ブルースカイさんの映画レビュー・感想・評価

ブルースカイ

ブルースカイ

映画(630)
ドラマ(38)

犬の生活(2014年製作の映画)

3.0

どう受け取ったらよいのだろう?

ペットの犬は、飼い主にかまって欲しい のだが飼い主にそこまでの余裕はなく飼い殺し感。
一方、飼い主さんには仕事のストレスから余裕がなさげ。

おちに不快感を覚えた
>>続きを読む

黄金の鳥/イエローバード(2016年製作の映画)

2.0

意味不明な結末。

Netflix開いたら始まったのでそのまま観ることに。

刑務所から出たシバは妻や娘と会いたいのに願いが叶わない。
終始考えたのは、何の罪で刑を受ける事になったのだろうか?というこ
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

悲しい話だと思った。

半分以上は、子どもを特別養子縁組でもらった栗原夫妻より養子に出したひかりの物語。

若すぎて赤ちゃんを育てる事ができない悲しみ。
ひかりは家族達との関係も悪くなった。

主役は
>>続きを読む

オクトパスの神秘: 海の賢者は語る(2020年製作の映画)

4.0

映像作家のクレイグフォスターが仕事のプレッシャーで落ち込んでいた時に出会った一匹のタコとの交流。

彼はタコの神秘的な生態を観察するうちにタコにこれまでないほど感情移入する。

タコvs.サメ対決。
>>続きを読む

わたしは金正男を殺してない(2020年製作の映画)

3.4

自分が暗殺者として使われるとは、思いもよらなかっただろう。
貧しさ故、首謀者の口車に乗せられた二人の若い女性。
二人の国籍により北朝鮮との国際関係が微妙に判決に影響しているところが勉強になった。

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

3.8

クルトがエリーの父親のしたことを知らずにいて良かった。
知っていたら人を憎みきっと、作品にも影響を与えたことだろう。

ナチスはユダヤ人だけでなく自国民もひどい目にあわせていたんですね。

フェイフェイと月の冒険(2020年製作の映画)

3.6

アメリカと中国共同製作のミュージカルCGアニメ。
ウサギのバンジーが可愛い。

月に憧れるフェイフェイがたどり着いた不思議な世界への冒険ファンタジー。

亡くなった愛するものに縛られずに新たな家族を愛
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

4.0

みんなの活力に圧倒される。

創設者ゴーディが、よく喋る。
そして、よく覚えている。(どっちの記憶が正しいか賭けて$100儲けた)

聴いたことない音楽ばかりだったが明るい曲ばかり。
世界を元気にする
>>続きを読む

祖父とのお別れ(2015年製作の映画)

3.0

前の住人が遺灰撒きたいって来たら、どうぞとは言えないよ。

お婆ちゃんに付き合ってドライブする孫達。
思い出話の中にヒントがあった。

車内でロックをかけたのは、じいじを弔う肩の荷が下ろせたからかな?

ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」(2020年製作の映画)

4.0

歌や衣装、演出など幻想的でいい。

この世とあの世の人間が入り乱れ。
日本の歴史から少し外れた伝説みたいなストーリー。

生田斗真さんの舞台は初めて観たけれど目を奪われた。
物語の最初から凄い勢いで笑
>>続きを読む

ホワット・ライズ・ビニース(2000年製作の映画)

3.5

ハリソンフォードいい夫かと思ったら・・・
奥さんのクレア、危機一髪場面が多い。
精神的におかしくなっていると周りに思われてしまうと、信用を失ってしまうから日頃からの人間関係は大切だと思った。

結末は
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

彼ら名誉教授だったの?
教授達、ホントに闘っていました。
大学に恨みをもつ教授を相手に脱獄してテロを阻止。
一作目から繋がった一本の映画になっているから1,2,3と順番に観て欲しい作品です。

専門知
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.8

警察のスマートドラッグ(高品質麻薬)撲滅協力の為に七人→十人の頭脳集団にパワーアップした研究員ギャング。

一作目のおさらいから次回作予告に繋がっていて三作目が観たくなる。

新メンバーの専門は、理論
>>続きを読む

レベッカ(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「いつだってやめられる」2作目を観るつもりが、本日の人気No.5という事でオススメされたので観ることに。10/21~配信開始された。

イギリスというイメージ通りでダウントンアビーの世界感。

ダンヴ
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.7

お金に困っている大学教師ピエトロが金儲けを考えた。
それを実行するために大学の元同僚を仲間に。
博士達が専門分野で笑いを誘う。

イタリア人が沢山出てきて名前が覚えられない💦(体つきは見分けがつくけれ
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

彼女の心を揺さぶる事件って何だったのだろう?
落書きが見つかって怒られた事かな
(机の上の「その変な水しまえ」と言われたことも含めて)

あっけないエンディングで何を伝えたいのか図りかねる。
ちひろは
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジェネリック薬で荒稼ぎの話しかと思ったら・・・。

患者に寄り添う善人になっていた。

薬の開発メーカーは稼ぎたい→貧しい病人は薬が高くて買えない。
チョン・ヨンがジェネリック薬を密輸→患者は助かる→
>>続きを読む

甘いお酒でうがい(2019年製作の映画)

