アルパカメタルさんの映画レビュー・感想・評価

アルパカメタル

アルパカメタル

映画の趣味は節操なしのアルパカさん。
邦画が好きです。ノンジャンルで何でも見るけどファンタジーはあまり好んで見ない。アクションもサメが出てこないと興味を失います。

映画(1142)
ドラマ(1)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.9

くっそ長く感じた、、、

これさ、主人公2人がイケメンじゃなかったら物語として成立しないんじゃね?ってくらい主演の2人の顔が整いすぎてる問題勃発ですよ。2人の距離が縮まると同時にわたしの心が離れていく
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.2

あのクライマックスはずるいわ、、、
否が応でも泣くね、、、
感動、と言われるとまた違うんだよ。

ポスターに映ってる若い女の子がキム・テリだと本編見るまで気づかなかった!カン・ドンウォン!!

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.6

オープニングが素敵だったなー。
現代の新宿を歩くめぐみとおばけ。あんなんずるいわ。

まー、なんだかんだツッコミたいところはあれど熱量で押し切ってる青春映画って感じで普通に面白く見ましたよ。
わたしは
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

3.4

ベッタベタのベタ!
でも嫌いじゃない!!!

新感染のマドンソクが大好きで見にきたけど全然おっけー!マドンソク超かわいい!!!ビッグラブ!!!

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

3.8

この映画のいいところは、認知症になる前のお母さんの絵が撮れてる所だと思う。

なにかにカメラを向けるという行為には時に残酷さを孕む場合がある。それもちゃんと受け止めた上で、真摯に、そして暖かいカメラの
>>続きを読む

ヒズ・マスターズ・ヴォイス(2018年製作の映画)

4.0

ぶっちゃけ全然理解はできてないんだけど、終わったあとあれはそういうことか、、、と反芻しながら考える時間が超楽しい。この監督やっぱ好きだわ。全然意味は理解できてないけど。

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.8

いや面白かったよ!
しっかり落とし所を作らない感じも含めて!

なにより橋本淳さん、はまり役だわ。

われらの時代(2018年製作の映画)

3.0

妻の不貞で3時間。もう冷静な判断ができない。
妙に絵が決まってたり、カット尻が不安になる程長かったり。
カルロス・レイガダスの映画初めて見たんですけど、
勧めてくれたあの人はそりゃあ好きだろうな、って
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.3

結末が唐突すぎたような。
タイトルの意味を深く考えるよね。

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

東京国際映画祭。ワールドプレミア。
これがこの時代に生み出されたことに意味がある。


『回転てん子とどりーむ母ちゃん』監督:山中瑶子
一番やばいエキセントリックなやつを一番最初にぶっこんできた。
>>続きを読む

ブラ物語(2018年製作の映画)

3.5

こんな映画ありかよ!セリフがなくても笑える。映画は言葉の壁を越える、映画祭で観るのに適した作品だったなーとしみじみ。
出てくる女優さんみんな綺麗。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

ナカハラっちの「幸せになりたいっすね〜」で心臓をひとつきされた。ナカハラっち贔屓の脚本が良かった。若葉竜也くんほんとに素晴らしい役者さん。

ヒストリー・レッスン(2018年製作の映画)

3.3

老いと若さの対比よ。
はみ出し者の生徒と先生の心の交流、ってものを描くのに変わるのが生徒のほうではなく先生のほうっていうのは意外と今まで見たことなかったかもなあ。

LINE(2008年製作の映画)

3.1

他の人のレビュー、違う作品じゃない?
小谷監督の「LINE」はドキュメンタリーですよ??

まあ、この手のセルフドキュメンタリーは全てを理解しようと思って観ないようにはしてる。
父親を撮ること、そして
>>続きを読む

ひなぎく(1966年製作の映画)

2.5

食べ物を、
食べ物を粗末にするなーーーー!!!!!

僕のいない学校(2018年製作の映画)

3.5

自分も映像系の専門学校卒だから、見とかないといけない作品だと思ったので。
正直映画としてのクオリティがそこまで高いとは思わない。
ぶつ切りのように見える編集も効果的なのか?とか、環境音?と表現していい
>>続きを読む

あの日々の話(2018年製作の映画)

3.8

こういう密室会話劇で声を出して笑えるって最高ですよね。
いちいち外さない、センスある笑い。アッパレ。
(やっぱスポッテッドが目をつけた邦画ってそれだけで安心感がある、
という時代になってきてるのかも)

トーキョーカプセル(2018年製作の映画)

2.9

りりかさん、岩切一空の「花に嵐」ぶりに見た(可愛い)。りりかさんが可愛かったです。カプセルホテルってこんな感じなの?りりかさんが可愛かったです(3回目)

カレーライス Curry and Rice(2018年製作の映画)

