deenityさんの映画レビュー・感想・評価

deenity

deenity

映画歴は8年目突入。昨年度は今までで最高鑑賞本数を更新。劇場にもたくさん足を運べて幸せでした。
某サイトでもレビューを書いていますが、最近は専らこっちです。

P.S.なるべく自分がまだ見てないものに関しては皆さんのレビューは読まないようにしておりますので悪しからずご了承ください。

映画(927)
ドラマ(0)

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.5

ストップモーションアニメ作品の『犬ヶ島』を見てその帰りにレンタルショップに行くと、これまた見たかった本作がレンタル開始されているじゃないですか。新作でしたが迷わず借りてしまいました。

先日のレビュー
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

ストップモーションアニメは昨年スタジオライカの『パラノーマン』を見て虜になって、それ以来意識してみるようにしてるのですが、ウェスがストップモーションで作品を出すならば見に行くしかないですね。しかも舞台>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.0

劇場で見ようと思ってたのに見れなかった作品。パッケージ写真から思い描いていたイメージとは全く異なる出だしで正直面食らった。心温まるホームムービーを想像していたのに、映し出されたのはまさかのスーダンの凄>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

生まれつき遺伝子の障がいによって人とは違う顔を持って生まれてしまったオギー。からかわれたり蔑まれたりする中で必死に生きていくオギーだが、とても魅力的で、人を明るくさせる太陽のような存在。その周りで優し>>続きを読む

おくりびと(2008年製作の映画)

4.0

先日、何十年ぶりに葬式に参列しました。当たり前のことですが、そう参加したいものではありませんし、ただそういう経験がないものだからどういう気持ちで受け入れていいのかわからなくて。泣くべきなのか。笑顔はな>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

2.5

広瀬すずが主演の実際にあったチアダンス部が全米で優勝しちゃう話。実はこの話の舞台となったチア部に所属してた人が友達にいるので見に行かなきゃなー、とは思いつつも劇場には行けませんでした。

とりあえず話
>>続きを読む

たまたま(2011年製作の映画)

1.5

全然わからない。こういう詩的な作品は雰囲気としては嫌いじゃない。ただこういう振り切ってしまうと、どうしても自分には理解しがたい。

余談だけど最近知り合いから最果タヒという作家の詩集を借りて読んだ。申
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.5

鑑賞前、勝手なイメージで宮崎あおいがウツになるのかと思ってた。全く逆だった。堺雅人の方か。真面目でこだわりが強く、繊細で責任感が強い。鬱になると言われる典型みたいなタイプだ。まあこういう一癖ある感じの>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

カンヌ映画祭でパルムドール受賞、本当におめでとうございます。これですよ、これ。是枝監督に求めていた作品は。つい先日、遅ればせながら『海街Diary』を見たばかりですが、今までいろんな家族の形を描いてき>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

4.5

「死にたい?」
いや、死にたくないです。てかどんな女やねん。酔い潰れてたと思ったらお年寄りに親切にして、そうかと思えばその老人にゲロッちゃうという。まあ何とも破茶滅茶な女だな、って思った。キョヌと一緒
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

MCU作品。新作ではさっぱり短髪になってたソーの一作目。クリス・ヘムズワースってイケメンですね。ワイルドな容姿とマッチョボディーなのもいいんですが、少し笑顔を見せたりロマンチックな表情をしたりするのも>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

3.0

アンジーのスパイ物。個人的にはアンジーはそんなに好きってわけじゃなくて、最近見たところでいうと『レッド・スパロー』のジェニファー・ローレンスの方が好きなんですが、この作品自体はスパイ物にしては結構シン>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.0

ライアン・ゴズリングが主演の作品。バイクで走るだけが特技で、あとはダメダメな男が父親になり、家族のために、息子のために頑張っていく話…だと思っていた。しかし、衝撃の展開。「え、途中で主人公死んじゃった>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

2.5

名作で評価が高く、極めて難解で、その上リンチ作品だということで予感はしてましたが、本当に難解ですよね。さっぱりわからんです。

何となく軸として前半と後半の時間軸のズレってのは見ててわかりましたし、夢
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

先日『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を見に行きましたが、本作はその前に見ておけばよかったな、と思える作品でした。そんでもって本作のタイトルは『シビルウォー キャプテン・アメリカ』ということで>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

アベンジャーズシリーズでまずはこれ。最近やってた作品だったし見に行っておけばよかった。
カンバーバッチが演じるDr.ストレンジ。何となくMCUのヒーローとしてはカンバーバッチは不釣り合いな気がしていた
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

スピルバーグ監督最新作。この監督本当にすごいですね。ついこないだ『ペンタゴン・ペーパーズ』とかいう全然テイストの違う作品作ってませんでした?よくこんな昨日の今日レベルで作品を生み出せますね。創作意欲に>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

ジョージ・クルーニー監督作。主演もマット・デーモンにジュリアン・ムーアと豪華です。脚本もコーエン兄弟みたいですし、どんなもんかな、程度な感じで見に行ったわけですが、「まあこんなもんか」程度に終わったの>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.0