3.5

若林(黒木華)のキャラクターが可愛かった。若くてキャピキャピした感じ。

ウトウトしそうになったら見たことある景色がスクリーンに映っていたので俄然と目が覚めた。
車の中から見た何かの撮影は、コレだった
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.2

お父さんが引っ掻き回している。
映画だから面白いけれど。
両親のアドバイスはあてになりませんでした。
ウトウトしたので、込み入ったレビューができません💦

博士と狂人(2018年製作の映画)

5.0

マイナー(ショーン・ペン)の狂人っぷりが凄かった。

最後は涙がボロボロ止まらず・・・
あの狂気の理由が最後の説明で明かされる。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.3

評価が高い訳が分かりました。

アンディーは無実ですが刑務所に入って他の受刑者と同じ扱いを受ける。

得意分野を刑務所の中で生かしたら所長の悪事を手伝う事になる。
あそこまで取り込まれたら所長が退職す
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

エディ・レッドメイン(ヘイデン役)で出ていました。

反戦デモから警察との小競り合いで法廷に立たされる7人の被告。

法廷侮辱罪を連発する判事。
ちゃんと仕切れるのか心配になるというか可笑しくさえある
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

デイヴィット・リッジスさん一層ふくよかになっていて見間違いかと調べたら本人でした。(ピラメキーノのダルさん)
彼を目撃出来たことが一番感動だったかも🤔

この映画で頭にひらめいたのは、トカゲの尻尾切
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

悲しくて泣きました💦

息子が犯罪の加害者でも、被害者でも家族には地獄が待っていた。
題名の「望み」は、母親の息子がただ生きていて欲しいということ。
そして、父親と妹の望みも交錯しているらしい。

>>続きを読む

両刃の先進医療(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

先進医療の怖い一面を観た。

私は歯のインプラントも信用していないけれど内視鏡手術はいい。(本編とは関係ない情報🙄)

新しい=良いではない。
医療機器、器具メーカーの情報操作により人の健康を害し、リ
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

万年筆とあんパン。
お父さんのだめなところ。

父親の気持ちは分らないが時代の流れと共に求められる人間性があると思った。
家長だから頑固おやじのままで許される時代は終わった。

男性と女性の給料を考え
>>続きを読む

ひとつの太陽(2019年製作の映画)

3.8

衝撃的な犯罪シーンで始まる。

お兄さんアーハオは、頭もよく医大目指して浪人中。
弟アーフーは、兄と大違いで我が道を突っ走る問題児。
アーフーにはツァイトウという悪い友達との縁が切れずにいる。

特に
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.5

いくらお祖父さんが建てたからといって持ち主に断りなくやりたい放題のジミー。
ジミーもっと他の事に情熱を注げばいいのになと思った。

環境次第で土地の価値は上がりも下がりもする。
想い出の家は400万ド
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.8

過酷の方が多い日常を生き抜いた少年。

原作ペインテッドバードの題名通り羽に何かを塗られた小鳥が空に放たれた後の出来事が物語に流れる空気感だったのだと気づく。

目玉が一番怖かった。

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

4.4

ホームズ家の家族紹介など物語に入り込みやすい。

お母さん探しながら子爵テュークスベリーを助けてしまうエノーラ。
さすがシャーロックの妹。

このお母さんにしてエノーラあり、危険に備えて武術覚えておい
>>続きを読む

61年目の約束(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

純愛(実話)
観終わる頃には泣けた😢
今はこういうすれ違いはないと、思いたい。
オトマン(船乗りの夫)をひたすら待つ妻トム。

息子オマーの持ち物の帽子を見て父に会う機会があった事はわかっていた。
>>続きを読む

凱里ブルース(2015年製作の映画)

-

どうしても途中から眠くなる。

二回目に挑戦するも挫折。
世界の街道から中国版バイク走行シーン(長い・・・)
たくさんの???が残った。

すれ違った列車に映った過去にさかのぼる時計はどういう意味だろ
>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

午後ロード録画。
二分先の未来が見える男クリス(ニコラス・ケイジ)が危機に立ち向かう。

最初から正義感のある男という訳でなく・・・ずっと先の未来の夢をみて捜査に協力する。

なんだ夢だったのか。
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

超常現象でバイナリ(座標)が砂で表された。
クーパーが座標をたどるとそこはNASAの施設で人類が移住可能な星を探すラザロ計画に参加させられる。
人類の為とはいえ残酷な任務。

マーフィー(マーフ)は父
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.2

葵と漣の波乱に満ちた人生。
でも、まだ31歳。

31年の間それぞれの立場で悲しみ喜び苦しみ頑張り、ほぼ丸く治まっているのが凄い。
東日本大震災の話があったので、物語が実話っぽく感じられた。
子ども食
>>続きを読む

島のシーグラス(2018年製作の映画)

3.6

浅田家のお父さんとは180°違う平田満さん。
人から必要とされ生きたいと思えるようになった男を演ずる。

女の子、太鼓叩いてみて絵を描くことの方が好きだと気づいたのかな。

現実的には、知らないおじさ
>>続きを読む

>|