LcK0812さんの映画レビュー・感想・評価

LcK0812

LcK0812

アクション映画が好きで、年間50本ほど見ています。
基本的に2019年以降に見たもののみ記録用として。

映画(34)
ドラマ(0)

グロック: 選ばれた武器(2018年製作の映画)

4.5

グロックがなぜアメリカで爆発的に受け入れられ、そして世界に広がったのか?
このテーマを性能面だけじゃなく、
ヒップホップなどのカルチャー面から追った作品。
グロックは韻を踏みやすいからギャングスタの象
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

配信で視聴。映画館で見るべきだったな。
ストーリーは普通。
怪獣も巨大ではなく、動物のパワーを見せつけてくる感じ。

ロック様はかっこよくて可愛かったです。
ほどほどに満足したけど、何回も見たいほどで
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

5.0

モスラかわいいよモスラ。

怪獣プロレスといい、キングギドラとの決戦を盛り上げるまでの展開といいオタク的に100点満点。
一般のお客さん向けにちゃんと人間ドラマも入れたし。
家族向け映画に仕立てつつ、
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

原作の小説はずいぶん前に読んでいて、その上での視聴です。
ヘプタポッドの音声や文字の表現にまず驚きました。
こう来たか。
映像化不可能とはよく言われますが、単純にスケールではなくこれほど難しい作品もな
>>続きを読む

チア男子!!(2019年製作の映画)

4.9

冒頭、大学の登校シーン。
GoProだろうか、ハンディかもしれない揺れが残る画面で
メインの7人が場面を移り変わりながらクローズアップされていく。
そして最後に大きく映るチア男子募集のポスター。
この
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

アメリカ人が考えた不思議の国イギリス。
舞台はWW2直後、まだ普通の会社員も田舎にコテージを持っている……という設定だが、子供を寄宿舎学校に入るあたりどうもアッパーよりのクラスらしい。
設定がふわふわ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.4

字幕で視聴。
デッドプールの声で喋るピカチュウを見に行ったら、意外にも「ポケモンがパートナーとしている世界」の作りこみがすごかった。
ただのネタ映画じゃない。
各ポケモンの能力がわかっていなくても、ス
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.4

喪失と再生の物語、
女たちの連帯を描いた映画として素晴らしかった。

しかし、いかんせん話が辛い。
ネトフリだったので、あまりにも話がつらすぎて途中で3回ほど止めてしまった。

こういう言い方は良くな
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

5.0

エンドゲーム後の再試聴。

インセンの残した言葉と行動、
ペッパーがくれた言葉、
トニー・スタークが選んだ言葉。
そのどれもが美しく、すばらしい物語の幕開けにふさわしかった。

今更ストーリーについて
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

素晴らしい映画だった。
キャラクター達の長い旅をここまで見せてもらったことへの感謝をまず述べたい。

だがそれでも、私がこの映画に満点をつけることはない。
長いシリーズが続くにあたって、
生身の俳優を
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

5.0

雪山で、狩りをする男がいる。
立派な角をもつ牡鹿に狙いを定め、慎重に弓を構えた。
牡鹿には、付き従う妻子があった。
それを見た男は、ゆっくりと弓を降ろした。

こんなにも最高な主人公の登場シーンがあり
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

4.6

マイベスト加藤諒。
去年劇場で見たのを思い出しつつなのだが、題材の重さよりも余韻の爽やかさが印象に残ってる。
悪役が最後に自分語りしはじめたのがちょっとサムくて、主人公側と対比させたいならもう一言セリ
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

5.0

ついに主演か……思えば感慨深い。彼をはじめて役者として認識したのはグランド・マスターだが、美しさ、色気、アクションのキレ全てが揃った素晴らしい役者さんだった。
イップマン継承が当たったために作られた今
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

4.2

警察とヤクザ両方から追われるウォンビンがひたすら美しい。
しかし主人公の悲劇性を上げるためとはいえ、警察の処理がちょっと雑なのは途中から気になった。

明日を生きてるやつは、今日を生きてるやつに殺され
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.9

懐かしさには致死量がある。
誰の言葉か忘れたけど、ニルヴァーナがかかった時ちょっと思い出した。

90年代の再現、曲の使いかた、キャラクター、脚本のすべてが素晴らしい。
なのに-0.1点したのは、フュ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく配信で見てはいけない映画だった。
テイラー・シェリダン×ドゥニ・ヴィルヌーブですよ。
ヘビー級のガチマッチであり、戦闘シーンやテーマの重苦しさも去ることながら、そう来たかと唸らされたプロット
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

