リッジスカイウォーカーさんの映画レビュー・感想・評価

リッジスカイウォーカー

リッジスカイウォーカー

子どもも成長してきたので、また映画を観れる時間が取れるようになってきました(*^^*)

映画(491)
ドラマ(38)

HERO(2007年製作の映画)

4.5

ドラマの続き。
雨宮が出てるのが嬉しい!!

久利生と雨宮のやりとりがあるからこそのHEROなのです。

花岡代議士って誰やねんってところを最後まで引っ張るので、ただでさえ登場人物が多いと、誰だか分か
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.5

これはもう大泉洋がやってるから見ちゃうよね。

ものすごく人間味がある。
人情に溢れたキャラクターなんて、ここ最近なかなかいないんじゃないだろうか。

大泉洋のキャラクターがそのまま憑依した主人公の魅
>>続きを読む

リーサル・ウェポン2 炎の約束(1989年製作の映画)

3.0

トイレで用を足している時に、爆弾を仕掛けられているところに気づくところがハイライト。

毎回思うけど、爆破した後は大便は飛び散っているんだろうか。

それとも流してから爆破してるんだろうか…。

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.0

なぜか4まで作られたバディムービー。
アメリカではヒットしたのでしょうか。

メルギブの若さと破天荒さを観る、ザ・ハリウッドアクション。

頭カラッポにして楽しみましょう!

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

1.0

魔女の宅急便とハリーポッターを足して100で割った程度の作品。

残念ながら手厳しい感想にならざるを得ない。

同じ題材で名作、傑作がありながら、ここまで古典的で発展性のない物語を、今さら観てもなぁ…
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.9

ネルソン・マンデラが大統領就任後、くにの繁栄のため、ラグビーW杯優勝を託すお話。

黒人差別は日本にいるとなんとも分からない要素ですが、露骨で酷いですよね。

同じ人間なのに。

人間とはなんと罪深い
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.0

かわいいけど蛇足感は否めないね…。

これを観るなら、何度もニモを観たい。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

2.9

ハドソン川に飛行機が落ちたあの事故の映画、ということでどんなことが起きたのかが気になっての鑑賞。

しかし、何でしょうか。
こんなに疑われていたんですね…。

世論の美談とは対象的に、責任の追求をされ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

珍しく妻がボヘミアンラプソディ観たいんじゃあああ!!と何度も言うので行ってきました!!
まさか妻がQueen観たいなんてね。
Queenの曲には人を惹きつける何かがあるんでしょう。

僕はリアルタイム
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

1.5

キングダムハーツで鯨の体内のステージが出てくるんですが、あれはなんでそうなったのかが気になって観てみました。

唐突ですねw
なんの脈絡のないんですねww
え?ゼペットじいさん、どうやったら鯨の体内に
>>続きを読む

はなちゃんのみそ汁(2015年製作の映画)

3.9

病気は誰にでも突然やってきます。
健康で生活できていること。
ただ子どもが動いているのを見るだけで幸せ。
これは本当にそうですね。
ただ毎日を健やかに過ごせること。
これに代わる幸せはないなーと思いま
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

3.7

マリリン・モンローが出てる映画だって、物語中盤、歌ってる場面になってやっと気付いた。

ギャングの殺人の現場を目撃してしまったクラシック奏者の男2人が、逃げるために女装して、女性だけのオーケストラに紛
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.0

ノエルとリアムの兄弟喧嘩は子供の頃からずっとあったのねー。
あとやはりoasisのキーパーソンはノエルだった。
リアムの声やビジュアルが醸し出すカリスマ性は確かにすごいけど、屈指のメロディーメイカー&
>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.0

アレクサンダー・ピアースという謎の人物をキーに彼が盗んだ7億ドルを巡るミステリー。

この事件に部外者として巻き込まれるツーリストのジョニデ。
見知らぬ美人に声をかけられ、同じ部屋に宿泊するとか、なん
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.9

2回目の鑑賞ですが、こんなに良かったっけ?って自分の気持ちを疑ってしまうくらい良かった。
細田守さんの作品の中では、一番好き。

「狼男の子どもを育てる」というお話ですが、普通に人間に置き換えられる。
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

4.0

これぞステイサム!!というアクション満載。
ストーリーも分かりやすい。

キレッキレステイサムを拝む映画。

アクションシーンが面白いので、何杯でもおかわりできる。

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.4

死んだ人間と法廷でやり取りするという、あまりにも荒唐無稽なお話。
コメディなんで、なんでもアリです。

序盤の生瀬さんとのやり取りから俄然面白くなります。
落ち武者ネタ、ズルすぎでしょww
家族で爆笑
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

2.5

今更なぜフリーザを復活させるのか…。
この着眼点の時点で作品の幅が決まっちゃったな。

ただこれによってホルモンのFが劇中に流れるという快挙(暴挙?)が成されたので超満足ですwww
映画館で1人、笑い
>>続きを読む

SP 革命篇(2011年製作の映画)

