むささびさんの映画レビュー・感想・評価

むささび

むささび

映画(407)
ドラマ(36)

ビューティフル ドリーマー(2020年製作の映画)

4.0


最高です。

すごく不思議な映画だったな。今までに体験したことのないにやにや笑

いろんな時空を?世界線を?超えてたというか融合してたというか。

ドキュメンタリーにも一瞬見えるけどやっぱり違ってフ
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.2


こういう映画好きなはずなんだけどな
演技すごかったんだけどな

私の問題かな

涙が一滴もでなかった。
なにもうごなかった。

なんでかな

泣けない主人公だからかな
昨日もそうだったからかな

空に住む(2020年製作の映画)

-


人がおすすめした映画をその瞬間に見ると、この人はどんなとこが好きだったんだろうとか思いながら見ちゃうから、よくないね。

純粋な自分の感性で素直に見たい。

カッコつけてるキザでダサい有名人ともみれ
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.6


女の子がかなり動物的で、映像がとても綺麗で、音楽も素敵で、気づいたら泣いてたなー。

望み(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


すばらしかった

ただ生きててほしいの。

息子を信じたい。

この2つの想いがぶつかって喧嘩になる。なんて残酷。

あんなに明るかった妹が。

お兄ちゃんがどんな性格だったかが、周りの様子を見てだ
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.6


一生ものを描く映画はあんまり好きじゃない。そのワンシーンごとがもったいないというか物足りないんだよね。

でも素敵な映画でした。

家族のおはなし

浅田雅史という人の魅力がたっぷりと伝わってきた。
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8


明日死ぬとしたら何を大切にして今を生きたいか。

死と隣り合わせで常に生きてたら自分は何を大切に生きるのか。想像できないかもしれない。

この映画見る人で着眼点がいろいろありそう。

自分の理想的な
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.3


こういう作品見ると良いも悪いも評価つけること自体おこがましく思う。まぁどんな作品でもそうか笑

いや高橋一生と蒼井優のコンビはもう最強かもしれん。あと何作品共演作がでても飽きない自信ある。

愛。正
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.4


お一人様肯定派の人🙋‍♀️

自分のためだけに動ける時間って素晴らしい☺︎

妹の行き着く先がお姉ちゃんみたいな生活かな?

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.3


こういうチープなラブコメみたいときってあるよね笑
 
小学生のとき好きだったなー

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


近い。うるさい。騒がしい。でも、あれ?なんだこの映像おしゃれじゃない?
おしゃれすぎるよーーーーって。

あ、この人おしゃれな人だ。こわいな。みたいなおしゃれさ。

あのーマキシムみたいに言葉にいち
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


たまたま自己同一性についての本を今読んでいて、理解に苦しんでる途中で笑

休憩中に頭を空っぽにしたいからなんかアホっぽい映画でも見ようと思ってつけただけなのに笑笑

なんてわかりやすい映画なんだ。想
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

3.6


桃井かおりがすばらしい。独特な雰囲気はあるのに可愛いという不思議な魅力。常に困ってそうな顔なのに気の強さも垣間見える。こんな人いそうでいなそうでいたって感じの絶妙なライン。桃井かおりによってこの作品
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


おもしろかったけど、トレーラー見過ぎたな笑笑

いいシーンは全部見てたみたい😭

もうちょっと鬼嫁の愛情を垣間見てみたかったっていう感想もある。

あんな風にいつもプリプリしてる奥さんいるいる笑笑

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.8


こんなえぐいの久しぶりに観たわ。

これが観れるようになった自分にも驚くな。

終始グロテクだけど、最後の展開はもう。すごいですねこの監督。

タランティーノかん。

でんでんの演技幅はどこまで広が
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


池松壮亮の演技って狂ったことしてても熱がありすぎておかしさ通り超すときあるよね。

非人道的なことしてるのにあの3人見てると楽しそうだから、その世界の価値観にのまれてしまう。いいんじゃないかなとまで
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.0


なんでお母さん別人なの?主人公も違うの?
一緒なの男の子だけでもはや別作品。


続編とは。🙃

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.0


探して、わーーーー見つけて、わーーーーー脱出しなしゃ、わーーーーー。ちゃんちゃん

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


お酒を飲みながらだったからかなんか不思議な感覚になったなー。リアリティあるようで幻想的な空気感も漂う両極のものを持ってる。って思ったけど案外リアリティを極めた映画って幻想的に見える映画が多かったりも
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.5


テンポ早くてついてくの大変だったけど、それがなんだか余計にあっという間に世の中に飲み込まれてしまう感覚にもなった。

あのときは大事だったのに今じゃ日常だね、ってセリフが印象的。

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.7


地味に初めてちゃんと全部見たんだ。

映画館ってすごい迫力だ。
ジブリを映画館で初めて見て改めて気づかされたーーー
違うのも見に行こ


ジブリは音が好きだ。


こわいこわい😦

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.7


こういう日常ものって泣ける。

常に大袈裟でなく平凡に流れる時間が節々で涙をそそる。

母親愛強し。

半落ち(2003年製作の映画)

3.6


何かを守るためにいろんな人が嘘を見逃してたけど、何から守っていたのか、裁判の知識なさ過ぎていまいちわからなかった。

取り上げる題材が絶妙な気がする。地方裁判所で終了させてしまわねばと、思わせるほど
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.6


ぜいたくぅ〜

妻夫木聡が主役がないとはこういうことか。
うん。物足りない。笑このままザ・マジックアワー始まってほしかったもんね笑

佐藤健、志尊淳、池田エライザは本当にワンシーンだけじゃないか!!
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます


ゾンビ映画初心者がみる映画じゃないなこれ笑笑

ゾンビがでてきてやられちゃう。それだけにしか思えなかった笑笑

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


短いし、言葉を交わしているセリフも少ないからなんだか感情移入しづらくて、始めて見たときは最後の展開についていけなかった。

でも今見たら、ほとんどがモノローグで話が進んでいくのも、無言の時間が多かっ
>>続きを読む

>|