アルパカメタルさんの映画レビュー・感想・評価

アルパカメタル

アルパカメタル

なんのちゃんの第二次世界大戦(2020年製作の映画)

3.2

めちゃくちゃしっかり映画やってるのに、どこかぶっ飛んだ勢いも感じさせる。それでいてテーマへはとてもまっすぐ。

あるいは、とても小さな戦争の音(2018年製作の映画)

3.3

たぶんこの監督が好きな画面の色(グレーディング)が好み。別のところで観た「美しいロジック」と同じ監督だったか。世代が違えば、音から得るものものも変わってくる。

MARA(マーラ)(2019年製作の映画)

2.8

橋野純平さん演じるストーカー男がめちゃくちゃ気持ち悪い。なにか起こりそうな雰囲気が持続する感じはなかなか好み。

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

3.7

姪にとって叔父とは、叔父にとって姪とは。

寡黙な映画で、2人がどういう人生を歩んでこうやって2人で暮らしているのか観ているうちにチラホラと情報が差し込まれている。朝の食卓ではテレビのキャスターが世界
>>続きを読む

アイドル(2020年製作の映画)

3.0

急転直下の残酷物語。いや地獄に落とされるのは当たり前か。

自身の収入源にもなっている娘のジュニアアイドルの活動。どんどんライバルが出てきて弾き出されていく我が子。追い詰められた母親は...。

母親
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

3.7

オンライン試写って初めて応募してみたんですけど当たるもんなんですね...。

最高の自己愛映画。そして石川瑠華全フリ。石川瑠華はじまった。

主人公のディティールの作り方が秀逸だった。いつも自分の言葉
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.4

白の綺麗なポスタービジュアルで気にはなっていた作品なのでようやく観た。

「ネイティブ・アメリカンの女性が失踪しても失踪者の数には含まれない」そんなことが今もなお起こっているなんて全く知らなかった。と
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

2.7

ポール・ダノの初監督作、主演にキャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホールという固有名詞につられて見たけど、はあ???だった。

先天的な(元々クズの素質ありあり)クズ父親と、後天的な(父親の奔放っぷり
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.6

伊藤健太郎、伊勢谷友介と出演者の不祥事が取り立たされ、違った意味で公開と同時に話題になった作品ですが、二宮健監督なのでとても楽しみにしていたのです(ちゃんと公開されるのか心配で胃が痛かった)。

とん
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.4

渡辺大知のこういう役、ハマりすぎてて胸にくるんだけど奈緒もめちゃ良かった。「彼女来来」もそうだけどいるかいないか絶妙にわからない女のイメージついてきた。

正直観てる最中はうじうじしやがって渡辺大知!
>>続きを読む

ゾッキ(2021年製作の映画)

3.3

終わってみれば伴くんのパートしか記憶がない。ぶっちぎり。そんな伴くんを演じてるのはコウテイの九条ジョー(ズィーヤ!!!!!!!!!)というおもしろさ。

川上奈々美は最高の使われ方してる。

監禁惑星アメーバ(2018年製作の映画)

1.5

劇場公開時タイトルは「プラネット・オブ・アメーバ」。ご存知川上奈々美が主演ですから。観ますよ、観ますけど。
あんた、それアメーバ言うてるけどビニール袋やから!!!!!

バカなトーンでZ級をやってる作
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.6

宇宙飛行士の話だけどそれ以上に母と娘の話で、終始鋭角で自分の胸を抉ってきた。

娘のステラにとってサラはたった一人の母親だし、離婚したものの娘の面倒をちゃんと見る父親だって居さえするけど、母親は母親(
>>続きを読む

AWAKE(2019年製作の映画)

3.7

公開時あんまり気にも留めずスルーしてたけど、かなり面白かった。

タイトルにもなっている「AWAKE」は実際にある将棋のプログラムで、プロ棋士とAIが対局する電王戦も実際に行われた出来事。実話が元にな
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.3

チェックできてないTCP作品だったから観た。まず「ルームロンダリング」という発想が面白い。

100分そこそこで綺麗に落とし込んで脚本に対する満足度は高い。そこまで期待してなかったのだけどラフに観れて
>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

2.7

文章ならではの設定のギミックが面白い原作を映画の尺で上手くやろうとして失敗した感。エンドロール中のシーン蛇足じゃない?あそこで終わっててよかったよ。というか後半が回収回収でちょっとだるい。

大学は出たけれど(1929年製作の映画)

