NinaSinnermanさんの映画レビュー・感想・評価

NinaSinnerman

NinaSinnerman

雑食と見せかけて偏食、いや、"変"食だな。
嫌いじゃなければ3以上、出来としての合格ラインは3.5。出来の云々抜きに嫌いな作品はノースコア。
好き嫌いの基準はThe Fallのレビューに。

映画(201)
ドラマ(0)

ブラッド・パラダイス(2006年製作の映画)

3.5

ジャケットのダメ感の30倍くらいはイケる。
だって主演がジョシュ・デュアメルとメリッサ・ジョージ。
この二人、大作はないけどB級・C級と見せかけてだいぶ観れるエセダメ映画の常連かつエンタメ感溢れるルッ
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.9

ミシェル・ロドリゲスが元男役で敵のマッドドクターがシガニー・ウィーバーなんて最高じゃないか!!!
プロットとキャスティング考えた人天才だっっっ!!!!!

・・と息巻いてやっと鑑賞に漕ぎ着けたものの・
>>続きを読む

ウェディング・バトル アウトな男たち(2016年製作の映画)

3.5

なかなかないほどハッピーに特化してありそうでないバランスで上手いこと振り切れてた。

悪者も泣く人も登場せず、おバカだけどそこまでバカじゃなく、下品ちゃ下品だけどそこまで下世話でもなく、汚いとこもある
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

トム・フォード待望の2作目。
よく出来てる、、んだけど求めてたモノとちょっと違った。

前みたいに男性目線で男性を描いて欲しいや。
今回もある意味強烈に男性目線ではあるのだけれど間接的というか、逆に強
>>続きを読む

ある決闘 セントヘレナの掟(2016年製作の映画)

3.0

もうちょっとガツンと来るのを想定してたんだけど、画に妙な清潔感と透明感があり過ぎて西部劇観た気が全然しない。
の割になんで?って感じでユルくブレる。

ウディ・ハレルソンのマッドでバイオレントなハクも
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

4.4

やばい。
久々に映画に恋をした。
これ映画館で観れたら物凄い満たされた気分になれたろうなー。(ストーリーはガン無視で、画と音だけで)

ポラロイドかスーパー8かっていうようなアナログな色味と粗さのオー
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

ねえ、、、あのさ(笑)
フランス人てみんなそうなの?
それともフランス語喋るとみんなそうなるの??
いや、フランスで好まれるユーモアがこんなんばっか、ってだけ???
それとも、イザベル・ユペールがただ
>>続きを読む

ロキシー(2016年製作の映画)

3.4

若干パッケージ詐欺というか(笑)
ロキシーちゃんが復讐者になるまで長くてタイトルやパッケージの焦点がズレてる。

男性陣の演技はだいぶ安っちく、でも終盤のヒロインのキレっぷりと選曲センスはクールでバイ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

うわあ。。。
なんだろこれ。
ホラー借りてきたんだっけ?ってくらい怖い。

横暴で下品で自己中心的な強者に何も言えず言っても聞いてもらえず、品位は失わないようなんとか希望にしがみついて耐え、唯一守って
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.2

ノオミ・ラパス7人てアホか!(笑)
って角度狂って突き抜けたバカ映画を期待したんだけど、ノオミの重い顔面じゃそうなるわけもなく。

妙にシリアスに説得力持たせようとしてくるのに演出や音楽がときたまコメ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

珍しく邦画。
何故って予告編の蒼井優のクソ女っぷりと汚い男(阿部サダヲ)と気取った長ったらしいタイトルの組み合わせが余りにも気になったから。

冒頭からの蒼井優の予告編を裏切らないクソ女っぷりが、通学
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.8

何年振りに観たかなあ。
最高だよね。
やっぱ敵わない。

呼吸するみたいな瞬きするみたいな間で、一本そのまま音楽で文学。

こんな風に激しく生きてみたいけど、どんなに勇気のいることか。
ヘドウィグの極
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

今更観たら面白かったー(笑)
ティルダ様あるところに不覚なしだわ。

イジョフォーもすっかり生真面目黒人キャラがハマっちゃって、ハイヒールブーツのローラちゃんが懐かしいな(笑)

メイクにしても衣装に
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

『ゲット・アウト』でブラックづきまして。

この『ドリーム』が描いた時代があってのオバマが米大統領になったことの意義とか、一昨年の件のOscar's so WHITEとか、今の産め!働け!日本死ね!な
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

今一番観てて楽しいのはブラムハウス作品じゃなかろうか。

映画らしさを大事にするサービス精神、良識やセンスを失わないバランス感覚、何か新しいことを試みようとするチャレンジ精神、それでいてホラー/スリラ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

アメリカン過ぎてキングスマンに求めるブリティッシュジェントルメン要素薄い〜(泣)
軽さとエグみもタランティーノかロドリゲスなアメリカン仕様(笑)

でもコリンファースのスーツ姿のキマリ様ったらもう、還
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.6

予備知識なくたまたま見つけ、クリステン・スチュアートが地味そうな映画に出てること、フランス映画らしいこと、そして服が気になった。
冒頭2〜3分のプレビューでなんかわからんけど引き込まれ(多分屋敷の壁紙
>>続きを読む

デンジャラス・ミッション(2016年製作の映画)

3.8

なんつー80s愛!!(笑)

ジャッキー映画みたいに銃や血を必要以上に使わず、ホントに当てずにアクションで楽しませ、ズッコケシーンも満載!

