galeさんの映画レビュー・感想・評価

gale

gale

基本洋画しか観ません。好きな俳優で映画を観ます。

映画(156)
ドラマ(0)

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.9

原題がel angelで邦題が『永遠に僕のもの』。意味を少し変えてきたからどうなのかと思ってたけど、より直球的なカルリートスの行動表現を意味してた。

目が映し出される序盤と終盤が好きだ。

自分は泥
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.3

なにこれ1よりずっと面白いやんけ!!!というのがすぐの感想。本当に面白い。
1は少しシンプルすぎるストーリーが気になってたけど、2になってストーリーに捻りが生まれた印象。コンチネンタルの持つ性質もよく
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.2

なにかヘイトを色々と集めてるという噂を耳にしていたけど、思ったよりは全然面白かった。(私が普段邦画に対して極端に低い期待しか抱いていないせいかもしれないけど)

「これを今作る意味があるのか?」って、
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.3

なんの気もなしにぼんやり観始めた映画だけど面白かったなあ…メッセージがどうこうとか深く考える映画じゃないし、ジェラルド・バトラーがカッコイイでオールオッケー。メタスコアが異常に低かったのも、多分メッセ>>続きを読む

トム・オブ・フィンランド(2017年製作の映画)

4.0

この映画の公開にあたり、性描写の過激さから1度は公開も危ぶまれた、という話を聞きすごく楽しみにしていた。ただ、その性描写だけが全てではないし、1人の芸術家の映画として評価されるべきだろう。(あまり性描>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

全体的にすごくスマートな映画だという印象を受けた。

ストーリーは至ってシンプル(裏返せばちょっと飛躍した部分もあった)。まあキアヌ・リーヴスなら犬殺されたくらいでもマフィア殲滅しちゃうよね、と納得出
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.3

元々映画音楽オタクを自称しているので、いつか見なければと思っていた作品。やっと観られた。

映画音楽は、20〜21世紀の偉大な芸術。
もし映画音楽がなければ、オーケストラ音楽は滅びていたかもしれない。
>>続きを読む

マーウェン(2018年製作の映画)

4.0

全然知らない映画だったんだけど、ロバート・ゼメキスの映画って聞いただけで行こうと決断して見てきた。
実際にあった事例を元にした映画だからか、すごくメッセージ性は強いし、そんなシリアスな現実世界をダーク
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

東京の描写の細かさが本当によかったなあ……新宿・池袋・代々木・渋谷・有楽町、何度も足を運んだ場所。特に神宮球場の描写の上手さに歓喜した。

ストーリーは、新海作品初だからなんともな……天気の子としての
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

割と映画中盤で星野源に気づいたわたし、グッジョブ。
あとなんか妙に聞き覚えがあるなと思った人、神谷さんだったのね…

お酒、古書セール、学園祭。
めくるめく夜の喧騒の中で、「大人の嗜み」を求める乙女と
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

なんだろう、色々とすっきりしないところのある作品…
筋立てとしては面白いと思うし、フォーキーとかボービープとかギャビーとか新キャラも大変いいと思うんだけど、「これを『トイ・ストーリー4』とすべきか」と
>>続きを読む

マリオ(2018年製作の映画)

4.8

レインボー・リール東京2019にて鑑賞。

今はただ、辛いという言葉しか思い浮かばない……
マリオとレオンが互いを愛した事実に、幾分も間違いなんてなかったはずなのに。互いを求めちゃいけないなんて、誰か
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.0

なんか全体的に釈然としないな…
メッセージ性があまり見えてこない。

ただただ、ネイサンの目から見る世界は美しい。
「美が真理で、真理が美しいなら、数学は世界で最も美しいものだ」ってセリフが好き。彼が
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.2

ボンド映画初だったんだが、正直そこまで動きがある映画ではなかったな……

エヴァグリーンの夢女子になった。
あとジェフリーライトをハンガーゲーム以来見たので嬉しかった

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

まあ私が語るまでもなくたくさんのレビューがあるとは思うんだけど…

トムホの憧れがジェイク・ギレンホールだと2年前に知り、是非共演が実現して欲しい!!と願っていたら本当に叶ってしまった…
しかも、こん
>>続きを読む

アレックス・ストレンジラブ(2018年製作の映画)

3.6

『彼の見つめる先に』に雰囲気が似てるとのことで。
セクシャリティ観はまだまだ粗かった。
まあ頭のネジを緩めてゆるく見る映画ですね

エリオットの俳優さん、すごくヒース・レジャーみたいだった

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.2

面白かった……
ラッセル・クロウとホアキン・フェニックスを殴り合わせてるというだけでこの映画への期待は回収された。なんの文句もない。

私が1番思わずにいられなかったのがやっぱこの古代ローマとコロッセ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.2

