湯がきさんの映画レビュー・感想・評価

湯がき

湯がき

映画(151)
ドラマ(2)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

犬王(2021年製作の映画)

-

総評的に、良かった。

友魚の歌は、下手ではないのだけど単調、冗長的に感じました。

アヴちゃんの歌声がやってきた時の、視界が開けるような圧に、アヴちゃんの凄まじさを改めて痛感。

平家物語のあの美し
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

-

最後あたり泣いていた

罪の声には様々な響き方があるのだろう
私は私の罪を振り返る形になった

浅草キッド(2021年製作の映画)

-

師匠と弟子の掛け合いが気持ち良くて、永遠に見ていられるなと思った
人を笑わせられる能力は、幸せな才能

ヒールを足元に持ってくるシーンはベタだけど一番グッときた

柳楽さん大泉さんの演技は勿論、
個人
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

-

面白かった〜
ダレずに観られて気持ち良かったです。

半沢直樹など池井戸潤に触れてこなかったからこそ、純粋に楽しめたのかもしれません。

バラ食べる香川さんかわいかったな。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

-

三部作なのか〜
掴みとしてはなんとも。
MSも渋くてカッコ良かったけれど地味めでした。

アムロレイの声が聞こえた途端鳥肌が立ったのでやっぱり違うな、ヒーロー。

クルエラ(2021年製作の映画)

-

好きなエマストーンを観に行って、好きなエマストーンを観て、帰りました。
あのハスキーな声質が好きだから、彼女がいる限り私は字幕。

サラッと観られて、苦しさもあまりない。
回るカメラマークにドキドキし
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

-

吉田羊さんの演技に泣いた

有村架純ちゃんが好きだ〜

レナードの朝(1990年製作の映画)

-

泣くしかなかった。

慈しみという言葉がそのまま形になったような、ロビンウィリアムズの微笑みがとてもズルい。

演技も音楽も、すっと入ってくる。

自分たちがいずれ迎える形を、彼らは早送りで見せてくれ
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

-

今は殆ど観なくなったニコニコ動画の、当時の映像が未だにマイリストに入っていると思う。

まさか地元で公開されているとは知らず、終映ギリギリで観賞出来た。

これが普通のアニメ映像でも面白かっただろうな
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

あらすじをしっかり見てしまったことを後悔するくらいには、良かったです。

あのシーンの音が怖くて思わず音量を下げた。

愛してるって言っておくね、という訳の切なさ、奥ゆかしさ。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

予告を見て指の先まで身構えた状態で観始めたら予想外に面白みのある展開だった。

日本の幽霊とはまた違う、悪魔というジャンル。じわじわくる怖さはあれど、それ以上にオカルティックな面への好奇心が勝った。
>>続きを読む

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」(2010年製作の映画)

-

とても面白かった。泣いた。
稲森いずみさんの太い声が好きで繰り返し再生した。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

-

たまには流行に乗ってみたいと思い、
映画を観る為に3日程度で漫画を全巻一気読み、馳せ参じました。

良かったことは、読んだばかりだったため台詞の一つ一つや、流れが初見で切に理解できたこと。
勿体なかっ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

久々に心から2回観たい映画でした。
観たいというより観ます。

上映前は長いから身体が辛くなったらどうしようかなとボンヤリ考えてたりしていましたが杞憂も杞憂でした。
あっという間の映像体験。

描きた
>>続きを読む

美少女戦士セーラームーンR(1993年製作の映画)

-

懐かしさと回想シーンで涙が。
要所でピンドラやらユリ熊やらを思い出した。

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

想像していたよりあっさりと鑑賞できた。
その分、ダークナイトシリーズのようなもったりとしたしこりは残らなかったけれど、マーベルの導入には丁度良かったです。色々と巡りたい。
自分を負け犬だと言う理由や主
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

-

父親ずるい〜泣きました
ビリーの笑顔が爽やかすぎて惚れちゃいます

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

狂ったセル画に心臓がギュッと掴まれたまま、やばいやばい、と呟きながら画面を凝視していた。ネオンの表現。指先ひとつ、人影ひとつ、妥協しない。
ずるい。

内容は難しかったな。漫画読みたい。

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

-

中盤までは主人公の動きに苦手さを感じていたけれど、終盤面白くなった。エンドロールが一番良かった。

強い印象には残らないが時間を無駄にした感はない。

猫島の世界観が好きだったのであの場所を中心とした
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

-

のんびり見られる気がして家事のお供に流しました。のんびり見られた。

夏目さん、予想に反して人間味のある人で良かった。もっと非のない優しさの塊かと思っていたので。

37セカンズ(2019年製作の映画)

-

ユマちゃん、可愛い〜。化粧した姿がとっても可愛い。
神野三鈴さんの演技がたまらなかった。

タイの辺りから話の角度が変わった印象。爽やかな終わりでした。

私の人生は、宇宙人の課題になりえているのかな
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

-

リヴァーフェニックス、造形も美しければ役柄も繊細で良い子だった。おじさまになった彼の姿が見たかった。

強い印象にはならないけれど、大人を過ごすにつれ深めの寂しさに陥る映画。
眩しい。

ブルーベリー
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

-

面白かった〜
やっぱり天才、凡才、秀才、な話が好きなんだな。自分と重ねてしまう。ちょっと非現実的なぐらいが面白い。
お友達の存在がいい感じに薄くて良かった。(恋愛の諍いとかがなくて)

平手さんの魅力
>>続きを読む

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

-

怖いものが苦手なので構えていたけれど、構える必要なんてなかった。

B級サメ映画というものを経験したことがなく、おすすめを受けて数人で同時再生観賞しました。
ツッコミを見ながら観られたので楽しかった〜
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

出来たてが伝わってくる。
サンドを頬張った時の音の良さ。
息子が終始可愛い…
見やすい映画だった。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

あたたかい絆で歩いていくだろう二人。
いずれ別れがくる寂しさを感じながら鑑賞していました。

天才肌の人は同じ人間が周りにいないが故に孤独になりがちで、人によっては"普通"のベクトルへ自分を落とし込ん
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

-

嫌いじゃない。好きかもしれない。
音楽が良すぎた。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

-

レディーガガの歌唱力で観れた。
ファルセットから地声に切り替わる時が堪らない。カッコイイ。
シャロウはデュエットの方がいい。もう一度歌って欲しかった。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

-

ツーとフォーの可愛さ。
延々と爆破、破壊、銃撃。
音楽のカッコよさで持っていかれる。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

原作を読んでいるので痛々しさの覚悟はしていた(大昔なので内容は覚えておらず。作者の作風だけは記憶にある)。

グロテスクが大の苦手で前半から馴れ初めまでは手で隠したり一時停止したり諦めかけたりもしなが
>>続きを読む