smatsunagaさんの映画レビュー・感想・評価

smatsunaga

smatsunaga

映画(291)
ドラマ(22)

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.2

期待してた以上の深みとかエグさはなかったけど、トーンの統一感とかテーマみたいなんは感じられて良かった

序盤の感じで終わってたら雰囲気映画レベルで済んでた

ただ、中後半の割と乱れた感じのシーンのめく
>>続きを読む

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!(2017年製作の映画)

2.8

カジュアルにイギリス現代社会の勉強してる気分になった

やっぱドキュメンタリーは明確に興味のある主題がないとキツイ

ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント / ゲスの極みオトナの遊園地(2018年製作の映画)

4.0

個人的にはこういうめっちゃアホな映画大好き笑

アメリカ人がYouTubeとかにあげてそうな、ちょっとやりすぎやろ笑、ってくらいのエクストリームなイタズラ動画をずっと見てるような痛快感あり、家族ドラマ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

頭使わずナリで観てしまったのが失敗。

所感としては、メタファー、という感じ。

アートとゴミは紙一重。
結局作るのも評価するのも人間。

一点、無駄に長い。
本質的には無駄ではないのかもしれんが。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

前作よりもイェーガー、カイジュウともに作り込みに重みがない気がするけども、1作目と地続きな感じはなんとかきちんとしててよかった。

まぁ普通に面白い。

でも1が設定含めようできてたからこの2は無くて
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.6

視聴者にストーリー分岐の選択権を与えるっていう仕組みが今までにあったようでなかった要素なので面白いなぁ、Netflixさすが。
とは思いつつ、話がただひたすら暗いのと、エンディング自体もパターンがある
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.8

今更見た。

アニメあまり得意ではないけど、しっかり若年層の焦燥とか、個性ありきで人間関係のもつれとか、描写がしっかりされててよかった。

オープニングのThe Who、めっちゃ浮いてたなー

アレックス・ストレンジラブ(2018年製作の映画)

3.8

わかりやすいハイスクールドラマでありながら、一捻り効いててよかった。

現代っぽいし、色んな生き方を肯定するトーンが好きでした。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.8

JUNOの底抜けポジティブかつオルタナティブでガッツあるマインド、ハートウォーミングな音楽と映画のトーンにやられた。

あと地味にJUNOの親父がセッションのフレッチャー役のおっさんやった

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

「永い言い訳」のような話やなぁと思って序盤から見てたけれども、話の軸もプロセスも違った。

人を愛する気持ちの根源ってどこにあるのか。

とてもいい映画だと思った。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

怪獣とかロボットとか特撮モノへのオマージュをたっぷり感じる作品やった

にしてもアメリカ映画のエイリアンってどうにも同じような躯体してるよな…
ハリウッド版ゴジラとか、クローバーフィールドのアレ思い出
>>続きを読む

風俗行ったら人生変わったwww(2013年製作の映画)

2.4

huluのせいで二本続けてしょうもないの見てしまった…

個人的に超絶チョイ役の谷村美月が良かった

劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年製作の映画)

3.2

くそしょうもないけど暇つぶしにはよかった

こういうしょうもないのも嫌いじゃない、、

ガチのグンマーがこれみたらどう思うのかは気になるね、笑

地元愛…

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

2.3

巨人のエグさ、恐ろしさ、みたいなのはそこそこクオリティの高いVFXでそれなりに表現できてて、そこはもっと評価されてええんちゃうかなとは思いつつ、敢えて原作をなぞらない形にしたストーリーが的を得てなさす>>続きを読む

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.2

母校やドンズバ地元の駅で撮影されてたのは知ってたけどなんとなく見れておらず、そんな感じでなんとなく見た。

編集とか画のトーンはひと昔前の朝ドラみたいにダサいし、ストーリーも超絶普遍的やけど、やっぱこ
>>続きを読む

ラストウィーク・オブ・サマー(2017年製作の映画)

3.0

テラスハウスみたいなトーンの学園ラブストーリーかと思いきや…的なところから割とありきたりな感じのやつやった。

けど全然暇つぶし程度には面白かったです。

こういう女いそう…

ハウスパーティのシーン
>>続きを読む

カムガール(2018年製作の映画)

