あささんの映画レビュー・感想・評価

あさ

あさ

マイペース 英国好き 備忘録
レビューが長くなってしまうよ〜

映画(384)
ドラマ(21)

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

-

終わる終わる詐欺 妙ちゃんとさっちゃんのシーン何度見ても泣く、辰馬が舞い降りるシーンも泣く

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇(2010年製作の映画)

-

何回映画館行ったか知らんけどこの時が一番盛り上がってた私
何度見ても美しい やはり紅桜篇は空知の紅桜篇じゃなきゃだめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.5

とりあえず良かった気がする。満足。

吉沢版「死んじまいなァ」完成度高かったのでこれだけでも最高だった
焼きそばパン買ってこいよ〜してほしかったけど。

とにかく1でも勿論思っていたけどビジュアルには
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5

ずっと堪えてたのに最後はさすがに泣いた。電車にいたのに That's this film's purpose.
どのわんちゃんも仕草が完璧すぎてすごいな
どんな生き物も生き物。人間の子どもですら虐待が
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

4.0

終わった後思わずくだらねえって言ってしまった、頭すっからかんにして超笑えた
期待しなかった分すごいツボだった

ブラックジョークすぎてほんと悪口すぎ
いちいちレイシズムすぎて笑っていいの?って思うこと
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.4

最初っから最後まで訳がわかりませんでした!!!
SF苦手にしてもこれは混沌だった
ベンウィショー目当てで見たのにベンが1分くらいしか出てなかった第2弾
まじで一瞬だった。なのにポスターにこんなに映って
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

ワンダーウーマン美しい
クリスパインも美しい
思ってたのと全然違うストーリーだった
愛国心、ヒーローと戦争の話って何かを利用してる気がして複雑な気持ちになるけど。
どうして平和になれないの?
純粋な問
>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.7

長いこと観たかったこれ。
普通にミュージカルで観たかった
70年代ブリティッシュパンクなのにハリウッドでがくーん、
みんな歌声がかっこよかったです
水槽が虹色なの、プライドみたいと思ったけど気のせいじ
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.2

映像通り最後に歯車が噛み合う
I'm waiting for someone.
一番最後のセリフ。この言葉の重みを生むのにこの作品の2時間がある

鋭い審美眼を持っても愛は見定められない。「愛と芸術」
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.6

ベンウィショー様が映るホログラム買います!!!!!いやベン目当てで見たのに映ってたの1.2分でびびった

内容薄いってレビュー多かったのでハードル下げて見たけど普通に面白かったです
確かにホログラムは
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7

人に勧められたのにずーっと後回しにしてたやつ(笑)

鑑賞時間2時間とは思えない、本当に何ヶ月も見守っていたような感覚になった
しかしSFはやはり疲れます〜自分本当に理系じゃないなと再確認、、

俳優
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

気になってたやつ。
「人は誰もが完璧じゃない」と思うとすごく心が軽くなる。むしろその方が人間らしいし、好きになる。だから自分のことも好きになれたら良いなって話がズレましたが

子育てをしたことのない私
>>続きを読む

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.4

脚本アビモーガンさんで結構期待してしまったのに、なんだか詰め込みすぎてまとまりないように感じてしまった…

結局子どものことよく分からなかったし、史実より心情に寄り添う映画だったと思うけれどもどこまで
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.6

5月に録ったやつ今頃観た
デルトロ監督の日本の怪獣愛これだけで感じられるわ…
カイジュウって名前になってるところも。

吹き替えだったので、もう杉田が杉田すぎて杉田のことしか覚えてない
吹き替えなのに
>>続きを読む

Spud(2010年製作の映画)

3.7

Spud=じゃがいも
主人公ジョンのあだ名

全寮制寄宿舎に行くことになった(色々と)小さい主人公が慣れない環境で奮闘するストーリー
かなり青春映画だった!面白かったのに、日本公開が2.3はないみた
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.6

The world is playground.
イエスと答えていたら、本心でイエスと言えるようになるって良いね
もちろん、断る勇気も同じくらい大切

バオ(2018年製作の映画)

-

ブロンドの美女連れてきた時のお母さんの顔まじで「この女マジでうちのダンプリングと結婚しようとしてんの頭大丈夫か」だったから混乱したけどいい話だった…

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

3.7

上映前に自分が疑問に思ってたことに自分で答える
Q. ホラー無理なのに観たら後悔するかな?
A.タイトルが出てきた瞬間に帰りたかった

Q.どのくらい怖い?
A.後半は意外と怖くない
ケース1が長く感
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

14年ぶりのドキドキ、本当に2を作ってくれてありがとう!!っていう感謝の星5個。ごめんなさい。

1作目でボブがやっていたことを今回はヘレンがやっている感じ。
今の時代ヒロインが"ヒーロー"になること
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

