ausnichtsさんの映画レビュー・感想・評価

ausnichts

ausnichts

映画(426)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.0

「ラストレター」の中国版です。

この映画をわざわざ日本で公開する意味はありますかね。

公式サイトの Production Note のローカライズに、「ラストレター」(原作のかな?)をいかに中国の
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

そもそも不可能なことをやろうとしているわけだから深く考えずに見ていれば結構楽しめます。

通常上映だからなのか、映像に驚きはないですし、別撮りのせいか画がぼんやりしています。音楽がなければかなりしょぼ
>>続きを読む

ソニア ナチスの女スパイ(2019年製作の映画)

2.0

わざわざ話を入り組ませているのではないかと思います。

実話ベースであり、話自体もややこしい話ではありませんが、なぜか映画は細部がわかりにくいです。

この映画は、長らくナチスの協力者の汚名を晴らせな
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.0

映画自体はとてもよくできています。

大倉忠義さん、成田凌さん、ふたりがとてもいいですし、行定勲監督の演出も的確です。ふたりだけではなく登場人物全員ですが、目(視線)での演技を徹底して使っています。そ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.0

女性のバディムービーもので楽しい映画です。笑えるところも多いのですが、下ネタが多いです。

エイミーとモリー以外の人物を徹底してキャラ化していますので、ジェンダーやスクールカーストといった現実的な差別
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.0

劇場公開時には三池崇史監督が「初恋」?と興味を持ったものの何となく見逃してしまいましたがやっと見られました。

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」と「十三人の刺客」だけしか見ていませんが、この映画も肩
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

3.0

公式サイトなどには「ありのままを生きる」とか「人生の愛おしさを見つける」とか「人生を自分のために謳歌する」とか、何かリチャードが一歩踏み出すような表現が使われており、私も何となくそんな言葉を思い浮かべ>>続きを読む

タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング~(2018年製作の映画)

3.0

サブタイトルに「ローラと秘密のカウンセリング」とはさすがにどうよ?と、まずは配給にひとこと(笑)。

ドキュメンタリーっぽく作られてはいますが完全に作り込まれたモキュメンタリーです。MtFのトランスジ
>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

3.0

「火の山のマリア」のハイロ・ブスタマンテ監督の4年ぶりの新作ということになります。

「ラ・ヨローナ〜泣く女〜」というホラーがあるそうですので、その線で売ろうとしたんでしょうが、これはホラーではありま
>>続きを読む

ソワレ(2020年製作の映画)

3.0

男女の逃避行ものと言えば「俺たちに明日はない」に勝るものはありません。

と、言い切ることに異論のある方はいないと思いますが(笑)、果たして「ソワレ」は現代の「俺たちに明日はない」になったのでしょうか
>>続きを読む

赤い闇 スターリンの冷たい大地で(2019年製作の映画)

3.0

ソ連、スターリン体制化の「ホロドモール」を題材にした映画です。

が、その「ホロドモール」というものを知りませんでした。ウィキペディアには「アルメニア人虐殺、ホロコースト、ポル・ポト派による虐殺、ルワ
>>続きを読む

この世の果て、数多の終焉(2018年製作の映画)

3.0

この映画は、ギヨーム・ニクルー監督のユニークな発想でつくられたものなのか、あるいは単に映画づくりが下手なだけなのか(ペコリ)よくわからないところがあります。

日付を追って時間経過を示しながら物語とし
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.0

中島みゆきさんの「糸」そのままの運命の糸に繋がれたふたりの18年におよぶ平成のラブストーリーです。

ベタさもほどほど、深刻さもほどほどで全世代向けだと思います。

菅田将暉さんでもっている映画です。
>>続きを読む

ポルトガル、夏の終わり(2019年製作の映画)

3.0

ロメールっぽさ、またはフランス映画っぽさはあります。

が、あえて穿った見方をすれば、アメリカ人であるアイラ・サックス監督がフランス映画界に対して、あなたたちはこういう映画が好きでしょと、ある種挑戦的
>>続きを読む

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

3.0

ブラジルからのハートウォーミングな物語。

というよりも、男が、はっきりと人生の残り時間を自覚し始めたとき夢見るファンタジー。

あるいは、本当は視力を失ったことでみえるものがあるという映画かも。
>>続きを読む

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

2.0

貧しい家庭の少年がチェスで成功する感動物語なんだろう程度の認識で見に行きましたら、確かにそれはそうだったんですが、映画のつくりになにかしっくりこないものを感じた映画でした。

いろんな意味で中途半端で
>>続きを読む

ボヤンシー 眼差しの向こうに(2019年製作の映画)

4.0

ミニシアターでやるべき映画だと思いますが、イオンエンターテインメントの配給なので郊外のイオンシネマへ行かねばならぬということになってしまいます。でもまあ行ってよかったです。

タイの漁船に人身売買のよ
>>続きを読む

破壊の日(2020年製作の映画)

3.0

変われ!!