実際に起こったテロ事件の被害者が両足切断という苦悩を抱えながらも成長していく。自分は内容よりもジェイクに惹かれたクチですが、見ているうちに当時のニュースのことを思い出し、記憶に埋もれていた部分と一致し>>続きを読む

クロユリ団地(2013年製作の映画)

1.5

最近夏に向けてホラーをちょくちょく見てますがやっぱり怖くてなんぼなので、怖くないホラーはホラーと認めたくないですね。がっかりレベルも甚だしいレベルでハズレです。

あっちゃんの演技は正直嫌いじゃなくて
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.0

結婚して31年。子供も独り立ちしていない。第二の人生をスタートさせたい妻と今の互いが空気のような存在になっている生活に不満はない夫。恋愛カウンセリングを通して変化していく二人の関係は果たして…。

>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

お馴染みアナベルシリーズの誕生譚。どうしてアナベル人形が生まれたのか、という部分を描いた作品ですが、位置付けとしてはシリーズで一番発端にあたる部分ながら今作が一番恐怖レベルも高かったんじゃないかと思い>>続きを読む

グリンチ(2000年製作の映画)

3.5

最近劇場行くと映画の始まる直前のところでユニバーサルスタジオの流れでグリンチ出てません?それで昔クリスマスに見たの思い出して再鑑賞しましたが、全然覚えてなかったからほぼ初見みたいな感じでした。

今思
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.5

名作。なかなか周りにこの作品が見当たらず見れずにいたことが功を奏し、劇場の大画面でアラン・ドロンを鑑賞することができました。
「アラン・ドロンのための映画」とか言われたりしてますが、確かに端整なルック
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.0

デボラ・ローガンというアルツハイマーの疑いがある老婆を観察していくとどうも様子がおかしいということに気づき始め…というPOV視点で進む作品。
基本ホラーは一人称視点をうまく使う作品って多いけど、本作は
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

前作で大ヒットした『キック・アス』シリーズの続編だが、良くも悪くも今作はヒット・ガールことクロエの映画だな。クロエをいろんなシチュエーションで可愛く見るための映画。
元々幼い女の子が大人を倒していく痛
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

4.0

非常に暴力的な映画。痛々しい映像全開。侮辱ワード連発。気にしない人には気にならず楽しめる作品であるかもしれないが、受け入れられない人からすると拒絶されるかもしれない。ただ、見終わった後の暴力的なまでの>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

とうとう900本目まで来ました!1000本の大台まで残り100本!一本一本丁寧に見ていきたいです!
そしてそんな区切りの一本が本作でよかった。映画本来の娯楽が詰まりまくった作品で、誰がいつ見たって楽し
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.0

アベンジャーズ二作目。やっぱりこんなものなのか、って思っている部分もあるが、やっぱりそれなりに楽しめるのがこのシリーズのいい所。
それぞれの個性を生かしたアクションシーンは血が騒ぐし、娯楽性は抜群。ヒ
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.0

アベンジャーズ最新作、『インフィニティウォー』を見るために予習しておきました。めちゃくちゃ評価高いですからね、これは劇場で見ておきたい、って思いが強くて見たわけですが、シリーズ一作目は意外と期待外れと>>続きを読む

スチームボーイ STEAMBOY(2003年製作の映画)

3.5

『AKIRA』の大友監督の作品であるが結構評価は低い本作。個人的にはそんなに悪くは思わない。というかむしろ、この映像美を見て感激した自分が少数派なのが驚きなぐらいだ。
それほどまでにすごい。やはり世界
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.0

このシリーズは何だかんだ見てしまってはいるけれど、そんなに正直乗り切れない。
別に悪魔とかそういうのはもう割り切っているし、前作の赤黒のデビルマンが出てきて現実離れしすぎてたってそれは許そうってなって
>>続きを読む

バレー・オブ・バイオレンス(2015年製作の映画)

2.5

イーサン・ホークにジョン・トラボルタ。かなり豪華な役者を起用した西部劇です。

オープニングで神に仕えるはずの神父までもが悪事に手を染めているという時代設定をイメージ付け、そんな神父を腕を見せつけるこ
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.0

実話を元にしたホラー映画。にしては出来過ぎというか現実離れし過ぎていて、どの辺りまでが実話なのかな、って感じに思ってました。

ホラーは正直大好きなジャンルというか、映画を結構見始めてからは見る数が減
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

二作目。このシリーズはどうやら当たりみたいですね。劇場で見ておけばよかったと後悔です。
それぐらいに同じの5人組が…ってグルートが小さいまんまなんですね。可愛すぎる(笑)前回もデカいなりに可愛かったん
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

マーベル作品で何だかんだ見ずに来てしまっていたのですが、面白いとの噂を聞いたので鑑賞しました。
これは確かにいいですね。それぞれの個性がしっかりあって、なんかぶつかり合っているようで所々認め合っている
>>続きを読む

>|