じぇじぇじぇさんの映画レビュー・感想・評価

じぇじぇじぇ

じぇじぇじぇ

映画(34)
ドラマ(0)

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

-

アジア系以外の顔立ちのハンサムの基準が自分の中で確立されてなかったので、鏡の中の世界で露見する欧米の方々の趣味嗜好に触れられて良かったです。そのきっかけがヒース・レジャーの死であるということにはとても>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

一人の家で見てよかったー!!!

主人公の気持ち悪いところだけ刺さってしまう気持ち悪い自分を発見し、その都度テレビの前で立ったり座ったりステップを踏んだりして自分の心をやり過ごしていました。
それがど
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

-

作品としての面白さもさることながら、カメラワークがとても印象的。
まるでワンカットかと思わせるような、自分がそこにいる様な気にさせてくれるような、ぐるぐる回転するカットが多かったと感じた。


キャラ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

-

鑑賞から大分時間が経過してしまった。
ので、見た記録だけ。

一緒に見た人との間柄に緊張していました。それでサスペンス感が増し増しでした。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

ソンガンホの表情の移り変わりからは目を離せません。

臆病で単純なためか、途中から5秒先の展開も予想できずビクビクしっぱなしでした。兎に角シナリオがよく作り込まれているな、と。

終わった後も作品につ
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

-

I HEARD YOU PAINT HOUSES...

映画の冒頭画面いっぱいに出てきた、映画の原作でもあるこのセンテンス。映画を見終わった今こうして見ても、私はアイリッシュマンを、3時間を超える上
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

一つ一つ丁寧に失礼、無礼なところが最高

映画全体を一言で表そうとしたら、たまんねぇ~~~!といつも思う。
前作から引き続き、パワーアップした沢山の小道具とポップなBGMでテンションが下がることが無い
>>続きを読む

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード(2015年製作の映画)

-

終わった後頭に残っていたワードだけ

豪華
Gorgeous
上品
Elegant
Beautiful

Unconditional love

シャイニング(1980年製作の映画)

-

ジャック・ニコルソンが画面を見据えた時の三白眼が脳裏に焼き付いて離れない。

ストーリーに散りばめられた沢山の要素を私が完全に理解することは出来なかった。犬の顔をした人間は?なぜ食糧庫から出てこられた
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

-

バタービスケット。

辛くて、下を向いてしまい、トイレに逃げたい、と思ってしまった。現実にあり、存在していることだけど、出来れば目を背けていたい。でも、見た、見てしまったら、目を背けることもできない。
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.5

テルコがマモちゃんと一緒にいて楽しそうにしているその時間だって自己犠牲の上に成り立っていて切なくて、でも好きで。
そんな感情の中で見ていて辛くって眉間を抑えて見てしまう箇所がいくつもありました。

>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

私自身はこの映画をシアターで観ることができて良かった、と思います。

画面上の動きの中、視覚から確認できるキャラクターの数はとても少なかったですが、音が最大に活用されているこの映画ではそれが一層妙に響
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

4.0

異形もののアクション性癖ドストライク。
Kのバックグラウンドもっと深く知りたいと思った。2作目で出てくるのかな?公開されているシリーズ出来ればインターナショナルまでに見終えたいと思う。

NYPD、日
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.5

ギレルモデルトロ監督の作品は2回目でしたが、私は彼の描く医者の姿がとても好きな様です。物語の筋とは関係が無いかもしれませんが、医者が自身の信条を述べているところが一番胸を締め付けました。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

真っすぐすぎて苦しいわ!!!!