3.5

今っぽい設定且つわりとゾッとする瞬間多めでそこそこ面白かった。

下品やけど。

まぁでもスッキリせん部分あるし、締め方は賛否ありそう…

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.5

チリーゴンザレスのことはよく知らんかったけど、パンクでアヴァンギャルドなおっさんということだけは良くわかった。

ピアノは主役でもなんでもなくて、あくまでもチリーゴンザレスその人という感じ。

初期の
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

前評判に勝るとも劣らない、なかなかハイクオリティな映画でした。

にしてもブライアンメイ似すぎ笑

今回はたまたま"応援上映"ってやつだったのですが、次はIMAXでみたいです。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.2

観たけどつけるの忘れてた。

ザ・フランス映画、って感じの間の取り方とかが好き。
パスタの汚い食い方は好きじゃないけどそういう飾らない撮り方してるところは好き。
若者に焦点を当てた、わりと普遍的な話。
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

しょうもなさと下ネタとひとつまみくらいの狂気でできたような映画、っていう印象。

何も考えずに笑えるような、そんな面白さも嫌いじゃないです。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

もし自分がこれまでの人生で信じてきた全ての常識が虚偽のもので、親だったり、コミュニケーションの対象だと思っていた友人の存在すら嘘だったら?

そんな自分にとっては超現実的な話も実際世の中には存在するわ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

物心つく前の子供の頃から好きやった(らしい)プーなのでそんな切ないテーマで実写化やめてくれ、って思ってたけど

思いの外良かった

KUSO(2017年製作の映画)

3.4

名実共にKUSO映画

意外と普通に見れてかつ、ちょっとおもろいとか思ってしまったおれはおかしいのかもしれない…

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

いい意味で期待裏切られた!おもろい!
ネタバレ見ずに映画館行ってよかった

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.5

ぼちぼちやった
サイモンペッグ、ジェレミーレナー、レアセドゥ

キャスト豪華

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

この歳になってもシリーズ最新作が映画館で観れるってだけで幸せ…

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

ポップカルチャーへの大きな愛、ノスタルジア、そんでヴァーチャルに傾倒する現代人への皮肉をちょびっと。
そんなのがパンパンに詰まった映画やった。

正直そこまで期待してなかったけど最高やったね。
やっぱ
>>続きを読む

アメリカン・ヴァルハラ(2017年製作の映画)

4.0

音楽ドキュメンタリーとしても最高なんだけど、何よりきちんと主題となるメッセージがあって良かった。

時間はただ過ぎて行くものでコントロールなんかできなくて、今その瞬間を大切にしなきゃいけない。

ジョ
>>続きを読む

オープンハウスへようこそ(2018年製作の映画)

2.6

序盤のタイトルコールでキリキリ音(よくホラーとかである不安煽るやつ)が流れてきた時点で、混みいった演出とかは期待してませんでしたが、予想通りふっつーのサスペンス。

特に中身もないけど、良い暇つぶしに
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.6

思春期特有の様々な感情とか、村社会におけるカースト的な話、セクシャルマイノリティの葛藤だったりが、雄大なアイスランドの風景をカンバスに、リアルに描かれていてよかった。

こんな草原で走り回ったら楽しい
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

古い話やのに音楽やたらと今っぽいな〜
冒頭の展開早いな〜
ダイバーシティの表現が極端やな〜

とか最初は気になりまくってましたが、見終わったらまぁ満足感はありました。

歌と踊りの多幸感ってのはやっぱ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.8

こういう人間関係ムリ…

まぁみんな目を背けて生きてるだけで、誰でも人に言えない秘密とかはあるんでしょうが…

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.0

やばい映画みた…

美しいと同時にエグいっていうコントラストきつめな世界観、描写がすごかった。

にしてもこのレベルの映画をオリジナルコンテンツとして出せるNetflixまじですごい

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

原作見てないのでなんとも言えんが、とりあえず1人で見ておかしな気分になりました

>|