KAZUさんの映画レビュー・感想・評価

KAZU

KAZU

東京都高円寺在住。音楽と映画の繋がりを好みます。

※レビューは面倒いので手抜き、文才皆無です
※ベストはロックな映画10選です。順ほぼ不同
#CINEMA_PARTY_FOOD

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

〜2017年は勝手にMarvel&DC Year〜
『マイティー・ソー ラグナロク』

びっくり!完璧にガーディアンズ ・オブ・ギャラクシーの大ヒットに寄せた悪ノリ、コミカル要素多めの、ソー。

MC
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.6

ウディ・アレン監督作品ってなぜか手が出ない。ほぼ、フォロワーさんからのレビューも何故か滅多に上がってこないし、オカンがうっとりしてる光景を子供ながらに目撃して以来、なぜか手が出なかった監督。

既出の
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

まるで、オシャレなポートレイトのようなかっこいい映画。衣装からインテリア、ファッション、音楽まで隙がない。
全篇に流れる「緩さ」や「隙」も、ある人から見るとダサく映る「崩し」た感じも全てが計算されたセ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.6

銭湯を舞台にした、「家族」と「命」を力強く描いた作品。アカデミー含めて数々の映画賞ノミネート、受賞ということで公開当時は盛り上がった記憶。フォロワーさんの評価も上々な作品。

圧倒的な存在感の宮沢りえ
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.4

ガンバレ、ベーコン兄貴!

気狂いじみたシリアス・キラー役の悪役ケヴィン・ベーコンが観れると思ったらズッコケた。要領の悪い何から何までガキに翻弄されるズッコケベーコンがそこにいます。
この、スタンドバ
>>続きを読む

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

3.3

鑑賞に相当な覚悟が必要です。雑食ですので低俗、悪趣味映画は好みで色々見てきたけど、それらを軽く超えるトラウマ映画。

きつかったー。

しかも、パッケージのコスプレ感もあり、彼女と過ごすハロウィンディ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

〜近未来・仮想世界を巡る旅 10
Road toブレードランナー2049〜終着

『ブレードランナー2049』

デッカードとレイチェルが酸性雨降りしきるLAを抜け出し、まだ観ぬ新天地へ向けて旅立って
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.8

〜近未来・仮想世界を巡る旅 ⑨
Road toブレードランナー2049〜

『ブレード・ランナー』
原作「アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」読了。
もう何度も鑑賞しその度に考察し、その深淵なストーリ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

80年代のニューウェーブ、ロックをまるでクラブDJのようにスタイリッシュにスピンしまくりながら、ストーリーが進むスパイアクション。冒頭からNEW ORDERのブルーマンデー!!好きなバンド三つ上げろと>>続きを読む

マッドストーン(1974年製作の映画)

3.3

マッドマックスのヒットに便乗して、原題の「Stone」に無理やり「Mad」をつけて公開されたようですが、我らがマッドマックスの原型として、一部のフリークスから支持を得ている作品!らしいです。

暗殺事
>>続きを読む

コーンヘッズ(1993年製作の映画)

3.6

有名なトンガリ頭!いろんなパロディーにも使われているので、映画を知らない人でもこのキャラクターは知っている人は多いのでは? 自分もそんな一人ですが、頭空っぽにして安心して見てられるユーモラスたっぷりの>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.3

T2が3Dスクリーンで蘇るということで、鑑賞してきました!初鑑賞からうん10年...。

VHS鑑賞で失禁モノの興奮をした中学時代から時は変わり3Dへと。時代は変わったな〜としみじみ(笑) 肝心の3D
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

〜近未来・仮想世界を巡る旅 ⑧
Road toブレードランナー2049〜

『マトリックス』

サイバーSFの金字塔であり、映画界のみならず様々なクリエイターに影響を与え続けている作品。今更ながらに鑑
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.6

だいぶ前に鑑賞したのですが、レビューに中々手を出せなかった。男性は手が出にくく、比較的女性フォロワーさんのレビューが多い印象。

先例の無い性適合手術を決意した夫婦の話ですが、アイナー(エディ・レッド
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

クリストファー・ノーランが描く、史上最大の救出作戦。

実写に拘り、その映像美はいまだかつてない程。プライベートライアンやハクソーリッジの様な四肢が吹っ飛び、内臓飛び出すショック映像の様なリアリティを
>>続きを読む

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

3.0

いやー酷いw
久々にこれほど酷いもんみましたわ。
超絶美形(巨パイ)がパイを惜しげもなくさらけ出すのはありがたいのですが、登場人物に誰一人と感情移入出来ねーでした。うっすいドラマ、脚本と演出がB級にも
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.6

〜近未来・仮想世界を巡る旅 ⑦
Road toブレードランナー2049〜

リュック・ベッソン監督の独創性が爆発した制作費100億越えのアクション超大作。
ブレードランナーを単純明快、明朗快活にしたよ
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

(前半レビューの続きです)

