mz5150さんの映画レビュー・感想・評価

mz5150

mz5150

  • 162Marks
  • 162Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

修羅の剣士(2016年製作の映画)

3.5

なんと古龍原作の武侠小説の映画化しかもショウブラ時代のリメイクでもある嬉しすぎる。

翻訳された古龍作品は全て読んでるが、古龍らしい世界観としか言いようがない。とにかくキャラ立ちが良い、敵味方関係なく
>>続きを読む

超級護衛 スーパー・ボディガード(2016年製作の映画)

1.1

チャーリーヤンとコリンチョウの出番少な過ぎ、主人公は40年前の真田広之をブサイクにした感じ、正直作品には期待していなかったが、冒頭の製作会社が北京~ばかりで嫌な予感したがそれが的中。

説明不足の脚本
>>続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

3.5

懐かしい戦争映画みたいなサントラが良かった。少し人物の掘り下げが薄い感じはあるが良作、スリリングにし過ぎず娯楽映画に留めた作り方も好感する。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.5

面白く見させてもらった勉強になります。リーマンショックを見抜いた変態さん達が個性的でスティーブカレルはエンドロールまで気づかなかった。

証券会社側から描いたマージンコールと表裏一体な印象近いうちに見
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

2.6

じいさん無理すんなよ、内容をとやかく言う映画ではない。名優達の小気味良い会話を楽しみましょう。

モーターウェイ(2012年製作の映画)

2.8

アマプラ
カーチェイスだけが主成分のアクション映画、ワイスピやタクシーよりスピード感は劣るが悪くない。カーチェイスメインのためシンプルな人間関係で構成されてるストーリーも悪くない。アンソニーウォンは最
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.2

ティムバートンらしい世界観、音楽ダニーエルフマンではないのは仲違いでもしたのかな。

ワザとグロさやホラー要素を控えめにし、レーティング低めに押さえてるようなきがす。

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

4.4

アマプラ何度見ても面白い傑作、スナイパー物の中で最上級の娯楽映画。導入から騙し討ち逃亡復讐へと緊張感ありながらテンポ良く話が転って行く。

シリアスになり過ぎず娯楽映画として成立してるのが良い。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.1

警官のマークウォルバークが主演だが、テロリスト・被害者・警察・FBI・政治家が事件の解決に向かって動くプチ群像劇の様なスタイルが良い。

最近の事件で覚えてるが、結果は分かっていても面白いエンドも感動
>>続きを読む

CHIPS/チップス(2017年製作の映画)

3.1

スタスキー&ハッチがリメイクされたとき、次はジョン&パンチと思ったがリメイクされるまで時間かかったな。覚えてるのはテーマ曲ぐらいだった。

こういうリメイクはどこで、この後ご本人さん登場を楽しむもの。
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.7

食わず嫌いを無くそう!クリントイーストウッド監督作品二本目

ミステリーあまり見ないが、コレはオーソドックスなミステリーだと思う。が面白く見れるのは、演出や脚本や設定が上手いのだろう。

デイブの人生
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

いたってシンプルな作りが地味な印象に、単独次回作があるかどうか分からないが導入編としてはまずまずの出来、CGは好み。アベンジャーズにスピリチュアル宇宙班はいらない。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.0

レヴェナントを先に見てるが、バードマンの反動でセリフ少なくしたのだろうか?ワンカット風ワンカメラ長回し長セリフ、ココまでワンカット風にこだわったのに、なぜ最後の回想シーンだけカット割りあったのだろうか>>続きを読む

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.0

監督交代キャスト一新の続編、製作脚本で参加のシンチー作品として見ると物足りないが、ツイハーク作品としてはまずまずの娯楽映画。

完璧主義のシンチーならもっと役者の表情で笑い取りにくるだろう、ツイハーク
>>続きを読む

西遊記 はじまりのはじまり(2013年製作の映画)

3.0

アマプラで二度目2を見る前に復習

シンチーのコメディとしてはギャグパート少なめだと思う。西遊記映画として普通に面白いが、シンチーの映画としては物足りない。人魚姫の方が好み。

ED曲何故Gメン?

