smatsunagaさんの映画レビュー・感想・評価

smatsunaga

smatsunaga

映画(271)
ドラマ(16)

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.2

観たけどつけるの忘れてた。

ザ・フランス映画、って感じの間の取り方とかが好き。
パスタの汚い食い方は好きじゃないけどそういう飾らない撮り方してるところは好き。
若者に焦点を当てた、わりと普遍的な話。
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

しょうもなさと下ネタとひとつまみくらいの狂気でできたような映画、っていう印象。

何も考えずに笑えるような、そんな面白さも嫌いじゃないです。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

もし自分がこれまでの人生で信じてきた全ての常識が虚偽のもので、親だったり、コミュニケーションの対象だと思っていた友人の存在すら嘘だったら?

そんな自分にとっては超現実的な話も実際世の中には存在するわ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

物心つく前の子供の頃から好きやった(らしい)プーなのでそんな切ないテーマで実写化やめてくれ、って思ってたけど

思いの外良かった

KUSO(2017年製作の映画)

3.4

名実共にKUSO映画

意外と普通に見れてかつ、ちょっとおもろいとか思ってしまったおれはおかしいのかもしれない…

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

いい意味で期待裏切られた!おもろい!
ネタバレ見ずに映画館行ってよかった

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.5

ぼちぼちやった
サイモンペッグ、ジェレミーレナー、レアセドゥ

キャスト豪華

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

ポップカルチャーへの大きな愛、ノスタルジア、そんでヴァーチャルに傾倒する現代人への皮肉をちょびっと。
そんなのがパンパンに詰まった映画やった。

正直そこまで期待してなかったけど最高やったね。
やっぱ
>>続きを読む

アメリカン・ヴァルハラ(2017年製作の映画)

4.0

音楽ドキュメンタリーとしても最高なんだけど、何よりきちんと主題となるメッセージがあって良かった。

時間はただ過ぎて行くものでコントロールなんかできなくて、今その瞬間を大切にしなきゃいけない。

ジョ
>>続きを読む

オープンハウスへようこそ(2018年製作の映画)

2.6

序盤のタイトルコールでキリキリ音(よくホラーとかである不安煽るやつ)が流れてきた時点で、混みいった演出とかは期待してませんでしたが、予想通りふっつーのサスペンス。

特に中身もないけど、良い暇つぶしに
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.6

思春期特有の様々な感情とか、村社会におけるカースト的な話、セクシャルマイノリティの葛藤だったりが、雄大なアイスランドの風景をカンバスに、リアルに描かれていてよかった。

こんな草原で走り回ったら楽しい
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

古い話やのに音楽やたらと今っぽいな〜
冒頭の展開早いな〜
ダイバーシティの表現が極端やな〜

とか最初は気になりまくってましたが、見終わったらまぁ満足感はありました。

歌と踊りの多幸感ってのはやっぱ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.8

こういう人間関係ムリ…

まぁみんな目を背けて生きてるだけで、誰でも人に言えない秘密とかはあるんでしょうが…

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.0

やばい映画みた…

美しいと同時にエグいっていうコントラストきつめな世界観、描写がすごかった。

にしてもこのレベルの映画をオリジナルコンテンツとして出せるNetflixまじですごい

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

原作見てないのでなんとも言えんが、とりあえず1人で見ておかしな気分になりました

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.4

最後なるほどね…って感じで、期待値よりは面白かった。

SNSとか各メディア、そこから発信される情報に対するマスの反応が結構生々しくかつ愚鈍に描かれていて、改めて嫌悪感が…

同じような事件が仮に起こ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

子供達のロードムービー感は良かったけど、ちょっとピエロ喋りすぎちゃう?

あと未公開シーン集みて、そこ切らんでよかったんちゃうっていうのが結構あった

尺長い割に詰め込みきれてない感

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

登場人物の色んな思いが錯綜してた

こういう映画好き

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

これまで生涯に見た中で指折りの狂った映画

一般的な規範とか常識っていう概念とか、そういう社会の抑圧的な要素に疲れた、っていうのを超抽象的かつハートウォーミングに描いてるんじゃないか、という個人的見解
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

2.8

感想

「能年玲奈かわいい」

「東村アキコ本人出てる!」

「菅田将暉ほっそ」

「池脇千鶴の使い方もったいな!」

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.8

このシリーズは毎回なんとなく分からんところが多すぎて気持ち悪いまま終わる

次回作が出るたびにその気持ち悪さが何か解消されるのではと思って見るけどまたただ気持ち悪さだけが残る…

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

昔銀魂めっちゃ読んでたけど、ゴリラ以外キャスティングはまってる気がした。

菜々緒の演技下手すぎたけど、笑
あとCGがしょぼい…

久々に原作読みたくなったな〜

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

とりあえず小気味の悪い映画やった

なんか全体的に粗い気がした

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

正直前作の方がおもろかったなぁ

ストーリー、登場人物、クライマックス総じて…

おもろいはおもろい。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.3

そういえば観たのに付けるの忘れてた…

画のトーンが絵画的というかアーティスティックですごかった

話もヤバイ

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

今まで観てなかったのが恥ずかしいな…

30年前の映画とは思えない…

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

静かで冷たい映画だった。

社の設定とか登場人物の風貌とか、どこか比喩的な気もするし、現代社会に警笛を鳴らしているような気がしないでもない…

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.6

分かりやすくて面白かった

香川照之のキャラのパンチが若干弱い気はした

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.5

これ映画にする必要あったんかな…
宣伝色強いし…

ドラマの方がよかったな…

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.8

中身ないけどOPN最高。
音楽が映画にもたらす凄みを実感できる。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

久々に見返したんですが、1〜3見た後やとちゃんと細かい話の繋がりとかも分かって一層面白い

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.8

中3とかで映画館見に行ってボロ泣きしたなぁ…
めちゃめちゃ人間臭くて好き。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.2

スターウォーズは1,2,3の3部作が個人的に一番好き。
アクションも派手やし。

>|