mz5150さんの映画レビュー・感想・評価

mz5150

mz5150

映画(348)
ドラマ(0)
  • 348Marks
  • 348Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

3.0

同じヘストン主演だがラストのショッキング感は猿の惑星と被った。今初見で見ると演出のチープさ感じる。しかし2022年まであと4年とは・・・

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

女性が主人公でハリウッドアクションではセールス含めて最高の出来だろうザックスナイダーが作り上げた演出が女性にも有効だった。DCはこのままマーベルよりシリアスより製作お願いします。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

2作目も完璧な出来、前作よりバジェットが上がったであろう影響か前作のチープスパイ的な部分が若干後退してハリウッド的なスケールになってた。

相変わらず英国紳士とヒャッハーアメリカンの対比が面白いがナポ
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

ゴールデンサークル観る前におさらい二度目、オースティンパワーズと同じく古き良きスパイ物へのリスペクトと斬新なアクション演出とが上手くミックス、ダニエルクレイグ007やジェイソンボーンで無くしてしまった>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

4.5

Abema吹き替え、ゴールデンハーベストのジングルからエンディングのNG集まで完璧な娯楽アクションコメディ映画、ネット配信とはいえ放映時間を待ってTVで吹き替え映画を観たのは何年ぶりだろう。

よく言
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

3.5

スリービルボード観たばかりでアレが母は強しならコレは父は強しかな、演出はかなり好みだった。マイケルシャノンの強面の父親が息子を思う演技が素晴らしく相棒の警官やキルスティンダンスト他の出演者も地味だが、>>続きを読む

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー(2012年製作の映画)

2.9

二度目だったが悪くない、ベルギーの街並みは美しくテンプレ工作員物で緊迫感も余り無いがストーリーもサクサク進むし娘との交流も良く圧倒的強さのアクションではなかったのが地味だが良かった。ただキュリレンコの>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ギレルモのテイストが出たアメリカ50sや美術は素晴らしい完成度、大量の水が使用されてるがパンズラビリンスより乾いたテイストはハリウッド製作だからか、何かしらハンデを背負う人間との異種間交流が丁寧にファ>>続きを読む

Be Cool/ビー・クール(2005年製作の映画)

3.4

アマプラ、前作をトレースする構成展開ながら楽しめる胡散臭い連中の会話劇、たまに挟み込まれる音楽映画へのリスペクトと退屈しない出来、ドゥウェインがまだザロックの名前で端役を演じて新鮮だった。

エアロに
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

3.5

良くやったな前作の失敗を踏まえて軌道修正、今作では中国のアフリカ権益を守るテンプレ国策映画は変わらないがアクション演出は見事に改善、中国人が共産ゲリラと戦うギャグかと思う導入部からウージンのアクション>>続きを読む

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて(2014年製作の映画)

2.7

テッドのセスマクファーレンらしいゲスい会話だがシャーリーズセロンとニーソンの前では監督兼主人公のインパクトが少し弱いかな、主人公他人に任せた方が良かったと思う。コメディアンが醸し出す独特の雰囲気や演技>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.6

母は強しマクドーマンドは小柄なはずだかデカく見える、久し振りにウディハレルソンがマトモな人間をやってるような気が、サムロックウェルはいつもの酔いどれ天使な感じ。

登場人物の背景が肉厚で興味を引く、中
>>続きを読む

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

2.4

ジャケのあのT3の監督が!は宣伝効果がマイナスだと思うのだがどうだろう。

スイスフランスイギリスの冬の景色閉塞感は映像として良かった。主役サムワシントンの少女を守る動機が薄く感じた。ヤク中設定も生き
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.9

ニコラス刑事の役作りは糖質感出ててかなり良いが、周りのキャラに面白みが無く空回りの印象、カヌー倒したりオサマとの日本刀での戦いとかベタなギャグが面白くもう少し増やしても良かったな、もう少しバジェットあ>>続きを読む

ゲット・ショーティ(1995年製作の映画)

3.7

BeCool見る前に復習レンタル、エルモアレナードの小説が元ネタみたいで悪漢小説と三文小説の美味しいとこ取りコメディとしても優秀、登場人物皆胡散臭い会話劇、映画好きヤクザ役のトラボルタの煙草の吸い方が>>続きを読む

三国志英傑伝 関羽(2011年製作の映画)

3.0

アマプラ、決して傑作ではないが曹操と関羽のブレない交わらない心情が心に響く、ドニーさんのアクション演出も時代設定を考慮してか奇をてらわず丁寧な印象ベストは韓福後の室内戦が良かったな。

曹操役のチアン
>>続きを読む

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

3.0

英国産の良質なブラックコメディであった。マザコン気味で空回りのバーニーと良くしゃべる母親もいい味出してる、モンティパイソンの殺人バーバーショップの設定も浮かんできた。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

2.9

教師と少女の距離感が良かったな、ヤク中教師がヤクに絡む少女を救いたいと思う矛盾や歴史の授業内容がリンクしてるようなきがす。

運び屋になる少女からヤクを買い取ったシーンは意図的に仕組んだと思いたい。関
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.3

