TadanobuOzawaさんの映画レビュー・感想・評価

TadanobuOzawa

TadanobuOzawa

映画(50)
ドラマ(0)

劇場版 ドーラといっしょに大冒険(2019年製作の映画)

5.0

--ヒロインのドーラが素敵で可愛すぎ❗️
 一緒に歌ったり、踊ったりしたくなる‼️

 南米のジャングルで16才まで育ったドーラ。ロスアンゼルスのハイスクールに行って、探検に行ってる両親のために誘拐さ
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

-

--
 レビューしたところで監督リチャード・ケリー氏の解説を読むと全く違う内容という事が分かる。

 なぜなら、「重要な役割を果たしている人物を登場させていない」うえに「存在を匂わせる演出すらしていな
>>続きを読む

ビッグ・バグズ・パニック(2009年製作の映画)

3.8

-- 超グラインドムービー

 モンスターパニック+コメディ。
 主人公がユルくて終始緊張感がないところが良かった。

21世紀の資本(2017年製作の映画)

4.5

--資本主義が労働力を必要としなくなる世界とは?
 
 資本主義が労働力を必要としなくなる時、民主主義が機能しないと悲惨なことになる。 
 なぜなら、それは、エリートにとって民衆が不要となるから。
 
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

5.0

--
 二人の男に顔面を殴られ続ける女性
 それでも、彼女は口を割らない
 女性は、死ぬまで殴られ続けた
 それでも、私たちが正しいと訴え続けた

 目の前で友が殴られている
 それでも、私は生き延び
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

5.0

--
 妹は初潮がくると雑貨屋の主へ嫁に出された。
 雑貨屋の主はすぐに妹を妊娠させた。
 雑貨屋の主は病院に行かず、妹を殺した。
 僕は、雑貨屋の主を包丁で刺した。

 僕は12才になった。

 両
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

1.0

 男が過去の男を全て忘れさせるセックスが出来ればね、こういうのは起きないと思う。

 女性は、出産適齢期があるから、焦っちゃうとは思うけど。

 演技は皆さん上手でした。
 

mellow(2020年製作の映画)

1.0

スモーク、ブルーインザフェイスを思い出したな。古い記憶なのでアテにはならないけど。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

5.0

--ミッドサマー

 テーマが好みでした。
 そして、映像も音楽も美しいです。
 日本映画風なカットも多いです。

 難を言うと、寝所シーン前後のセリフて物語の殆どを語ってしまっていることくらいかな。
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

5.0

--

 怖くないです。
 ビックリするシーンも1箇所です。

 ホラー映画としては0点。
 社会派映画とするなら5.0です。

 スゴいです。

 あ、先ず、物語の流れは、「その村に行った人が死んじ
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

5.0

--

 ミュージカルのライブをたくさん観ている方こそ楽しめる映画だと思います。

 ミュージカルやお芝居を観たことない方は、観ない方が良いです。

 特に、「よくある有名なミュージカルだし、劇団四季
>>続きを読む

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

-

--
 テーマは良かったけど、台本や演出がダメだったと思う。セリフと展開のテンポで少しは飽きずに見れたけど。

 株式投資トレーダー会社同士で通信の速さを競う実話を元にした映画。トレーダーはNYとカン
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

5.0

--
 テロの実行犯はピュアな少年たちです。

 殺人行為を擁護したくないのですが、このホテル・ムンバイの実行犯は物心がつく前から「異教徒が全てを奪った」と教えを受けたイスラム教徒の少年たちです。民主
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

-

--

 絶対泣いてやる!思いっきり泣いてやる❗️と思って観たけど、ハマらず。泣ける人いるのか?

 あ、犬が死ぬから全く泣けないワケじゃないです。

 元々僕は、子供のころから悲しいとか寂しいの感情
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

-

--
 ホラーはなるべく見るようにしています。チョーアタリがあるから。

 滅多にないけど。。。
 コレ見て滅多にないんだなと強く実感。

 やっぱり、心霊モノよりもモンスターモノが良い。

 とは言
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

5.0

--
 チョーヤベー。オシャレでカッコイイ。
 そして、なにより美しい。
 アルゼンチンにいた強盗殺人犯の実話を元にした物語。

 主人公は欲しい物を手に入れるためにはなんでもする。家に侵入する時は窓
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