4.8

今の日本の政治に対する疑問が、尾形の主張とドンピシャにハマっている。

この作品の上映は2011年3月12日だったようです。

3.11を境に日本が取り巻く情勢は一変したと思う。

後手後手に回る判断
>>続きを読む

SP 野望篇(2010年製作の映画)

4.5

ドラマをオンタイムで観ていて、そのまま映画館に観に行った思い出。

岡田くんの超絶アクションが凄い。
僕はこれを観るために映画を観に行ったので大満足でした。

いよいよ日本でもこのような興奮する本格ア
>>続きを読む

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

5.0

もう拍手喝采を贈りたい。

シュタゲファンのための、オカリンファンのための、牧瀬紅莉栖ファンのための映画。

アニメ版シュタゲ、シュタゲゼロ観てからじゃないとストーリーは全くわからないので、必ず観てく
>>続きを読む

戦火の勇気(1996年製作の映画)

2.8

湾岸戦争を舞台に、デンゼル・ワシントンの判断ミスによる味方を死なせてしまったことへの葛藤と、メグ・ライアンの死の真相を部下の証言から探っていくミステリーが絡み合うストーリー。

人の証言によって映像が
>>続きを読む

インビジブル(2000年製作の映画)

4.0

誰でも一度は考えたことがあるであろう、透明人間になれたら何をするか。

まぁよからぬことしか思い浮かばないわけですよw

それをまた心の底から不快に思うように、バーホーベン節全開で描き切るSFスリラー
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.1

最初10分近くずっとアニメで、あれ?実写との融合じゃなかったっけ?違う映画観ちゃってるかなー?と思い、本気で観るのをやめかけたタイミングで実写になった(^-^;

いろんなディズニーのパロディが詰め込
>>続きを読む

レイルウェイ 運命の旅路(2013年製作の映画)

3.0

実際にあったお話とのことで、同じ日本人として胸が痛い。
戦争は人の正常な思考を狂わせる。
二度と同じ過ちを繰り返してはならないですね。

罪を憎んで人を憎まず。
しかし、人を赦せるかどうかは、大いなる
>>続きを読む

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

5.0

この作品の役所広司さんとほぼ同じ年齢になり、抱えている境遇もビックリするぐらいシンクロしています。

物語中盤、草刈民代さんに自分の気持ちを吐露するところは、もうねー、共感ハンパない。

自分よりも家
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

1.0

意味わからん

なんなんこれ…

ウイルス感染を免れるには血を入れ替える必要があって?
そうなると太陽に弱くなる?

ウイルスに侵されたからってなんで文明が消えた?
んで、なんで単なるフェンス隔ててる
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

2.8

磁場が無くなってしまう地球のマントルまで行って、地軸を動かし、再度磁場を発生させる!というなんともものすごいお話。

科学的根拠に基づいているのでしょうか?
なんとなくそれっぽいバックグラウンドが語ら
>>続きを読む

マギー(2015年製作の映画)

3.9

おお…。
ビックリするほど評価が悪いですね。
みんなドンパチを期待してたのかなー?

僕はかなり好みな作品でした。

ゾンビの定義を病気と解釈しています。
そう考えると、ゾンビというものがとても現実味
>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

1.5

いやあー、これはMARVELを冠しちゃいけないくらい、しょっぱいデキです。

他の作品を見ましょうw

あまりにも内容のない、ただの復讐劇なので、レビューに書くこともないなぁ…。

絶体×絶命(1998年製作の映画)

3.8

これはなかなか面白かった!

刑事の息子が白血病。
その骨髄の適合者がIQ150の凶悪犯で、骨髄を移植するために一時的に釈放するけど、その持って生まれた知能指数で逃亡を図ってしまうというお話。

その
>>続きを読む

15ミニッツ(2001年製作の映画)

3.0

なんでもカメラに撮り、それを金とステータスに変えていくのは、今でも通じるお話。

お間抜けな犯人コンビだな、コメディかな?と思ってたら、それがだんだんと狂気に変わっていて、何をするかわからない危うさも
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.5

単純な銀行強盗の話かと思ったら、デンゼルは潜入捜査の警官、マーク・ウォールバーグは潜入捜査の海軍という組み合わせ。
からの、黒幕に追われる展開から真相を探すという敵同士から共通の敵に向かい仲間になる、
>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.0

職務怠慢から引き起こされる惨事を描く。

お前は何をやってんだよ…と言いたくなる体たらく振り。
これが原因で死んでしまった人は、やはり原因を作った彼が罪を償うことになるのかな?

物語は暴走列車を止め
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.0

もののけ姫以降、すっかり見る気が無くなってしまったジブリ映画。
「紅の豚」というタイトルから、全く心惹かれなかったし、主人公が豚って…。
どこをどうひっくり返してもカッコよくは見えないよ。
ということ
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

2.6

これはちっちゃい女の子向けですね。
THEディズニーを行く王道ストーリー。

アラフォーのおっさんには、退屈としか言いようがないお話でした。

唯一良かったのはオラフ。

あのキャラクターが物語に弾み
>>続きを読む

>|