KAZUさんの映画レビュー・感想・評価

KAZU

KAZU

東京都高円寺在住。音楽と映画の繋がりを好みます。いいかげん、映画館でポップコーンやめません?それよりも、ドーナッツとコーヒーを。

※レビューは面倒いので手抜き、文才皆無です
※ベストはロックな映画10選です。順ほぼ不同

映画(657)
ドラマ(14)

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

3.5

60~70年代の英国のポップカルチャーを題材にしたドキュメンタリー🇬🇧

「スウィンギンロンドン」「モッズ×ロッカーズ」「ビートルズ×ストーンズ」など大好きなワードばかりで非常に楽しみにし2019年の
>>続きを読む

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

3.8

ロッキー・ホラーショーと並び称される、カルトオペラ。ロックに魂を売り、悪魔と契約を結んだ男の話...阿鼻叫喚の演出過多。ようは、Queenの曲を実写化した映画だ(タイムリーネタ)。ドラマチックに進みと>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

4.2

『アンダー ザ・シルバーレイク』を鑑賞の後には本家のこちらを。ぜひ。

まず、視点、構成が面白い。主人公がアパートの住人を覗き見る視点とカメラワーク、大半が部屋の一室で物語は進む構成に否が応でも臨場感
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.9

🎍明けましておめでとうございます🎍

年始のバタバタからひと段落ついだところで、映画初めです。

「アメリカンビューティ」アメリカの美という題名にアメリカの中流家庭に巣食う闇を皮肉った秀作。いや〜怖い
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.0

2018年の映画納めは不朽の名作『サウンド オブ ミュージック』です。

小学生以来の鑑賞♫
音楽の授業で鑑賞したな!その当時も感動したおぼろげな記憶。ドレミの歌や作品そのものが授業の教材ですよね。ち
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.0

フランク・キャプラ監督が送る人生賛歌。

さて、遅くなりましたが皆様クリスマスはいかがでしたか?🎄私はクリスマス時期に観たいと思っていた、今作品でクリスマスを楽しみました。想像とは内容は違って、ファン
>>続きを読む

ビル・マーレイ・クリスマス(2015年製作の映画)

-

~ビル・マーレイと素敵なXmasを~
明日明後日のホームパーティのお供にぜひ今作品を!最高にあがるクリスマス!

ホテルの一室で繰り広げられるクリスマスパーティー。映画作品というより、クリスマスの歌特
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

-

オアシスは10代からリアルタイムで聞いてたし、本作でも描かれているブリットポップに熱くなっていた青春時代を蘇らせる、ファンには熱い作品でした!

フジで大合唱した『Wonderwall』は美しかったな
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

この映画が右なのか左なのかは別にアメリカ人でもないので、どうでもいいが、『反戦』という強烈なメッセージを一人の個を通して発しているのは十分に伝わった。

ヒーロー映画でもないし、地獄の黙示録のような戦
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.7

当時、まだ低予算映画しか撮ったことの無いほぼ無名に近い存在だったギャレスエドワーズ監督が大抜擢されたことで話題に。
ハリウッド大作でしかも完成されている、「ゴジラGODZILLA」を撮るのは容易では無
>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

3.5

闇が深すぎる。

自殺をテーマにした陰鬱なアニメーション。比較的ポジティブな終わり方をしてるようだが、全くそうは捉えれなかった。
自死を遂げた人たちに対する無情なまでの大円団のラスト。全くハッピーエン
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.5

〜タランティーノ関連作品を巡る旅⑨〜
原案・オリジナル脚本 Q.タランティーノ

脚本を勝手に変えられ、オリバーストーン監督とタランティーノ監督との間に遺恨が残った作品。タランティーノ曰く、1度も観て
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

4.2

〜タランティーノ関連作品を巡る旅⑧〜
タランティーノ脚本作品であり、その後のレザボア、パルプなどタランティーノ流の作品作りが至る所に散りばめられている、原点的な作品。

クラレンスとアラバマ。どうしよ
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.0

〜タランティーノ関連作品を巡る旅⑦〜
『Tarantino's All Time Best』

「地獄の黙示録」を観た後のような脱力感。CG、VFXでは絶対に出せない緊張感とハラハラ感、座席前後左右か
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

〜タランティーノ関連作品を巡る旅⑥〜

映画ファンなら誰もが知る、ホラー映画の金字塔。良くあるホラー映画10傑とかの特集では必ず上位に上がる名作ですね。
ヘイトフルエイトに大きく影響を与えたと言われて
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

そりゃ、わかってましたよ。
いまさらだけど、皆さんのレビュー見れば面白いか否かは。なによ、Sony Marvel Universeってさ、しかも次作がジャレッドレトかよって。これ、MCUを毛嫌いしてガ
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.4

昨今稀に見るカルト!笑

『アンダーザシルバーレイク』で不完全だったので、期待値高めで鑑賞!
で...前半のスローテンポ、アートに少し寄る感じが中々眠気を誘う。しかーーし、怒涛の後半!ボンデージに身を
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

とにかく、音響システムの良い環境で鑑賞してほしい。

Queenは約25年前、当事中坊だった私のアイドル。リアルタイムでは無いが、アルバムも集めた思いれのバンドだ。そのあと、音楽的嗜好も変化したりして
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

