ブルースカイさんの映画レビュー・感想・評価

ブルースカイ

ブルースカイ

王女メディア(1969年製作の映画)

3.4

聞き間違いじゃなかった日本語の唄
日本の民族音楽が映画で使われているそうだ。

人を生贄にしたのは何の為かよく分からない。そう言うシーンが出てくるとは知らなかった。

マリアカラスって綺麗な人
せっか
>>続きを読む

テオレマ 4Kスキャン版(1968年製作の映画)

3.0

意味不明なストーリー

あらすじを読むとその通りの出来事だった。
自分の中では『幸福なラザロ』的な感じに受け取った。
人間技でできない事もするから。

朝から京浜東北線が止まっていて途中からになるかと
>>続きを読む

シスター 夏のわかれ道(2021年製作の映画)

5.0

弟のズーハンには泣かされた

姉のアン・ランの苦しい立場
応援したくなる

男の跡継を望む社会は変わった方がいい。

テイク・ユア・ピル:トランキライザーに潜む闇(2022年製作の映画)

3.5

不安を和らげ直ぐ解決できる薬ベンゾ系のザナックスによる害を知った。

夜眠れないのは辛い、ストレスにさらされ精神的に不安定になって病院にかかると医師は薬を処方する。
薬では解決できないのに。

解決方
>>続きを読む

モンパルナスの灯(1958年製作の映画)

3.8

ジェラール・フィリップの本日2本目はモノクロ。
普段は買わないコーヒーを飲んでカツを入れる。

画家モディリアーニの生涯を切り取った感じ

画家の生活は大変で
苦しまねば作品は生まれないものなのか
>>続きを読む

夜の騎士道(1955年製作の映画)

3.3

蓄音機の音が大きすぎて耳障り
隊列のトランペットは大丈夫だったのに…

日本vsクロアチア戦で夜更かししたのでうとうと。
初ジェラール・フィリップはただカッコいいだけの人。軍服が素敵
カラーなので赤色
>>続きを読む

マッドゴッド(2021年製作の映画)

3.4

ホラーアニメーションとのこと
本当に異形のクリーチャーがこれでもかと登場して理解が追いつきません。昔の地獄が少しハイテクになった感じ?

車を使って移動するシーンとか見ると現代の車は細かい所が小難しく
>>続きを読む

チャタレイ夫人の恋人(2022年製作の映画)

3.5

「チャタレイ夫人の恋人」の同名作品が沢山ある。

初チャタレイ夫人の作品なので他との比較はできませんが美しいラブストーリーに見えた。
(メインの二人は不倫同士にはなっていますが…)

素裸のチャタレイ
>>続きを読む

たまご少年の恋(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

観終えて気づいた…コレは恋の話しだと。

あんなにタマゴの頭に気をつけていたのに大胆な行動をするオッド。
恋は盲目と言うからか。

恐ろしい光景を見ずに済んで良かったと胸を撫で下ろした。

コーダ(2019年製作の映画)

3.7

アレックスの家族が属するろう者と聴こえる健常者、二つの世界に属するアレックスがついた嘘。

自分の日常をダンスで表現できたからろう者の男友達はアレックスへの誤解を解いたという解釈でいいのかな。

トロール(2022年製作の映画)

3.2

トロールといえばノルウェー

「ボーダー二つの世界」(2018)とは大分サイズが違って怪獣の様な扱い。(キングコングみたい)

主人公の女性の生い立ちに同日観た「ストレンジワールドもう一つの世界」の父
>>続きを読む

ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界(2022年製作の映画)

3.5

アヴァロニアの真実を知った後ではファンタジーの世界から現実的な事を考えてしまった。
多分主人公たちのサイズはアリンコ並みかと。

あのこと(2021年製作の映画)

3.6

望まぬ妊娠に悩むアンヌの姿が続く。

医者は中絶手術が違法であるからアンヌの要望を受け付けてくれない。

思わず顔をしかめてしまう痛そうな場面あり。

女性は背負うものが大きい事を実感する。

クレイグスリスト・キラー(2011年製作の映画)

3.0

優秀な医学生が何故人生の道を踏み外したのかが謎。

実話

こうして犯罪に繋がる恐れのあるツールは悪用されない様に世の中から廃止される。

ル・パシヤント -ある患者の記憶-(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

両親は誰に殺され、妹のローラは何処に連れ去られたのか
事件の真相が明らかになった。

車の中で聴いたポップス曲が自宅TVでミュージック・ビデオで放送されていた。
ローラの人間像はココからきたようだ。

母性(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

火事の場面で子どもより母を助けようとするお母さん大好き人間の子どもが可哀想な感じ。
ルミ子は親離れし損ねた風に受け取った。

母親は娘に頼りがちだとは思うけど家族ができたら自分が属する身近な家族を大切
>>続きを読む

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.6

ヨ・ジング出演作が観たくて。

ドラマ「怪物」より若い頃の作品
悪人に誘拐されて育った少年ファイをヨ・ジングが。
大人たちを手玉に取た人生を壊された少年は怪物級
偶然が過ぎる因縁だ

ビー・ジーズ 栄光の軌跡(2020年製作の映画)