3.5

元は70分なのに残っている10分でちゃんと話が落ち着いているのは何が起こっている??小津は10分だろうがサイレントだろうが小津。

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.5

話題のネットフリックスオリジナル作品。

AIの反乱という現代的ですでに使われまくってるアイデアではあるのだけど、それを家族の物語に落とし込むパワータイプの映画。ミッチェル家の面々のキャラが濃すぎる、
>>続きを読む

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

3.3

配信系では見れないと思っていたらHuluで配信してた!ありがとうHulu!
ソル・ギョングのフィルモグラフィーを追うなら間違いなくぶち当たる作品。

史実に基づく話。金日成暗殺を目的に結成された秘密部
>>続きを読む

シェヘラザードの日記(2013年製作の映画)

3.2

今年のイスラーム映画祭はこれ一本しか見れなかったなあ。

レバノンとは日本でいうと岐阜県くらいの大きさしかないのだそう。映画の文化は盛んで日本でも劇場公開される作品が毎年のようにある。

女子刑務所で
>>続きを読む

ドッキング!(2020年製作の映画)

3.1

ndjc2019「最後の審判」がとんでもない面白さだった川上信也監督のこちらの作品もショートショートフィルムフェスティバルのオンライン配信で無料で見れちゃいます。

「最後の審判」でかなり印象的だった
>>続きを読む

止まるな(2018年製作の映画)

3.4

走るという行為の美しさが10分の中に凝縮。自分のために、誰かのために「止まるな」。エンドクレジット挿入のタイミングにドキっとした。

主演は里内伽奈、共演に夏目志乃(キャスト名がフィルマークスに表示さ
>>続きを読む

未来のあたし(2018年製作の映画)

2.8

見始めてすぐ、オダナナがこの映画のために髪切ったのかネットでこの時期「ウォーズマンみたい」って言われてて爆笑してしまったことを思い出した。

監督は「ヒーローマニア」「三島由紀夫VS東大全共闘」の豊島
>>続きを読む

ヒゲとレインコート(2018年製作の映画)

3.3

出演に芋生悠、カトウシンスケ。この時点で良い。
監督はムーラボ史上最強の大豊作年と呼んでいる2018年に上映され、大豊作年だからこそ埋もれがちな良作「デッドバケーション」の八幡貴美監督。

相変わらず
>>続きを読む

ROBIN(2019年製作の映画)

2.8

内容的には結構胸を掴まれるいいシーンはあるんだけど、ひたすら音楽にのってるだけでWebCMとして作られたのか?これは...??となった。

女優 川上奈々美(2017年製作の映画)

3.2

そう、私たちはみんな川上奈々美が好き。

フェイクドキュっぽい手法でメガホンを取るのは「東京バタフライ」の左近圭太郎監督。左近監督といえばTokyo New Cinemaで中川龍太郎作品に密に関わって
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.8

日本版リメイクの報を聞いて、観なきゃと思ってたので観た。めちゃくちゃよく出来てた。面白かった...。一番怖いのは人間系映画。

カナダのよく知らない役者しか出てないので、いい意味で先が読めない。だった
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

2.9

ティモシー・シャラメ出てれば満足みたいな人が満足しそうな映画。
ただのティーンムービーじゃなく、青春とドラッグにまつわるサスペンス部が混じりあう。

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

3.3

サイモン・ペッグのコメディという一定の安心感をもって手をつける。こういう気分の時に、これ以上ない。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.3

アクション映画は敬遠しがちなので観てこなかったんだけどそろそろ観ておくか、と。

いやあ、何よりもアクションが速いね。前に自主の邦画でアクションが売りのやつを見たときに思ったんだけど、アクション自体は
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.2

子どもの頃からまともにコナンに触れてこなかった大人が劇場版コナンを1作目から見て完走できるのかチャレンジ4作目。

犯人が最後までわからん!蘭が記憶喪失になる=新一(コナン)と蘭のラブ度も高め。そろそ
>>続きを読む

なぜ殺したの?(2021年製作の映画)

2.7

Netflixの説明欄に「次第に善悪が揺らいでいく...」みたいな文言があったけど、揺らいでるのは作品の目線でしょ。

出だし、中盤まではドキュメンタリー版「search」のようなWindows XP
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.9

河瀬直美大先生の新作がNetflixに降臨しておりました。大先生の映画は「2つ目の窓」「あん」「光」「CINEMA FIGHTERS」あたりはちゃんと劇場で観てたんですがね。「萌の朱雀」「もがりの森」>>続きを読む

>|