飯テロ映画、天才シェフの小さな挫折と復活劇、前半のオーナーと主人公がユダヤ系で部下がラテンと有色人種の構造にアメリカの支配構造が見えたのは俺だけ?後半のロードムービーも含め軽い演出で良い意味でお気楽映>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0

ザックエフロン出演のコメディでは一番良かったな、意外に受け身の振り回され役が似合ってた。デニーロの口の悪さとリタイアファッションがチグハグ感あったようなきがす。デニーロの懸垂シーンでニヤッとした。

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

3.3

評価低いが期待せずに見るとなかなかの出来、性癖が歪な兄弟・抑圧的近親相姦まで匂わす母親、追い詰める冷酷なボス警官のバイオレンス復讐劇が少ないセリフと赤を基調にしたアートな映像で再現される。

未見のホ
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.4

サスペンスとしては少し薄口かなと思うが、ロシアマフィア家族ドラマ&脱出記としては上々だった。素人カップルが巻き込まれる展開としては適度な緊迫感、素人がグイグイ出しゃばらない適度な演出だった。

裏切り
>>続きを読む

ヘッド・ショット(2016年製作の映画)

3.2

暗殺者に育てられた男の過去の精算、単純なストーリーで主人公はボコボコにされる、良く生還出来たと思えるほど劣勢に立たされっぱなし、ラスボス戦にシラットらしさが見受けられた以外はバイオレンスとリアリティ優>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.6

筋トレし過ぎで脳まで筋肉になったマッチョ3人のハチャメチャブラックコメディ、実話とは思えない馬鹿ぶりを発揮、無計画無軌道行き当たりばったりの犯罪なのだが、頭悪すぎで笑ってしまう。3人の役者達も普段より>>続きを読む

黒衣の刺客(2015年製作の映画)

2.8

嬉しいね今日登った書写山円教寺の食堂がロケ地に使われていた、かなり日本ロケを敢行したみたいで日本の仏閣と思われるシーンが多々見受けられる。

映像は圧倒的に美しくシルキー写真趣味にしてる人はこういう構
>>続きを読む

ベイブ(1995年製作の映画)

3.3

動物の調教が凄すぎどれだけ時間かかったのだろうか?まだCGではないと思うが口の動きとかどないして撮ったのだろうか?ジェームスクロムウェルや農夫や観客のブリティッシュなファッションも素晴らしく参考にした>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.0

コリンファースの三枚目も珍しい、あまり似合ってないと思ったがホテルでの展開などは古典的だが楽しめた。オープニングのアニメや音楽もピンクパンサー辺りのテイストでこの映画にマッチしてた。アランリックマンも>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.6

またスクープものかと思っているとなんと誤報の後始末記とは裏をかかれた。原作のタイトル真実と責任がこの映画を象徴している。

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

2.5

アマプラ、前作もノリについて行けず、今作は少し馴れたが相変わらず会話が面白くない。アメリカ人がポップコーン食べながらゲラ笑うのは想像出来る。

ネイバーズ(2014年製作の映画)

2.4

何ヶ所か笑えるシーンがあったが、学生側とオッサン側の会話のノリが同じ一本調子であまり楽しめず。

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

4.0

ラスト30分ネタバレ後の選択は非常に難しい、後味も悲しいな。誰も得しない選択をする主人公の価値観正義感、殆どが警官叔父側を応援してしまう状況での究極の選択は誰も幸せにならないかも。

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.8

スポットライトと同じく見応えのある作品、新聞記者が裏を取りながら真相に迫る。理解のある管理職や幹部に尻を叩かれながら2人の部下がウォーターゲート事件に迫ると同時に身の危険を感じる。

レッドフォードと
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊vsPLA特殊部隊(2015年製作の映画)

2.7

ウージン監督主演による国策映画かと思う脚本、続編がヒットしたみたいで今作も期待したが凡庸な内容に、冒頭のCGがチャチイは特殊部隊もののテンプレてんこ盛りでありがちな展開演出にも稚拙な部分があり、子供の>>続きを読む

名探偵ゴッド・アイ(2013年製作の映画)

3.4

ゴールデンスパイを見てると全てのアンディラウ作品が許され極上に見えてくる。シリアス展開ものと思いきや、グルメとラヴコメ時々探偵の娯楽作品、軽いノリのアンディラウも相棒の女刑事もラムシューも良かった。

インターセプション 盗聴戦(2014年製作の映画)

2.8

お帰りンマンタ!シンチーの相方が帰って来ましたよ!

盗聴シリーズ第三弾尻すぼみで面白くなくなる。盗聴による身バレの危険などのスリルもなく、ただの覗き魔に成り下がり単なる地上げ屋ドラマになってしまうは
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.0

アマプラ、隣人の狂気疑心暗鬼に陥るブリッジスと静かな狂気が一定の緊張感を生み、オチにはハッとさせられラストは悲しみに溢れる。

対人関係が隣人と主人公家族とシンプルな構成ながら先が読めない展開がいい緊
>>続きを読む

>|