5.0

ビー・ジーズ、私と同年代なら知らない人はいないはず。
兄弟だったとは知らなかったが
(兄と双子の弟という構成)
どんなミュージシャンも浮き沈みがあり、ディスコのレコードを壊すイベントを主導した人たちに
>>続きを読む

グリーン・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

緑の騎士の姿からしてファンタジー
首を落としても血は吹き出さず、巨人も登場。
苦難続きの旅の中でキツネだけが私の癒やしだった。

エンドロール後の映像が謎。

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.8

偏屈な小説家メルヴィン(ジャック・ニコルソン)がウェイトレスのキャロルへの気持ちに気づき変わっていく姿がいい。

メルヴィンのお隣さんサイモンの飼い犬ヴェデルが可愛い。
メルヴィンが嫌いだった犬と仲良
>>続きを読む

ナイトライド 時間は嗤う(2021年製作の映画)

3.4

車の運転をしながら仲間たちに指示するバッジの場面、少しウトウトした。
職質は撮影中実際にされたそうです。
日本のお巡りさん位ソフトな感じが意外でした。
その話を知っていたので、ウトウトしたものの見逃さ
>>続きを読む

ある男(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全て解明出来た所で謎を残して終わり
モヤモヤが残った。

アレはどういう事?
名前を変えたら弁護士できなくなるよね。
在日3世という血筋が関係しているのか?私の勘違い?

宮松と山下(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

エキストラの仕事が観れる。
映画やドラマの舞台裏、関係者でないと知らない部分も少し。
上映前の予告編『狼ラストスタント』を見たのでエキストラとごっちゃになった。

宮松=山下
ウトウトしたので間違って
>>続きを読む

ファイブ・デビルズ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タイムリープ先のヴィッキーの姿を謎の叔母(という事になっているお父さんの妹であり、お母さんの…)
には見えるというのが事件の発端な感じ。

ヴィッキーはお兄さんとの子どもだから受け入れられない嫌な人、
>>続きを読む

奇蹟の人/ホセ・アリゴー(2022年製作の映画)

3.4

事実にと基づくと言われても信じ難い出来事の数々。
心霊手術がどの様なものか興味のある人には必見。

奥さんも大変だったのではないか
夫がお金を稼いでいたわけではないのだから。

サタンタンゴ(1994年製作の映画)

3.0

分割で観た。
インターミッションが2回入っていたけれど劇場で観た人、偉い。

これいる?とか、行ったり来たりの映像が長い。(個人の感想)
モノクロなので先日観た「ノベンバー」感有り、霧が漂っただけで故
>>続きを読む

サイレント・ナイト(2021年製作の映画)

3.4

謎の猛毒ガスがロシアからやって来るって言っていたのは空耳か?
この映画最近作った映画ではない事に、まず驚きました。
ホラーというよりコメディとしては楽しめた。

良かった所
ベラに目が釘付けになった
>>続きを読む

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

だんだん不穏な空気になってきて…
シェフの指示する時の叩く手の音に脅かされた。
食事を楽しむ映画ではない。
シェフの下で働く料理人の気持ちが理解できない。
最後の一品スモアに驚かされた。

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

あらすじの「ザリガニの鳴くところ」に込められた意味…?分からなかった。

これは犯人探しの物語ではないのではないか。と思ったが…
最後まで観終えて真相が分かった。

カイアは良い人との出会いによって生
>>続きを読む

ノベンバー(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

使い魔クラットのいきなりの登場が怖かった。(そのシステムについて何も知らなかったから)
死者をお迎えして家に帰る
日本のお盆みたい
でも、自分が生前残した財産がどうなっているかいちいち確認してくるとこ
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.5

『ビバリウム』っぽい感じだったけど理解が追いつかなかった。

赤い服の人目立っていいのか?

人を洗脳して良い暮らしをさせる街を作る事にどんな意味があるのかわからなかった。

終わり方も謎が残る
アリ
>>続きを読む

風が吹くまま(1999年製作の映画)

3.7

お馴染みキアロスタミ監督映画らしい、
乾いた土地のくねくね道

テレビの取材目的で村に来たへーザード
取材目的は大きな声で言えない内容。
学校の先生には何故か漏れていたけど。

独自の風習がある葬儀を
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

魔性の女、梨花は人を見る目が有ったなと後で思う。
優子を育てる為に父親として相応しいそうな男を連れてくるから。

小さな頃、優子は「みぃたん」と呼ばれていたので最初は二つの家族の物語と勘違いした。
>>続きを読む

未来惑星ザルドス(1974年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

予告を観て興味を持ったけどうつらうつらしたので話はよく分からなくなった。古い映画で描かれた未来の映画。
努力が見られるけど鏡の部屋みたいだったり映された映像がチラチラして酔いそうだった。
水晶を頭に埋
>>続きを読む

ウェンデルとワイルド(2022年製作の映画)

3.5

悪魔の育毛剤には死者を生き返らせる効果があった
遊園地の様な地獄
ストップモーションアニメのキャラクターたちは何処か可愛い。

日本と違って土葬の墓は死者を生き返らせるお話が作れる。

エンドロールの
>>続きを読む

スーツの中は?(2012年製作の映画)

3.0

着ぐるみの中の人、優しい人なのだろうなと思った。

終始不満気に見えるお母さん…
プッツンした変人に見える。

>|