そしてBGMや照明がホントに80s後半映画そのまま!(笑)
>>続きを読む

マリス・イン・ワンダーランド(2009年製作の映画)

3.5

ダニー・ダイア。
日本ではB級映画でたまに見る顔、もしくは全く以って認識されない存在..なんだけれどUKではローカルヒーロー。

この映画自体は奇抜でキッチュなオシャレ?ミュージックビデオをだらだら見
>>続きを読む

女帝 エンペラー(2006年製作の映画)

4.0

ダニエル・ウー祭り第1弾。

て、よく出来てると思うのに随分スコア低いこと。
チャン・ツィイー目当てで観ると可愛らしさに欠けて地味ってこと??
映画らしさと美術に走ってわかりやすいエンタメ要素が薄いっ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.9

中身に期待はしてなかったけど観たかったのー!
なんたってダニエル・ウーをハリウッド作品の主役級としてスクリーンで拝めるから!!(笑)

ファス嫁アリシアも可愛いけど、なんでわざわざ演らせたのか謎。
>>続きを読む

ユニバーサル・ソルジャー(1992年製作の映画)

4.2

ヴァンダムがカワカッコイイったらもう!

古き良き映画らしさ×80年代引きずった娯楽至上主義×これぞアクション映画!なハイキックの乱舞!

楽しくないワケがない。

にしても若きヴァンダムのまだ若干垢
>>続きを読む

リヴォルト(2017年製作の映画)

3.1

良いところはポロポロあるのだけれどね、、、不発。

脚本も監督が書いてるのがよくわかる出来でした。
画も筋も、光るものはあるのに光らせきれない、なんともやるせない間延び感。
誰かにテコ入れしてもらえば
>>続きを読む

ザ・ガーデン(1990年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリー的なモノなのかと思ってたけど、映像で語る詩と風刺、原発批判だった。

聖書の知識がないと辛いけど、最後の詩---Cold, cold, cold, they died so silen
>>続きを読む

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

3.8

ストーリーとイケメン度数がこの上なく女子向け!
これ観た後にトワイライトキャスト観たらみんな不細工過ぎて観ていられなくなりそう(笑)

衣装や美術も凄く綺麗。
CGの方向性もこれまた女子向け(笑)
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

4.1

内容的にはこんなスコアをつけるような映画じゃないんだけれど(笑)

完全なる嗜好品的映画。
もうほぼ恋愛ファンタジー。
こんな優男とエキセントリックな女たちばかりじゃ現実世界が崩れ去る(笑)

ジュー
>>続きを読む

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)

4.0

良いね。

ミッキー・ロークのチャラいダメなイケメンっぷり。
50年代のNYのストリートや車にブルックリンのハーレム。
入植の名残りの色濃いニューオリンズの雰囲気と、ブードゥーの妖しい感じ。
どこに行
>>続きを読む

ザ・フライ2/二世誕生(1988年製作の映画)

4.0

監督も代わり、二世を描く二作目。
なんでもそうだが、成功作の続編というのはハードルがとてつもなく上がるもの。
なのに、エイリアン、ロボコップ、グレムリン、コクーン、BTF、ゴーストバスターズ、ターミネ
>>続きを読む

イノセント・ガーデン(2013年製作の映画)

4.2

コレ好き。
私の中の扱いとしては映画というよりほぼ絵画。
映画として観るというより、かけて眺めてるだけでも充分。

生々しく歪みながらも瑞々しく、ピュア。

全編通して質感が一貫していて、セットやキャ
>>続きを読む

リミッツ・オブ・コントロール(2009年製作の映画)

4.3

コレがしっくり飲み下せる人は現実社会で生きづらい、つまらない、寂しい思いをしてるはず(笑)

ワケが解らない、と言い切れる人たちの9割が勝ち残り、生き残り、昇り詰めていく世の中です。
(要は資本主義、
>>続きを読む

ボーイ・ミッシング/消えた少年(2016年製作の映画)

2.6

...がっかり。
中盤でもうホントにがっかり。

それでもまだ何かホントはあるのかと思って観続けたけど、メルケルみたいなおばさんの咆哮で終幕、という。

なんであんなカワイイ顔した子の母親役に色気のカ
>>続きを読む

スカイバウンド 大地消滅(2017年製作の映画)

3.3

予告編が安っちいながらも面白そうでトライ。
結果、悪くない!

設定や掘りの甘さ、台詞の安っちさ、撮り方のヘタクソ感、色々あるけど、魅力も十分。

シチュエーションがありそでない(あたしが知らないだけ
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.5

マリック×ルベツキの作品に真っ当な感想を抱けるわけもなく。

「聖杯たちの騎士」なんて訳されちゃってるけど、タロットの「カップのナイト」のことだろうと思うので、カップ=愛や芸術なんかの水モノ、ナイト=
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

ちょっとあんまりうまく言葉にできる気がしない。
しゃくってしまうくらい泣いてしまった。

なんだろう。
あらすじで既に泣かす気満々な気がして、わざとらしい仕上がりになっててもおかしくないだろうと、ある
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.5

フツーに面白いから飽きずに観れるけど、意外とライト。

もっと重いか後味悪いんだろうと思ってた。
色々期待してたより地味めでだいぶあっさり。
まあ、そのへんUKらしいっちゃらしいけど。

ある意味ナウ
>>続きを読む

スピーシーズ/種の起源(1995年製作の映画)

3.6

マドセン観たさに久々に鑑賞。
この頃のマドセンほんとカッコイイ..

映画そのものはと言えば、
はい、ココ特攻チーム感出して、はい、この人サイキック、はいはい、ココ大人のラブラブモード、よっしゃ、ココ
>>続きを読む

>|