バリカタさんの映画レビュー・感想・評価

バリカタ

バリカタ

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

2.5

楽しみにしてました。久しぶりのミュージカル映画ですからね。

コロナ禍で各地のお祭りや盆踊りはもしかしたら中止が多いかもしれませんが、観れば脳内で山程ステップ踏めますよ。何かライブ?ってくらいに圧倒的
>>続きを読む

親愛なる君へ(2020年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

本作の舞台は同性婚が認められる前だそうなので、この時の台湾の同性愛者に対する意識ってどうなんでしょうね?まだ混沌としている時代なのかな?中国は同性愛は病気って認識を持つ親が多いし、国としても存在すら認>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.5

昨年のTIFF2020で観たかったけど叶わなかった作品。ようやく鑑賞できました。感無量です。

待った甲斐がありました。後味さっぱり。すっきりでキラリーン⭐︎な、エピソードごった煮青春ムービー。汗や涙
>>続きを読む

やすらぎの森(2019年製作の映画)

3.0

シネスイッチ銀座さんでロングランしているので気になって鑑賞です。
前情報ゼロで観ました。まさか、こんな話だったとは。森の中で、老人達が余生を過ごすハートウォーミングストーリーかと思ってたら。大違いでし
>>続きを読む

ラン・ハイド・ファイト(2020年製作の映画)

3.0

「ヒット・エンド・ラーン」は鳥居。
「ラン・ハイド・ファイト」は惜しい。

す、す、すみません・・・。

もしかしたらありふれたシチュエーションで、珍しさはないかもしれません。でも、しっかり作っている
>>続きを読む

唐人街探偵 NEW YORK MISSION(2018年製作の映画)

2.0

シリーズ過去作は全て未見で、今回が初見です。どんなものなんだろ?と鑑賞です。
いやいや、お金かかってる映画は違うなーって印象でしたね。色々と豪華です。はー、やはり映画は資金力かなー。リッチです、絵が。
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

2.0

初見です。公開当時大人気だった記憶があります。シネマート新宿さんのブースト上映企画にて鑑賞です。有名作品ですから大きなスクリーンで観たい。

時代なんでしょうかね?四半世紀以上前の作品ですよね?僕も歳
>>続きを読む

共謀家族(2019年製作の映画)

3.5

地味に公開してる中国映画です。評価が良いので鑑賞です。観賞後に知りましたがリメイクなんですね。オリジナルはヒットしたんでしょうかね?観たいです。

さて、なぜこの公開規模なのか疑問になるほどによく出来
>>続きを読む

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

あれば利用したいと思う素敵なサービスが舞台です。うん、高そうだけど、使ってみたい。でも、間違っちゃうと主人公みたいに金注ぎ込んじゃうんだろうなぁ、僕。

フランスの男女関係の考え方なんでしょうかね、ど
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

2.5

設定が面白いってのと、安定クオリティを期待できる韓国映画ですから鑑賞です。

映像作品としては十分満足できます。相変わらずアクション、銃撃戦、カースタント、良いですね。ホントに安定してます。何故邦画は
>>続きを読む

83歳のやさしいスパイ(2020年製作の映画)

3.0

まさか、ドキュメンタリーだったとは・・・。
予告編を見た時からドキュメンタリーだなんて微塵も思ったことはありませんでした。こういう作り方ってあるんですねぇ。よくぞ作品として仕上げましたね。想像し難い準
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

5.0

素晴らしかったです。BEST級でした。
エンドロールでハッと・・・
「あ、そっか、そういうテーマが根底にあったんだよな」って
思い出したぐらいに、主人公二人の行く末をひたすらにひたすらに案じて止まない
>>続きを読む

スティーラーズ(2021年製作の映画)

1.5

シネマカリテさんの企画で鑑賞。面白そうだったので。

残念ながら、だめだったなぁ僕には。うーむ、様々な面で息切れしちゃったかなー?って感じです。ラストのアレは、私が一番嫌いな後出しジャンケン・・・見せ
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

4.0

監督は異性、同性関係なく愛情の深さに変わりはない、ってことを描きたく本作を作ったそうです。
はい、それは静かで美しい映像と共に、十分に描いていたと思います。
主人公のカップルは旅にでています。その道中
>>続きを読む

ドアマン(2020年製作の映画)

1.5

シネマカリテさんの企画で鑑賞です。北村さん監督だったのかー。クレジット見てビックリ。頑張ってらっしゃるんですね。相変わらずの前情報ゼロです。

さて、本作。いやぁ穴だらけなんじゃないでしょうか?
うむ
>>続きを読む

ねばぎば 新世界(2020年製作の映画)

2.0

上西監督の「ひとくず」がめちゃくちゃ良かったので、期待大の次回作ですから鑑賞です。「ひとくず」と比べエンタメの量がすごく増えた作品です。

ストーリーは勧善懲悪のコテコテの人情話です。テーマは重め、ノ
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.0

先行上映で鑑賞です。原作未読で、一作目未見でしたが、予告編の迫力に興味津々で鑑賞したくなったんですよね。少々不安でしたが初見でも楽しめました。オリジナルストーリーだったからかな?