生涯寄り添いたいと思える人に出会いたいな、と感じました。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

見終わって最初に考えたのはポールのことでした。

私自身はクイーンの音楽しか知らないし、本人達ではないので本当の事なんて誰も分かりません。でも考えてしまう〜

自分の性格の問題もありますが、悪役を悪役
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0


私自身のこの作品の例えとしては、海岸に散りばめられたタバコの吸い殻程沢山あるボケを終始拾っていく感じ?歩けど歩けどまだあるんかい!みたいな。思いの外雑に拾っていくし笑笑

伏線?回収が始まっていくと
>>続きを読む

風の輝く朝に(1984年製作の映画)

3.2

大学の講義内で鑑賞したので、主に時代背景や歴史のことを考えるようにして見ていたのですが、どうしてもヒロイン役のナンの動きが気になってしまいました。
アヘンによるところが大きいのかもしれませんが、カンと
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.0

もっと銃ガンガンな映画だとおもってましたが、ズッシリ重厚感がある映画でした。

この中に出てくるヴィトーが率いるコルレオーネ家は、私がもっていたマフィアの残酷なイメージなんかとは全く違い、家族への愛に
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

夜中12時から宿題しながら観たことを後悔しました。途中では涙が止まらず宿題に集中できず、泣き疲れから最後の5分寝てしまいました。そんな最低な向き合い方のレビューです、ご容赦ください笑

観ている中でわ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

부산행

この映画の日本版タイトルもセンスがオプソヨ。私は本国の「釜山行き」の方がしっくりきます。というかKTXは日本でいう新幹線のようなものなのかもしれないけれど、KTXはあくまでもKTXで新幹線
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.0

Edward scissor hands

ティム・バートン、ジョニー・デップと言えばこの作品、という感じで期待値マックスで見てしまった為なのか、自分が思っていた以上の感動はありませんでした。展開が
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

-

エリアス、エリアス、あああああああ!!!みたいな感じで見てました。

戦争映画を普段見ることがないので、かなりの衝撃。

幾つもの激しい戦いの中で、勝つことに意味を見出しがちですが、この映画の演出から
>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

4.5

見ているものを飽きさせないpart1でした。

表題は赤壁ですが、こちらのpart1の陸上の戦いもあまり中弛みしていなくてとても面白かったです。

各猛将のキャラクターが見どころたっぷりにしっかりと描
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

Someone in northern Italy...

最初のクレジットに書いてあったこの文字を見ただけで、私、この映画なんか好きって思いました。完全に感覚ですが。

アーミーハマー演じるオリヴァ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.5

ベッキーが自由の象徴という程クールに描かれていて健康的な美しさを感じました。

ディカプリオの演技に圧倒されるのは勿論ですが、ジョニーデップが青年ギルバートとして自身にかかる負荷に悩まされながら生きて
>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

4.1

大学の英語のクラスで鑑賞した。

私たち日本人も現代社会の中では、普段生きている中である程度はどうあがいてもこの映画で描かれているようなフードシステムから抜け出すことは難しいと感じた。

普段食べてい
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.1

前半はなかなかストーリーが進まなくて死ぬほど眠いです。
それに加えて屋敷のキャラクターと能力でカタカナ多すぎて全然誰が誰か分からなくなり、3回目でやっと理解できました。wikipediaがお友達です。
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.5

中国語版公開されたので見ました。
黄軒ことホアン・シュアン、予告編で見た時に美しいなと感じたんですが役柄的にはだいぶ危なっかいような動きで意外性を感じたことを強く覚えています。

観に行く前に評価が低
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

5.0

皿洗いしながら見たい映画。大爆笑じゃなくてクスクスケタケタ笑いながら見れるのがいい。あと私は圧倒的ウツミ派。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

4DX3Dで見ました。以前見た4DX3Dはファンタスティックビーストだったので、銃やアクションが充実している分、4DX3Dのお金払った甲斐があるわ〜〜って思いながら揺られてました。銃で打つと耳元を風が>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

初めての劇場で見るr制限指定映画。
アメリカVSソ連の時代背景、多様に表されるマイノリティ、しっかりとしたキャラ、情報量がとーーーっても多くて見てて色々なことを考えたしそうやって考える過程があることが
>>続きを読む