面白いんだろな〜と思ってそのままにしてたけどほんと面白かったわ、気兼ね無く観れる(結構ハラハラする部分も多かったけど)

こういうのってどこかで二度目の挫折来るんだろうなと思って、事故とか色々警戒して
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

空が真っ白になった時、心がヒヤッとした

最後、手が降りてきて、
すずは死んでしまったのかと思った。
全てが夢なんじゃないかと思った。
生き残ったのははるみだったんじゃないかって。
これから始まるのは
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

最後は魔女宅よろしくパン屋が拠点の魔法使い誕生するかと思った(笑)

個人的にニュートとジェイコブの相棒関係がシャーロックとジョンに似てるな〜と思い続けてました。
特別な能力がある人と凡人、でも凡人じ
>>続きを読む

ハムレット(1996年製作の映画)

3.8

原文ママのケネスブラナーハムレット。
これも4時間…長作見てるけど別に暇人な訳では…

どうしてもカメラワークが単調なのが気になってしまった。
演劇さながらにカットも少なくしたかったのかなって感じ取っ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第二部 ペレストロイカ」(2017年製作の映画)

-

怒涛の8時間観賞遂げて謎の達成感みたいなものあるんですが、最後の最後で睡魔に打ち勝てませんでした…嘘やろ…

二幕まではむしろ一部より集中してたのに…、一部より喜劇要素多かったです

とにかく眠りの天
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」(2017年製作の映画)

-

あっという間に流れた4時間
なんとね、1幕ごとに一回寝てました…
申し訳ない…
(むしろそのせいもあって一瞬だったのでは…)

ネオンが取り入れられたセットがモダン
ミレニアムで千年紀はわかりますが、
>>続きを読む

サボタージュ(1936年製作の映画)

3.4

36年…のロンドン…
ハリウッド前のヒッチコック
釈然としない、それも良さかな
でもね、疲れてたからかね、すごく長く感じた

何者(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お前、これに星5つ付けるか?って自分でも驚いた。でもそれくらいストンと納得がいくくらい、現実が描かれていたから。
見たら病む、という噂を聞いていたけど、全部全部感じる。むしろ、すごくスッキリした。自分
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「アマデウス」(2017年製作の映画)

4.0

行くか悩んでいたけれど、悩んでいるならオススメというレビューを見て駆け込み。
非常〜〜にサリエリ色の強い『アマデウス』でした。
映画版を見ているから話の行く先はわかってしまうけれど、演劇になると一味も
>>続きを読む

ブライトスター いちばん美しい恋の詩(2009年製作の映画)

4.3

「バラの蕾を食べた?ほっぺたが薔薇色だよ」

ジョンキーツの生涯を見ることができた。美しい映画ね。ベンのパートナーのマークが音楽担当してるからずっと気になってた。感慨深い
詩ってやっぱりその言語だから
>>続きを読む

ハーヴェイ・ミルク(1984年製作の映画)

3.9

「ミルク」を観たかったのですがNetflixにあったからこちらを。ドキュメンタリーだけど、だからこそ観てよかった。

70年代にサンフランシスコの市会議員に当選したゲイの政治家
"A gay immi
>>続きを読む

アイ・アム・キューブリック!(2005年製作の映画)

3.4

こんな詐欺師いたのか〜って
最初から最後までキューブリック作品のBGM
キューブリックは(おそらく)同じジャンルを作らないのに次はSFだの言うわ、完璧主義者の風格のかけらもないわ、だけどネームバリュー
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.4

人生観。話もゆったり流れるし、そこまで口数も多くないのに、時々目を覚まされるような惹き寄せられるシーンがある。
他にはあんまりないような独特な映画でした。

正直B級感あったけど、主人公の描くSads
>>続きを読む

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

3.0

>>>カオス<<<
何となくイギリスのドリフみたいなイメージ持ってたんですが、いや他の人がレビューでヨシヒコって言っててそのノリだ〜と納得しました。

ニッ と フランス人の悪口くらいしかツボにハマら
>>続きを読む

ゴッホ 真実の手紙(2010年製作の映画)

3.5

弟のテオに向けてゴッホが書いた手紙の内容をそのまま抜粋してる。
ベネディクトがやるからちょっとした舞台見てるみたいな感覚だった(笑)
映画というより、BBCによるゴッホの特集番組ですね

晩年の作品は
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.5

その名の通り(笑)
ジェーンオースティンもびっくりのリメイク 土台はそのまま高慢と偏見でした
怖すぎず、意外としっくりきてる
ドクターフーの人出てたけど眉毛薄いな〜
サムライリーってマレフィセントの人
>>続きを読む

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

4.6

最初と最後の花火の見え方がまるで違う

B級なのかって言われたら否定はできない、確かに大々的にシネマで放映できる映画じゃないけどすごい良かった
言葉数も少なく、行動パターンも繰り返しなのに心の変化が伝
>>続きを読む

>|