4.5

--
 この映画のテーマは孤独ではありません。「孤独と孤高の対比」がテーマです。それを仕事の責任感を通じて登場人物のセリフで表現されて展開していきます。

 「1人が寂しくない人」と「1人が寂しい人」
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

--
 旅先の大分で観ました。

 結論か言うとかなり泣きました。観て良かったです。

 昼過ぎから観て外に出た時はまだ明るい時間でした。山の中にあるイオンの映画館だったのですが、外に出た時に作中のシ
>>続きを読む

貞子(2019年製作の映画)

3.5

--

 貞子で貸し切り状態でした!映画館さん、これはドッキリするとこデショ‼️‼️
 終わったら、後ろに貞子が座ってるとかサ。せめて、エンドロールが終わっても証明点けないとか仕掛けて欲しかった❗️上
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

4.5

--

 良かった❗️面白かった‼️

 ネタバレするから書かないけど、物語の工夫が一箇所あって良いスパイスでした❗️

 主人公家族が狙われるまでに時間をかけるんじゃなくて、狙われてから過激になるま
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

--
 ドラゴンボールのパクリなのかな。石を集めて死んだ人を生き返らせて、敵と戦ってた。

 シリーズを見てないせいかまったくハマらず。スピード感もないし、ダラダラ。長い映画が余計に長ったらしく感じた
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

5.0

 
 
 この映画はヤバい。

 とわいえ、観た人には言っておきたいけど、ディック・チェイニーは、大統領がなんの決断も出来ないから、自分がやらなきゃって意識もあっただろうと伝えたい。

 この物語は汚
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.7

--
 面白かったです❗️
 オリジナルを忘れているので関係性が分からなくなってたけど💦。

 ネタバレすると面白くなくなるから詳しく書かないけど、クライマックスの演出良かった‼️‼️
 
★★★★☆
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

 ちっとも怖くない。
 グロいシーンやビクッとするシーンはあったけど、ストーリー自体は「カルト宗教あるある」でしかない。最後の方の母親が天井を這ったり、自分で首を切るシーンは動きがコントみたいで笑って
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

--
 
 クワイエット・プレイス
 2018.09.28.
 TOHO CINEMAS 与次郎

 驚いて何度も結構大きな声を上げてしまいました。楽しめますが、色々「なんで?」なところが多かったです
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

--
 ハン=ソロと左手にサイコガンを持つ男のキャラが似ていると感じた。

 僕は、「最後のジェダイ」よりも好き。たぶん、宇宙での戦いよりも、酒場でのケンカややりとりが、自分の好みなんだと思う。スター
>>続きを読む

ヒトラーに屈しなかった国王(2016年製作の映画)

4.0

--
 ヒトラーに屈しなかった国王
 2018.02.26.ガーデンシネマ
 
 日本人のあるべき姿と感じました。
 第二次世界大戦中の史実を元にした物語です。現在の僕らの住む世界も国家間に緊張感があ
>>続きを読む

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(2017年製作の映画)

5.0

 
 米国が最も恐れた男 その名はカメジロー
 
 僕らは、まあるい、少し楕円の球の形をしている地球に住んでいる。その地球は、ほとんどが、海水に覆われていて、僕らは海の中に住むことが出来ない。わずかな
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

2.5

 先ず、特筆したいのは、年齢を問わず、バストがCカップ以下の女性のスポーツブラ姿は、僕の大好物という事。Bカップ以下で、華奢かアスリート系の女性なら、それは、女神です。
 そして、この映画のスゴいとこ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

 この作品は、「ジェームス・ディーンの向こうに日本が見える(明石散人/講談社)」からヒントを得ていないでしょうか。
 「ジェームス〜」は、少し変わったミステリ小説で、「写楽がいなければ、ジェームス・デ
>>続きを読む

ほしをつぐもの(1990年製作の映画)

5.0

 この映画は、僕が卒園したエキセントリックな保育園のオマージュ作品です。1970年代に朝9時に原宿駅の鳩集合という朝から無理のある「おひさまの会」という保育園です。今もありますよ。

 監督の小水一男
>>続きを読む

テラビシアにかける橋(2007年製作の映画)

5.0

 悲しいエンディングが大丈夫な方なら、楽しめます。

 僕は、DVDで何度も観ていますが、エンディングまでの過程が、とても好きです。

白い嵐(1996年製作の映画)

5.0

 ボロ泣きして、次の上映が始まって、暗くなるのを待ってから、出た覚えがあります。

 確か、渋谷の東急文化会館のパンテオンで観ました。フロアが白と水色とピンクと黄色のタイルで、地下にスーパーがあった頃
>>続きを読む

>|