4.3

セイラーとルーラ。
この、焼き尽くすような純愛を見ろ!
この二人の前には、「ボニーとクライド」も「クラレンスとアラバマ」も霞む。リンチだから当然だけど。

とある訳ありの理由で実の母が仕組む殺し屋たち
>>続きを読む

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

4.2

秋の深まる軽井沢のロッジを借りて、ツイン・ピークスの世界に浸る遊びをしてきました!笑

デビッド・リンチ・リバイバルが叫ばれている昨今(勝手にそう思ってる)私は80年代のドラマ、ツイン・ピークスにどハ
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

4.1

早稲田松竹でデヴィッド・リンチ特集!
ロストハイウェイ×マルホランドドライブ

完全に理解の範疇を超えている。

ブルーベルベットもツインピークスもイレイザーヘッドもそれとなく分かる。全体像を見渡して
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.1

早稲田松竹でデヴィッド・リンチ特集!
ロストハイウェイ×マルホランドドライブ

もう、悪夢世界に4時間。幻覚剤でも打ち込まれたように、ズブズブとその世界に堕ちていきました。

事故に遭い記憶を失った女
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

これは見事。

Internetの世界、PC(& IPhone)の画面だけの構成で2時間ノンストップ、ダレることなく緊迫したサスペンスにChatのやりとり、Keyboard の音だけでこれだけ引き付け
>>続きを読む

太陽は光り輝く(1953年製作の映画)

3.8

名作

最近、タランティーノゆかり作品を見返していて、ウエスタンや南北戦争後のアメリカ🇺🇸を題材にした作品を良く見る。「ジャンゴ」では酷いほど徹底して黒人を虐げていたし、同じく南部の作品の「マンティン
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

5.0

絶対に観に行った方がよい。
もはや、説明するのもはばかる映画史に残る名作がIMAX上映!

もはや、体験。映画を体験するという意味においてはここまで圧倒されたのは初めてだ。しかも、幾度も鑑賞しストーリ
>>続きを読む

フェイク(1997年製作の映画)

3.7

隠れた名作。
ジョニデとアルパチーノの共演ということもあり、話題性は十分ありそうだが比較的知られていない。

イタリアンマフィアへの潜入捜査を続けながら、兄弟の盃を交わし兄貴分を裏切れない、心の葛藤や
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.7

デニーロのサイコっぷりも見ものだし、被害者である弁護士(ニックノルディ)のあまり好感できない、半端でしかないキャラ設定が逆に悪人デニーロに肩入れしたくもなります。
一方で主演・助演の二人を完璧に喰った
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.7

なんて、評価していいか別れるところ。

中盤まで様子のおかしい、リンチ的悪夢を見せられているようで、これは久々のパンチある映画に出会えそうだと胸躍らせたのだが、後半のホドロフスキ的カルト映画然とした風
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.7

輝くダイヤモンドの裏に潜む影、暴力、陰謀、そして金。

アフリカの紛争地域では子供を誘拐し戦士またはテロリストに洗脳していく。小学生ぐらいの子供が薬物漬けにされ、殺人マシーンに仕立てられる。メキシコの
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

<希望の彼方×犬ケ島 @早稲田松竹>
ヘンテコな日本描写つながりの両作品の併映を鑑賞してきました。

アメリカファーストを代表とした、自国優先主義、EUの反移民の流れにカリウスマキ監督流の皮肉と反発が
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

<希望の彼方×犬ケ島 @早稲田松竹>

アンダーソン監督の創り上げる、世界観は映画的価値にしても美術的価値にしても今後も世に残り続けるのは間違いない。今作も全編ストップモーションを細部にまで拘り、アニ
>>続きを読む

ジョン・カーペンターの 要塞警察(1976年製作の映画)

3.4

ジョン・カーペンター監督作は『ゼイリブ』がいちばん好きで、公開30周年のデジタルリマスター版を先日鑑賞してきました!レビュー漏れしていた今作品をあらためて。

ストリートギャングの攻防戦を、ゾンビ映画
>>続きを読む

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

4.3

90年代のユースカルチャーにおいて、最重要な映画作品と言えば『トレインスポッテイング』である事に異論はないと思う。当時のイギリスが抱えていた若年層の貧困、薬物問題、失業率や犯罪率などを余す事なく曝け出>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

4.0

先日鑑賞した「ゲットアウト」では人種差別反対!に対する欺瞞を暴き、冷や水を世にぶちまけた名作でしたが、80年代後期に人種問題に対する黒人側の問題を提起したこんな作品があったとはしりませんでした!

>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

アメリカに巣食う潜在的差別意識、リベラルの欺瞞を暴いた名作。単なるホラーと思うなかれ。

ようやく見ました!この脚本、映画のテーマと共にとても興味深かったです。
「差別はヨクナイ」誰もがわかってること
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.6

うぉっ!超懐かしい!
中1ぐらいにみて以来です。
あの当時はビデオ一泊400円だったので、当日レンタルで節約して借りたな。しかも、あまりの面白さに年ベスト級の神映画ランクインした思い出笑

地中から人
>>続きを読む

>|