はエルが自分と同じハーバード大学に進学するものと思っていたのである。エルは自分の希望をノアに伝えることができずにいた。
エルとリーは来るチャリティ・イベントで再びキスブースを設置する計画を立てていた。リーは「転校生のマルコ(テイラー・ペレス)は女子たちに人気だ。彼が参加すればキスブースにも大勢の人が集まるはずだ」と考え、エルにマルコの説得を依頼した。エルはマルコにダンス勝負を挑んで勝利し、キスブースへの参加を取り付けることができた。
エルはノアに会うためにボストンへ行き、クロエをはじめとする新しい友人たちを紹介された。ノアとクロエの仲の良さを見たエルは一層不安になった、そんな折、エルはノアのベッドの下に見慣れないイヤリングが転がっているのを発見した。ノアの浮気を確信したエルが彼を問い詰めたところ、ノアは「クロエはただの友達だよ。俺を信用して欲しい」と言った。帰宅後、エルは父親が学費の工面に苦労していることを知り、リーと一緒にダンス大会に出場することを決めた。ダンス大会の優勝賞金を学費の足しにしようとしたのであった。ところが、リーが練習中に怪我をしてしまったため、エルは渋々マルコと一緒に出場することになった。一緒に過ごす時間が長くなったこともあって、エルとマルコの距離はどんどん縮まっていった。
エルには知る由もなかったが、リーは恋人のレイチェルと上手く行っていなかった。レイチェルはリーと2人きりになりたがっていたが、そういうときに限って、エルがいつも姿を見せることに苛立っていたのである。レイチェルの怒りはリーがデートの時間に遅刻したことで爆発し、リーは二度とエルと会話しないと約束させられた。しかし、その後もリーはエルと親しく接していた。ハロウィンの日、リーは自分の仮装を変更したことをレイチェルに伝えるのを忘れてしまった。最悪なことに、リーの仮装はエルの仮装と同じものであったため、レイチェルは激怒した。リーがレイチェルを宥めるのに苦労する一方、エルはマルコとロマンチックな雰囲気になり、キスする一歩手前まで行った。しかし、同級生たちに見られていることを自覚したエルは何とか踏みとどまることができた、
そして、ダンス大会の日を迎えたエルだったが、そこで予期せぬトラブルが発生するのだった。
ジョーイ・キング主演の「キスから始まるものがたり」第2作。
前作でめでたくノアと付き合うことになったが、ノアと遠距離恋愛になり、大学でノアと親しくしているクロエとの仲を疑ったり、親友リーとの友情がリーの彼女レイチェルの嫉妬で拗らせたり、高校卒業を控えたエルの高校最後のドタバタを軸に、エルとノアとマルコの三角関係、ノアがいるハーバード大学かリーと行こうと約束したバークレー校かどちらを選ぶかの進学問題にぶつかるエルの揺れ動く女心、友情と恋どちらを選ぶか再び迷う葛藤が、前作以上に色濃く描かれていて、よりエモーショナルな青春ラブコメディに仕上がっている第2作。