ストーリーは登場人物それぞれに痛みや苦しみを抱えながらも生きて、もがき苦しみながら夢や人生の道を歩んでいく、青春群像劇。菅田将暉さんの役作りにプロフェッショナルを感じます
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

鑑賞前に、この作品に深く関わった方とお酒をご一緒させて頂く機会があり作品に対する思いや情熱に感銘を受け、非常に楽しみにしていた作品。

前後半を含めると5時間弱という大作。昨今、前後半の映画が増えて来
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.9

The Stooges × Jim Jarmusch

ジャームッシュがストゥージズのドキュメンタリーでメガホンを取ると激震のニュースに世界中のパンクスを狂喜乱舞させた期待値マックスの今作品、鑑賞して
>>続きを読む

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(2015年製作の映画)

-

Perfumeのファンということでも無いですが、音楽ドキュメンタリーとして鑑賞。

トラックは消費されまくった時代錯誤的で、全く興味湧きませんが、彼女たちのキャラと日本では中々このクオリティで見かけな
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.4

過去20年で最も優れた作品の一つであり、『MAD MAX 怒りのデスロード』に近年では唯一対抗出来る名作中の名作。

キューブリックの『2001年〜』と比較されがち(アカデミー主要部門無視されまくった
>>続きを読む

クライ・ベイビー(1990年製作の映画)

3.9

初秋の気持ちいい夜にポータブル持ってラグ敷いて酒飲みながらワイワイと芝生の綺麗な公園で鑑賞🍺🍷

ジョン・ウォーターズ流B級アメリカングラフィティー。

セシルB鑑賞以来、すっかりトリコになった同監督
>>続きを読む

ムトゥ踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

3.8

冒頭から作品とは全く関係のない話から。

10代の頃インド放浪を数ヶ月したこともあり、何かとインド物には反応してしまいます。カレーライスはカレー粉ではなくスパイスから調合します。ここ最近、新大久保のス
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

コケにコケまくってる最近のDCの再起となる作品と米では大ヒットらしい作品。なるほど、ハリウッドアクション大作で女性主人公ということもあり、新たなマーケットの開拓にも成功し、現代の社会的女性の立場なるも>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

満を持して待ち望んでいた、我らがエドガー・ライト監督の最新作!
ミュージックラバーとしても愛して止まない同監督。今回もやってくれましたっ。

冒頭からJSBXのベルボトム!来日のたびにLive行ってた
>>続きを読む

ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間(1970年製作の映画)

-

『超私的音楽映画特集2017夏』
夏フェスシーズンに合わせて、音楽ムービー特集!ラスト!

なんかすっきりしない天候の8月でしたが、みなさんは夏を楽しめましたか?私は年甲斐もなくハメを外しすぎて身体の
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

〜2017年は勝手にMarvel&DC Year〜
『スパイダーマン・ホームカミング』

満を持していよいよスパイディーMCU参戦。アベンジャーズ内乱で電撃参戦を果たしたトム・ホランド演じる新しいスパ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

〜2017年は勝手にMarvel&DC Year 13〜
『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』

フェイズ3の始まりと後々のスパイダーマンホームカミングに繋がっていく、キャプテンアメリカ三作目。
>>続きを読む

ニューヨーク・ドール(2005年製作の映画)

4.0

『超私的音楽映画特集2017夏』
夏フェスシーズンに合わせて、音楽ムービー特集!第四弾&祝500マーク!

フジロックに続きサマソニ初日行ってきました〜。今年はフェス三昧、音楽三昧でしたが無論、映画も
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

-

終戦記念日を迎え..

1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本。連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化できずに
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

〜2017年は勝手にMarvel&DC Year 12〜
『アントマン』

MCU第12弾&フェイズ2最終章!
極小ヒーロー、アントマンのデビュー。
アリをパートナーにする元服役囚&バツイチのスーパー
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.8

まさに、塚本晋也監督の執念。

人間の業をさらけ出し、善も悪も解体し、死体を蹂躙し破壊しつづける90分。
戦争に美談など何一つない。72年前に大国から蹂躙されつくし、ファックされまくった日本。地獄の沙
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

前回のレビューでこの沖縄戦を「一つの家族」の視点から描いたドラマ制作「さとうきび畑の唄」と戦火の中の「一人の兵士」の信仰と闘いを描いたメルギブソン監督「ハクソーリッジ」をセット鑑賞。

約20万人とい
>>続きを読む

デトロイト・ロック・シティ(1999年製作の映画)

3.9

『超私的音楽映画特集2017夏』

夏フェスシーズンに合わせて、音楽ムービー特集してましたが、行ってきましたよ!フジロック。久々ということもあり最高のフェス旅でした。今だに体の節々が痛い..

今作品
>>続きを読む

さとうきび畑の唄(2003年製作の映画)

-

今作品の舞台地でもある石垣島、西表島の沖縄離島へ旅行に行ってきたのですが、たまたま日程が「沖縄慰霊の日」と重なり、改めて沖縄で起きた悲劇を映画を通して知ろうと思い立ち、鑑賞。

今作品は2003年制作
>>続きを読む

>|