3.5

まー、話はよーわからんけど
ずっと観てたいような空気感ではあるよな。
カメラワークとかセリフとか、30分という短い尺の中でも光るなにかを感じなくもない。

この監督の名前は頭の中にとどめておきます。

さいなら、BAD SAMURAI(2016年製作の映画)

4.2

どうするんだよ、どうしたらいいんだよ。こんなもの見せられて。

ウルフなシッシー、アスアブ鈴木ときて大野大輔の作品は3本目。どこか岩切一空から感じたような映画を作ることで自分の欲求を満たしてる感(岩切
>>続きを読む

ハックル(2002年製作の映画)

3.5

おじいちゃんのほのぼのしゃっくり映画かと思ったら違った。脈絡のないようでキマったカットの連続(撮るの大変だったろうな)、そしてしゃっくりや生活音に呼応するような編集。映像的にも目を奪われるし、話がわか>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0

20年前になんでこんなものが作れるのかな。すごすぎますよね。今の時代にピッタリじゃん。はぁー、感嘆のため息しかでないなぁ。

こんぷれっくす×コンプレックス(2015年製作の映画)

3.3

ワキ毛フェチの女子中学生が主人公、と聞いてなかなか観る勇気が出なかったんだけど結局観ちゃうよね。

観たらわかる、意外と、っていうかちゃんと青春映画な仕上がりになってるのが。
切り口が斬新過ぎて少しば
>>続きを読む

Last Wedding Dress(2014年製作の映画)

3.3

誰も不幸せにさせない、上田慎一郎。
普通にベタ。普通にいい話。

上田監督って映画界の魔法使い???

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.3

山崎努と樹木希林を中心に据えてもなお沖田修一は沖田修一というか。
基本的に静かな作品だけにタライが落ちてきたときはビクっとしました。
後半にかけて沖田イズム全開かな。笑

優しいっすよね、優しい。沖田
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.2

なんなんじゃこりゃ〜(せっせっせいや〜せっせっせいや〜)

意味不明すぎて途中から快感さえ覚えたわ。
ガーフィールドの走り方はたしかに気持ち悪い。
なんか謎解きな要素の部分はもう途中からドラクエやって
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.8

いや、齋藤飛鳥がクラスメイトだったらそりゃあ追いかけちゃうよ!!!!(黙れ)
オリジナル台湾版大好きマンなのでどう転ぶか楽しみにしてたけど、これはこれでいいのか?って思うくらい台湾版に忠実。

なんと
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

4.3

スーパー大好き案件。
ホラーって言われてるけどホラーじゃないよ。
青春ラブロマンスだよ。
(光の点滅すごすぎて途中ポリゴンショック起こしそうになった)

少女の初恋、親からの自立。
こういうの好きすぎ
>>続きを読む

恋する小説家(2011年製作の映画)

3.6

ちょこちょこと上田監督の短編見てるけど、
これでこそ上田慎一郎って感じの作品。

絶対この人のことは今後も嫌いにならないと思う。

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.3

この感じ嫌いじゃないよな。
セックス依存症の兄貴に、恋愛依存症の妹。なんかあったんだろうなー、っていう淡々だけど不穏な日々。

キャリーマリガン教だからキャリーマリガンがどんな役してても、好き!ってな
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.3

ほぼワンシチュエーションで100分超えてくる尺はどうしても眠くなっちゃう。面白かったんですけどね。

地雷を踏んだ時のポーズがラストカットに繋がってるっていうのはあざといけど嫌いじゃない。あざといけど
>>続きを読む

36.8℃ サンジュウロクドハチブ(2017年製作の映画)

2.0

なにが決定的にダメなのか考えながら見た。

高校生が主役だけど、高校生の描き方がひどいよなっていう。
ちゃんと取材とかしたのかね。してないよね。
めちゃくちゃ口悪くいうと年取った人が思うイマドキの高校
>>続きを読む

セクシャリティー(2018年製作の映画)

2.5

違う違うそうじゃ〜そうじゃない〜。

予告と全然違うくない?
邦題も違うくない?

サラガドンの男装に関しては美しかったけど。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.2

色遣いがイカす!とか視覚効果に騙されたくない自分がいる。
予告で感動できる、とか持ち上げ過ぎだろう。わたしにはあのモーテルの中で生きる子どもたちが地獄の中にいるように見えた。

それでも子どもは強く生
>>続きを読む

キリング・ガンサー(2017年製作の映画)

3.1

モキュメンタリーテイストで進むアイデアとかは悪くはないけど、なんせポスターがシュワちゃんなのにシュワちゃん全然出てこない、っていう。いつになったら出てくるんだって考え始めると笑えてくるくらい出てこない>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

(ちょい役だけど)中村倫也がめちゃくちゃ良かったって!!!!!!

この製作規模でなにをやろうとしてんだ。白石和彌はそれに120%で答えちゃってるじゃん。なんなんだこれは。

松坂桃李は出始めのころは
>>続きを読む

>|