と言われて、変わらなくっちゃと思うか、変えなくっちゃと思うか、あるいは はあ? と思うか、はたまたお前こそ変われと思うか、人それぞれという映画でしょうか。

新型コロナウイルス感染拡大で
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.0

始まってしばらくは何に焦点を絞っていいのかわかりづらく、こりゃだめかもと思い始めて中盤、やっとこの5人の青春物語かとわかり(遅い?)、終わってみれば、これ、いつの時代?と妙に古臭く感じた一昔前風の青春>>続きを読む

あなたの顔(2018年製作の映画)

3.0

台北に暮らす12人の一般人と俳優のリー・カンションさん13人の顔だけ、本当に顔のアップの映像だけで構成された1時間15分の映画です。平均するとひとり6分弱、その人の顔を見続けるわけです。

予想ではも
>>続きを読む

ドヴラートフ レニングラードの作家たち(2018年製作の映画)

3.0

映画の内容、特に台詞は半分も理解できていないと思いますが面白かったです。DVD化されればぜひもう一度見たい映画です。

カメラワークが美しいです。室内(作家組合?)の長回しは相当計算されていてすごいで
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.0

冒頭、かなりインパクトのある入り方をしています。それがいつまでも回収されずに進んでいきますが、やがてやってくる父親、そして兄のこれまたインパクトのあるシーンを考えますと、こういうことかと…。

甘えら
>>続きを読む

LETO -レト-(2018年製作の映画)

4.0

音楽が効果的に使われており、キリル・セレブレニコフ監督のユニークなセンスが光ります。

物語は、1980年代のソ連でカリスマ的な人気を誇ったロックバンド「キノー」のデビュー前のエピソードをヴォーカルの
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.0

「ルルドの泉で」のジェシカ・ハウスナー監督の最新作です。

寓話的ファンタジーということですが、寓話性が今ひとつよくわからず、寓話に求められるキレの良さが感じられません。

知らないうちに徐々に人間社
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.0

フランス、リヨンのカトリック教会の聖職者による児童への性的虐待事件を描いた映画で、裁判が現在進行中だそうです。

フランソワ・オゾン監督が実話もの? という意味では、へぇーって感じの新鮮さも感じますが
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.0

松岡茉優さんがうますぎて共依存恋愛が純愛にみえてしまうという映画です。

永田(山崎健人)にとっては沙希との関係は無茶苦茶居心地のいい空間でしょう。その点では沙希の台詞がそのことを見事に言い当てていま
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.0

山田孝之さんがシングルファーザー? ってことで興味をもって見に行ったのですが、映画のテーマは子育てではなく、家族主義的感動(させたい)映画でした。

さらにその家族の描き方も家父長制を強く感じさせるも
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

3.0

1978年東ドイツから気球を使って西ドイツに亡命した実話を映画化した映画とのこと、1982年に一度ディズニーが映画化している物語です。

東ドイツの監視社会という社会性も描かれてはいますが、基本的には
>>続きを読む

グッド・ワイフ(2018年製作の映画)

3.0

内容はメキシコのセレブな妻たちの話という、なんともしょうもないものでした(ペコリ)。それこそアメリカのテレビドラマがやりそうな(知らないけど)ネタじゃないかと思いますし、正直、なんでこんな映画をいま日>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.0

新しいスタイルの映画かもしれないと期待する気持ちもないわけではありませんが、個人的にはちょっとばかり入れないタイプの映画です。

初めから終わりまでべったりくっついた音楽がうるさいですし、画のつくりが
>>続きを読む

銃2020(2020年製作の映画)

2.0

「銃」で失敗したのでリベンジ版の「銃2020」かと思いましたら、まったくもって同じ程度に映画になっていない映画でした。

と言うよりも吉本興業の芸人救済映画なのかもしれません。

あるいは、誰かが日南
>>続きを読む

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

3.0

行動せよと促すサイコマジックはコロナ後の世界に必要なことかもしれません。

サイコセラピー(心理療法)と言いますと、治療を受ける患者が寝椅子に横たわり、セラピストからの問いかけに答えていくスタイルが思
>>続きを読む

一度も撃ってません(2020年製作の映画)

3.0

たまにはこういう映画もいいですし、くすくすと笑えはしますが、やっぱり映画は軸となる俳優がいないと持たないなあとも感じます。

それに俳優たち自身が楽しむための映画でもあります。皆楽しそうにやっていまし
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

2.0

この映画のテーマは「母と息子の依存関係」で間違いないはずです。それがまったく見えてきません。

映画で描かれる三隅秋子(長澤まさみ)の息子周平への対し方は「主従関係」です。それ以外のシーンはありません
>>続きを読む

罪と女王(2019年製作の映画)

2.0

どう見ていいのか難しい映画ですね。

アンネはなんて悪いやつって思うように作ってありますし、未成年者への性的虐待と聞いて思い浮かべる男女を逆転させてありますし、タイトルを「女王」という意味らしい 「D
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

4.0

映画は思いのほかよかったです。

基本は音楽ものですのでまずは音楽さえよければそれなりにいい映画になるとは思いますが、この映画ではそれ以上にジェシー・バックリーさんの演技と歌唱力で一段、いや数段レベル
>>続きを読む

>|