ちのさんの映画レビュー・感想・評価

ちの

ちの

映画(151)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

シー・ホーク(1940年製作の映画)

3.0

かなり古い海賊映画だがストーリーはしっかり構成されており、アクションシーンなどもしっかり作られている印象。終始使われるオーケストラのサウンドトラックが豪華であり、昔ながらの味を感じることのできる作品。

ピンクの豹(1963年製作の映画)

3.2

面白おかしく観れるコメディ調の探偵映画。今でも十分に笑えるのがすごい。

白い恐怖(1945年製作の映画)

3.7

過去にトラウマがあり精神異常をきたした男を分析医のヒロインがその謎を紐解いていくサスペンス映画。白黒画面の特徴を効果的に使っており、終始緊迫感のある雰囲気が素晴らしかった。頻繁に流れる旋律は、謎めいて>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

3.4

南北戦争を背景にしたドラマ、ラブロマンスを描いた作品。80年前の映画とは思えないほど緻密に作られていて、長さはあるものの、序曲、間奏曲、終曲といった仕切りを挟むことで、作品の構成が明確に理解できるよう>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

時間の逆行を扱った革新的な設定とストーリー、映像美の凄まじい作品。設定や概念に難解さはあるものの、ストーリーの大枠は理解できるように構成されている。考察を重ねて何回も見ることで、各登場人物の関わりや繋>>続きを読む

ナチュラル(1984年製作の映画)

2.9

前半の展開は突然過ぎて呆然とする。空白の期間を経てからのストーリーは、伝説の男の伝記のような仕立てだが、空白の期間について多く語らないのがこの映画の良さと感じた。

パットン大戦車軍団(1970年製作の映画)

2.4

第二次世界大戦最中で大きな功績を残したパットン将軍の生き様を飾る作品。当時の映画としては戦闘の迫力もある中、なによりもパットンの生き方そのものにフォーカスを当て、人物伝となっている。3時間弱という尺は>>続きを読む

荒野の七人(1960年製作の映画)

3.1

硬派な西部劇といった印象で、メキシコの貧困な村を襲う略奪者を実力あるガンマン達が守るストーリー。ガンマンのかっこよさを魅力的に描きつつも、農民たちの根性や力強さも同時に描き、見応えのある作品となってい>>続きを読む

愛と哀しみの果て(1985年製作の映画)

2.8

今の生活に嫌気がさし、別の地での生活を望むヒロインがアフリカで農園生活を送る。その生活にまつわる恋愛ドラマ。文学的な作品という印象で、劇的なストーリー起伏や描写はほぼ見られず、物語がひたすらに着々と進>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.1

ダークナイト3部作の最後を飾る作品。きちんとシリーズを締めくくっているが、
これまで以上に"身勝手な主人公"という印象が強く、主人公についてはあまり共感ができないと感じた。また、1,2作目よりも冗長な
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ダークナイト3部作の1作目。2作目のダークナイトを何度も観ている中、1作目は初めて鑑賞したが、ダークナイトの過去編、と捉えてみると面白かった。ダークナイトではほぼ語られないバットマンになる経緯や、ゴー>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

2.8

人間の人体実験の産物として怪物を生み出してしまう。人間の身勝手な行動が大きな代償となる、よくあるストーリーといえばそうだが、主人公の葛藤なども描かれており、綺麗にまとまっている作品と思う。

アントマン(2015年製作の映画)

3.7

MCUシリーズならではのコミカルさが全面に出ており、素朴に楽しめる作品。大小世界の行き来の描き方が面白い。特に後半。MCU前後の作品への伏線を感じさせる、おなじみの続きが気になる終わり方。

ロッキー(1976年製作の映画)

3.5

単なるボクシング映画なのかと思っていたが、主人公の人間性にどんどん引き込まれていく魅力ある作品だった。終盤のシーンはまさに圧巻である。本作はボクシング自体には決してフォーカスが置かれてなく、勝負よりも>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.0

ドンの威厳はもはや説明不要。有無を言わせない重鎮感には圧倒されざるを得ない。マフィア組織を中心とした話でありながら、人間的な繋がり、温かみを感じさせるストーリーとなっているのがとても好印象であった。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.3

12歳の少年達の数日間の出来事にフォーカスをあて、主人公を中心とする皆んなの背景や想い、関係を鮮明に描く。昔の友情をかけがえのないものとして表現していて、心が温まる作品だった。

サイコ(1960年製作の映画)

3.2

映像と音楽が綺麗に融合しており、白黒ながら観る者に絶えず緊張感を与えており、名作と呼ばれる理由がよくわかる作品だった。

市民ケーン(1941年製作の映画)

2.3

実際の人物をモデルにした実業家ケーンの生涯を回想形式で振り返る映画。ケーンの死を起点に彼の過去を回帰する内容のため、意外な展開というほどのドラマ性は感じられなかった。現在の視点でみると退屈に感じてしま>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.0

多くを語らない古き良き恋愛ドラマという印象。特に終盤においては細かく語らずに各登場人物の行動が描かれるので、感じ取る力が少し必要な作品だった。楽器奏者の動きが…まぁいいか。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ダンケルクの救出劇を史実に沿って描く。陸海空でそれぞれ違う時間の進みで舞台が進行するという面白い噛み合わせ。無駄な描写はなく、ひたすら忠実に場面が展開していく印象。回想などなく、ひたすら目の前の描写だ>>続きを読む

エデンの東(1954年製作の映画)

4.0

難しい関係性の家族の心の動きを描いた作品。終盤は想像以上に劇的な瞬間があり、メッセージ性の強い作品と感じた。オペラの1作品のような音楽も素晴らしい。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.2

主人公と敵キャラの複雑な関係性が今後の展開を期待させるシリーズのつなぎとしてとても期待できる作品だったりバトルシーンも緊迫感あってよかった。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.2

アベンジャーズ期間後の物語。2作目までとは、トニーの考え方、生き方に変化が見られるのが興味深い。ストーリーの方向性は1,2の方がわかりやすい印象もあるが、違和感はない。