さてさて、本作。ヤ
>>続きを読む

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

4.0

これこれー!これこれー!やっぱインド映画はこれ!
THIS IS ITっす。ラジニカーント様ご降臨です。最近のインド映画も面白いですが、「踊るマハラジャ」の洗礼を受けた者としては、やはりコレ。
70歳
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

3.0

夏にピッタリの作品です。俳句沢山出てきますが、気にする必要ないです。わかりますよ、込められてた気持ちも描きたい情景も。俳句に興味があればなおさら面白いと思います。絵柄もイラストっぽくて良いです。好き。>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

4.6

原題と邦題は全く異なります。原題は作中もっとも大切な場面のセリフです。注目して鑑賞することオススメします。邦題は作品そのものを表す良タイトルです。

本作は親に内緒で中絶手術を受けるためのショートトリ
>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

3.5

予告編の煽りで観たい気持ちマンマン鑑賞です。イメージフォーラムさん大盛況でした。
なかなかのエンタメ作品でした。リズム音楽と細かいカット切り替えではじまるオープニングがインド映画っぽくない(って言える
>>続きを読む

東京クルド(2021年製作の映画)

3.0

この類のドキュメントを観るといつも思うのだが、なぜ、そのような法律なのか?いや。そもそもどのような法律なのか?を知らない自分がいるし、作品は伝えてくれない。そして、なぜ。入国管理局はそのような対応をす>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

5.0

シネクイントさん企画の小林監督祭りで鑑賞です。最後の一本。祭り最終日に鑑賞間に合ってよかったー!って思える一本でした。最高じゃないか、号泣じゃないか。脚本(原作?)の妙に嗚咽止まらずです。

原作未読
>>続きを読む

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

3.0

これはサム◯ン電子のことかなー?って思ったら、全く関係なかったです。(笑)似てるだけでした名前。でも、出来事は事実をベースにしているってことですね。それと、90年台の韓国企業内の女性の立ち位置、環境も>>続きを読む

シンプルな情熱(2020年製作の映画)

2.0

原作未読、前情報無しで鑑賞です。ビックリです。こんなにセックスシーンが沢山で、あれ?出ちゃってます、な作品だったとは。これは、誰かと一緒に観られるなら、お相手を吟味されたほうがよいですね。

まさに、
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.0

哀しいです、こんな薄っぺらい話だなんて。

めちゃくちゃ楽しみにしてたのに、がっかりにもほどがあります。腹が立ってきます。

すごく綺麗で迫力のリッチな映像、先進のアニメーション。スタジオ地図さんの技
>>続きを読む

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

4.0

ヒューマントラスト渋谷さんでリバイバル上映。ヨーロッパ発のアニメーションは見事な作品が多いので興味津々で鑑賞です。

アニメーションのクオリティは非常に高いですね。味があって色彩豊かな綺麗な絵。滑らか
>>続きを読む

走れロム(2019年製作の映画)

2.0

闇クジ事情は初めて知りました。なかなかハードな世界です。けど、それだけかな?

僕としては、こーいう人達がいるんです。だけではなく、なんでそーなっちゃうか?それを選ばざるを得ないか?の背景とか、暗躍し
>>続きを読む

いとみち(2020年製作の映画)

4.0

ポスターの印象では青森の町おこし的タレント売り出し映画か?なんて思ってました。すみません。お詫びを申し上げます。私が無知でした。横浜監督のこれまでの作品を知っていれば、そんな思いをするはずもなく。>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.0

私、マーベル映画、アベンジャーズ系は観たことないのです。友人からはたくさんオススメされるのですが、どうにも巨大予算アクションは苦手でして。しかし、今作は大好きなフローレンス・ピューが出演ってことで鑑賞>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

1.0

自分で言うのもなんですが、ややこしいのとか、比喩だらけとか、禍々しいとか、不気味とか、大好物です。素直に観られない作品も好きな方です。しかし、、、本作は完全にダメでした。何が何やらサッパリ。わかるため>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.5

まず、この作品を世に届けた製作陣、配給会社、上映会社の皆様に感謝と畏敬の念を伝えたいです。また、内情を伝えるために命をかけたであろう脱北者の方々に。

諸外国の内政状況については時々ニュースで知ること
>>続きを読む

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.5

頭でわかってても、自分で自分をわからせたとしても、魂まで理解できるものではないよな。家族については。

本音を言いあい、尊重して、理解し合い、抱き合い、許しあい、認めあい、受け入れあう。

最後の最後
>>続きを読む

バケモン(2021年製作の映画)

1.5

鶴瓶さんは芸人なんですね。根っからの。そして、アーティストでもあるとおもいました。いや、落語はじめ話芸をよく知っていないからなんでしょうね。
彼が芸にこれほどこだわっているとは知らなかったし、鶴瓶話の
>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

4.0

観て良かったと心底おもいました。
作品を通して今の自分の生活では味わえない景色や感情、人間人々と触れ合えたからなのだと思います。
主人公のウゲンはきっと僕自身なんだろうと。

豊かには色々な種類がある
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

2.0

僕は満足できなかったな。王道の展開にもかかわらず、味付けがイマイチ。どっちつかず、ツッコミ切らないし、詰め甘いし、とにかく作品の色が最後まで見えなかったです。

脚本賞って、どのあたりが評価ポイントだ
>>続きを読む

>|