ストーリー、作画、キャラクター、音楽すべて満点でした。
これがアカデミー賞をとらなかったら、他になにが取れるんだろうと思うぐらい素晴らしい映画。
2D吹替で見たがIMAXや爆音も試したい。
公開時期が
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」(2019年製作の映画)

4.2

様々なスピンオフを経て、ようやく描かれた狡噛慎也のその後。

いつまでも刑事にこだわり、前線に立ち続けた男はどこへ行くのか。
文豪、菊池寛の同タイトルにのせて語られる姿はすこし悲しく美しかった。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

犬と子供がかわいそうな映画は見たくないので、避けていたがレンタルで視聴。
モチーフのとりかたが素晴らしく、犬たちと子供の友情を中心としたいい映画だった。
最後に出てくるレオナール・フジタなど、元ネタを
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

4.1

テレビ2シリーズ、前作の劇場版を見てはじめて楽しめる映画だった。
ファンとしてはキャラクターのその後が垣間見れて嬉しかった。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

俺たちの東映への課金が埼玉になってしまった……
このバカバカしさ、嫌いじゃない。

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

4.2

突然事故で死んだ男、残された妻と子、そして愛人。
どうして妻は夫の留守電を聞かないのか、いつまで秘密は保たれるのかといったスリルが映画をどんどん進めてくれる。
お互いの抱える秘密や文化の違い、失ったも
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

才能のある子どもにとって、適切な教育とはなにか。
素晴らしい数学の才能に恵まれた子供に、
ふさわしい教育を与えるのは人類や世界のためになるかもしれない。
でも人間として社会性を持たなければ、
大人にな
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.8

アメリカやカナダで実際に起きている事件を題材にとった作品。
ひたすら厳しい自然と、そこに住む傷ついた人々の描写は痛々しいのに時にハッとするほど美しい。

サスペンスとしてよく出来た、二転三転する展開が
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.9

最強パンクおばあちゃんの映画。
御年77歳の彼女はいまでもデザインの最前線に立ち続け、最新の服を着続けてる。

セックス・ピストルズの時代は生まれてないので、
てっきり成功したものだと思ってたがそうじ
>>続きを読む

PRINCE OF LEGEND(2019年製作の映画)

4.6

笑って、笑いすぎてお腹がいたくなってきたころにいきなり本気の胸キュン展開がきたから、やられた~~~と思ってるうちに終わりました。
どこまでもエンターテイメントに徹した、ちゃんと女の子のための映画です。
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.5

舞台はブレグジット前のイギリス、ヨークシャーの家族経営農場。
屋根もない山小屋や崩れた石垣、足が悪く介護が必要な父親と高齢の祖母。
いつ潰れてもおかしくない限界の環境に主人公はいる。
手伝いにきた移民
>>続きを読む

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.0

以前にも見たのだが、Amazonで100円レンタルになっていたので再視聴。
ヒップホップの歴史を学ぶ映画としては、ストレイト・アウタ・コンプトンの続編にあたると言ってもいい。
ドクター・ドレーやアイス
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

マカヴォイの演技力は凄い。それだけの話。
宣伝では3VS23とあるが、映画に出てくるのは主に6人。
雰囲気だけじゃなく体格まで変わったように見せてるのはすごいし、攫われた女性たちの戸惑いもよく伝わるか
>>続きを読む

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.5

最初と最後の数分だけでスコア3上げた。

いわゆる「泣ける映画」である。
予告の段階からなんぼなんでも病人が多すぎでは、と思っていて普段ならぜったい見ないタイプの映画だが出ている俳優が気になって見た。
>>続きを読む

jam(2018年製作の映画)

3.5

好き嫌いでいえば好きだが、人に勧めるのは躊躇する映画。

売れない演歌歌手ヒロシとそのファンの見せ方を笑えるのは、
自分を俯瞰して見られるファンか男性客ぐらいでしょう。
映画が終わって静まり返った劇場
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

4.5

平成ライダーを、ずっと見続けてきてよかった。
本気でそう思える映画でした。

スタッフさん、役者さんからのありがとう忘れないを、
いつまでも往時を忘れられないファンとして受け取れたこと、
最高に幸せな
>>続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow(2019年製作の映画)

1.5

【よかった部分】
曲がとにかく素晴らしい。
引退した三年生、解散したSaintSnowにも見せ場があった。
ライブシーンの演出には、いくつも驚きがあって見応えがある。

【悪かった部分】
現実のアクア
>>続きを読む

映画 刀剣乱舞-継承-(2018年製作の映画)

4.5

ゲームをやり、舞台も見ていましたが、正直そこまで期待せずに行ったらすっかり夢中になってしまいました。
脚本の小林靖子さんはもとより時代劇が好きで、歴史にも詳しいと知ってはいましたがここまでとは。歴史を
>>続きを読む