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!(2014年製作の映画)

3.3

GYAOで無料前作見ていて良かった。前作知らなくても楽しめるが、細かいネタが散りばめられてるので見ていたほうがより楽しめる。

ギャグもパワーアップしてるし前作より好み。

ジム・キャリーはMr.ダマー(1994年製作の映画)

2.5

GYAOで2が無料の為予習初見、ジムキャリーがコメディに全フリしてる作品見るのは初めてかも、小6までなら爆笑しそうな作品、細かい顔芸やギャグの類は笑えるが、映画として面白いと思うには年齢が邪魔をする。>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.2

プロメテウスの後日談みたいだが、プロメテウスの内容全く覚えてなので困った。知ってたら見直してたのに残念、プロメテウス見ていないと分からん所あると思う。

今作は見ていて散漫で長く感じた、エイリアン登場
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.5

スターウォーズらしさ全開の外伝、座頭市丸パクリのドニーさん出番多くて嬉しい。だだフォースと共にを連呼するのは盲信してるみたいでいただけない、ココゾという場面で使うべきだった。

アナログな美術セットが
>>続きを読む

スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞(2016年製作の映画)

2.1

盛り上がりに欠ける映画、最初から出てる準主役の兄妹を途中退場させるし、兄の取引に惰性的で緊迫感がなく上手く機能していない。殺人犯を見つけようとする息子と仲間もストーリーに上手く絡めなかった。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

淡々とスクープの裏を取っていく記者達の苦労が報われてい行く過程が良かった。正義を振りかざさない感じや、議論がヒートアップする場面、キートンが過去にスクープを意図せずスルーした事を告白したシーンが好印象>>続きを読む

捜査官X(2011年製作の映画)

4.3

アマプラ二度目の鑑賞、ジミーウォング愛が止まらない傑作。

前半は刑事コロンボスタイルのミステリー、中盤から怒涛のクンフー劇へ、ラストは天皇巨星ジミーウォングと片腕カンフー素晴らし過ぎる。ED曲もどこ
>>続きを読む

ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官(2016年製作の映画)

3.9

ショウブラザースのロゴ復活しとるやんけ!

香港クライム映画らしいスリルある腹の探り合いが堪能出来る。出だし刑事のノリが軽くコメディと思ったらドンドンスリルが増していく素晴らしい映画。ニックチョンはや
>>続きを読む

サボテン・ブラザース(1986年製作の映画)

3.5

公開当時商業的失敗によりクソ映画扱いも、30年経つと伝説の映画へ。久しぶりに見たがジョンランディスとローンマイケルズの丁寧な仕事、3人のキャラ立ち振りが最高なコメディとして力作。

今回収穫は音楽をラ
>>続きを読む

七福星(1985年製作の映画)

3.5

GYAOに七福星くるー!懐かしすぎる!

ラストのジャッキーが映画で負けたまま終わったことがないとサモハンに猛抗議したと言われる、倉田保昭とのファイトまで頬が揺るみっばなしでした。サモハン・ジャッキー
>>続きを読む

パワー・ゲーム(2013年製作の映画)

2.5

ソファーに寝転がって、若者達の超薄口サスペンスを楽しみましょう。ごく平凡な映画である。

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

2.4

薄味のアル中親子劇もう少しシナリオに起伏が欲しい。

キック・オーバー(2011年製作の映画)

3.7

コレはいい悪漢ムービー、頭キレキレで普通に生きてたら犯罪者にならんやろレベルだが、ラストまで軽快で痛快。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

前半90分くらいはジェリコの記憶が入れ替わるたびに映画の勢いを止めてるかなと思いながら見ていたが、ラスト30分の嫁娘と交流後は素晴らしくまとめられてる。

西遊記 孫悟空 VS 白骨夫人(2016年製作の映画)

2.7

ドニーさんのモンキーマジックの続編扱いなのね、前作見なくても良い作りにはなっている。西遊記に世界一厳しい目を持つ日本人ならこんなものか。吹き替えマチャアキやってくれないかな。

ケリーチャン久しぶり。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

1.8

これはキツイ、お気楽ロードムービーと思いきや、見るものの家族感や社会性を考えさせる踏み絵みたい。ロードムービー要素もあまりない。

現実と区別すべきだが、ああいうタイプの親がどうしても好きになれない。
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

2.7

キッドマン40歳は無理が・・・いや可愛いからええか

アマプラ薄味のサスペンス劇場

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.1

ヴィルヌーブは複製された男とメッセージは見てるが、オレンジ系の色使いか特徴か白熱灯のような色使いが映像に挟み込まれてる。相変わらず音で不安を煽るのが上手いな。

父親の狂気と冷静な刑事の執着がアクセン
>>続きを読む

人魚姫(2016年製作の映画)

3.5

西遊記より面白い。がやはりチャウシンチーに出演して欲しい。映像特典のシンチーの指導見てるとシンチーが一番演技上手い。

ラスト・シャンハイ(2012年製作の映画)

3.5

アマプラ初見だと思いきや、ラストの京劇シーンで見てたのウッカリ思い出す。良質なメロドラマにチョウユンファのガンアクションが加味されてる。銃を持ったユンファの様になることなんの。

アジアの黒豹こと倉田
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.1

後半の沖縄戦の重たいこと、少し前に見たダンケルクのほうが好みではあるが良作。戦場が沖縄に見えないのは仕方なし日本軍は中華が演じてるのだろう。信念を通して相手が認識を改めるのは両者とも根性いる。