kazata

声もなくのkazataのレビュー・感想・評価

声もなく(2020年製作の映画)
3.0
先頃発表された百想芸術大賞(毎年の韓国映画&ドラマの優秀賞を決める賞)で男性最優秀演技賞&監督賞を受賞した本作をウォッチ!

(予告編↓)
https://youtu.be/rjPqL51jgEE

ヤクザの下請け的な稼業(死体処理)を営む主人公青年が、ひょんなことから間違って誘拐された少女の世話をする羽目になったら……な物語。

愛を知らずに育った主人公が「誘拐少女と一緒に暮らす中で人間性を学んで愛の意味を知ることができるようになる」ってことを描こうとしていることは伝わってきたけど、なんだろ…絶妙に全てがズレちゃってる印象。
(キャラ設定もストーリーも演出も犯罪もオチも…「悪く無いけどなんか違うんだよな」って感じ)
("生"と"死"を扱うテーマのはずだけど、どっちの描写も圧倒的に足りない=弱いんじゃないかな…)
(誘拐少女側の家庭の事情もちゃんと絵で見せる必要があったと思うし…)

ってか、主人公が"声を出せない"というキャラ設定……果たして必要だった?
(どうせなら、誰かに助けを求めようとするんだけど声が出せないせいで守ろうとした少女の命が危機的な状況になっちゃう…とかあってもいいのに)

あと、映画の締め方も含めて色々と『バーニング』に引っ張られ過ぎな気も若干……
(ユ・アインの演技も『バーニング』と比べちゃうと別に…って感じじゃない!?)
(ユ・ジェミョンさんのキャラもフワッとしていてもったいないし…)

(最近は韓国も女性監督が増えてきた印象だけども…本作は良くも悪くも女子感皆無な作風でした)