くんちゃんがやたら可愛かったなあ…
色々友人にネガキャンされてたけど普通に面白かったし幸せになる、少しうるっとくる映画ではあった。

ただ色々申したい点があって。
私が映画を評価するとき「テーマは1本
>>続きを読む

マン・オン・ワイヤー(2008年製作の映画)

3.6

フィリップ・プティのことは『ザ・ウォーク』で知って以来ずっとすごいなと思ってきた人だったし、この映画もいつか見たいと思っていたので、見れて何より。
『ザ・ウォーク』が本当にリアリティを極限まで追ってい
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

これいいねしてたのか笑
友人と一緒に見た。

とにかく鮮烈な血飛沫がイメージに残りすぎている…
繋がれていた奴隷が解放され、自由を得て、賞金稼ぎとして自分の妻を取り戻すひと勝負に出る話。
壮大な西部オ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.1

いやあ面白かったなあ……
『ちいさな独裁者』だったか『The Guilty/ギルティ』だったかを武蔵野館で観た時、隣のスクリーンでこれがやってて観れなかったのが本当に悔しかったんだよね。やっと観られた
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

これ流そうと思ってたんだけど…行って正解でした。ディズニー映画だからガイリチじゃないよ、って聞いてたけど普通にガイリチだったのでめっちゃ笑ったw

今この時に実写化する意義があるのか。
ディズニーの近
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.5

半端ない……どこまでもとんでもない映画だった。

前作で、「ゴジラが人間に忖度するのか」という批判が飛び交っていたのを思い出す。本作はその批判を跳ね返すような、どこまでも怪獣が主役の映画であった。
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.3

またまた良いドイツ映画に出逢えた…

この映画は実際に起きた事件がベース。ハンガリー暴動を知ったエリート階級の高校生が、犠牲者に2分間の"沈黙"を送ったことから事件は展開する。
"自由に考えること、発
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

「周囲が全て人の手で作られた偽物であったなら、対象の人は一体誰なのか」という問いかけに基づいた哲学的な映画。

「僕は誰?」

その問いに答えなどあるのだろうか。

作られた隣人、作られた恋人、作られ
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.3

2ヶ月くらい前から予告はよく見かけたけど全然気にも留めてなくて、Twitterの評判につられて観に行ったのだが、本当これをスルーしようとしてた自分を疑ったくらいにはめちゃくちゃ面白かった。時々何も考え>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.2

やっと観れた…君の名前で僕を呼んでの頃からファントムさんが推してたし、本当にここまで遅くなったのが不覚。

"すべてを超えて愛してる"
(I love you more than everything
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.7

ありがとうございました…ただただその気持ち。この壮大な映画シリーズをまとめるにふさわしい1本。ありがとう。アベンジャーズ大好きだ…こんな壮大な映画をリアルタイムで追い続けられて本当に幸せだった

ある少年の告白(2018年製作の映画)

4.3

原題は"Boy erased"。私の解釈が正しければ、"引き裂かれた少年"という訳になる。実際私はこの解釈が邦題よりずっとしっくり来てるし、"引き裂かれた"という言葉こそがミソだと思う。

同性愛者で
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

4.3

視点が主人公の男から動かないから『ギルティ』的なものを想像していたら違った。むしろその視点の固定は本筋に関わってなかった。
互いに混じりあっていくそれぞれの欲望。その伏線回収はなかなか良かった。

>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.5

ちょうど先週見た『記者たち』と表裏一体だなという印象。
こっちは政府が根拠を捏造してイラクとの戦争に持ち込もうとする話で、『記者たち』はその根拠の捏造を明らかにしようとする話。
『記者たち』とも共通し
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.1

やっぱこのシリーズ凄いわ。『ダークナイト』と『ダークナイト ライジング』の2本しか観てないけど、ミステリーの奥行きが半端じゃない(その分キャラクター多すぎるけど)しすごく好き。

ひとつ言えるのは、『
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

4.7

もう本当に、最高にクレイジーですね…クレイジーという他ない。とんでもなくイカれてる。最高にイカれたセンスの、最高な映画でした。この映画に1番似合う褒め言葉が"クレイジー"だってことは自信を持って言える>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

-

ついにバーフバリ続編の方にも手を出してしまいました…
これ先でもよかったな、というか2本合わせて6時間で1本でいいわこれは。伝説誕生でひかれた伏線を全部綺麗に回収して行ったのですっきり。
神話をゆっく
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.3

イラク戦争の報道にまつわる実話映画。内容自体は知ってた話で、中東情勢や9.11、アメリカの覇権拡大思惑、世界史や地理の授業で聞かされた内容そのままだった。
でも、もしこのナイト・リッダー社の働きが無か
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.8

公開した時からこの映画をずっと観たかったけど、やっとレーティングを超える年齢になれたので観た。

観る前は、"恋とはなにか"みたいな、『君の名前で僕を呼んで』的なものを期待していた。実際あながちそれは
>>続きを読む