ジャックシューチャーさんの映画レビュー・感想・評価

ジャックシューチャー

ジャックシューチャー

映画(471)
ドラマ(44)
アニメ(0)

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

3.8

戦争による狂気を描いた映画だけど、この映画自体が狂気だ。
常軌を逸した内容はもちろんだけどスケールのでかさも半端じゃないし役者の演技まで全てが完全にどうかしてる。
なんともカオスな映画だった。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.3

このリブート一作目はかなり好き。
とにかく人の死に方が容赦ない。
パークで最も起きてほしくないというのを堂々と見せてくれたのが良かった。

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

U-NEXTのジ・オファーがあまりにもおもしろくてしかもこのドラマを観ているとゴッドファーザーを観たくなること間違いない。っていうので久しぶりに鑑賞。ドラマの影響云々無しでもやっぱりこの映画は無条件に>>続きを読む

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.3

いわゆる「地球滅亡もの」のディザスタームービーは好物なジャンルだしこれまでもいろいろ観てきたつもりだ。
隕石が落ちてくるというのは基本中の基本だし、溶岩が降ってきたり直径1メートルの氷が降ってきたり、
>>続きを読む

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

3.5

ちょっとした遊び心で一夜を共にした女が狂暴なストーカーに突然変異して主人公をとんでもなくひでー目に会わせるというお話。

ワンナイトラブでちょっとした遊び心だったつもりが、実は取り返しのつかないことへ
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.4

ストーリーを無駄にややこしくすることなく単純明快で痛快なアクション映画に徹していたのが潔くて非常に良い!

Netflix史上最高額の予算を投入して作り上げたアクションは何もかもがとにかくゴージャス且
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

4.0

何十年ぶりかに鑑賞したけど全く色褪せてないおもしろさだった。

弁護士である主人公に一方的に恨みを持つケイディという男。長い刑期を終えて復讐のため弁護士一家に執拗に嫌がらせを重ねてやがては恐怖のドン底
>>続きを読む

なま夏(2005年製作の映画)

3.3

気持ち悪い映画だったな。
さすが吉田恵輔監督は容赦が無い。

赤い闇 スターリンの冷たい大地で(2019年製作の映画)

3.4

1930年代、世界恐慌で各国が混乱に陥る最中どういうわけか繁栄を極めるソビエト連合。そのカギはどうやらウクライナにあるらしいということで当局の目をかいくぐって単身ウクライナに乗り込んだ英国記者である主>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.5

2000年代以降のゾンビ映画で「28周後」に並ぶ傑作だ。これ以降ザックスナイダーの大ファンになってしまった。

猿の惑星・征服(1972年製作の映画)

3.5

シーザーレガシーはここから始まっていた!!

シリーズ全般に言えることだけどこの作品は特に政治的に感じた。

続・猿の惑星(1970年製作の映画)

4.0

前作が揺るぎない名作であることは大前提だけど、この続編はめちゃくちゃ好き。ある意味前作以上に好きだ。
これもラストがひどいのなんの。

なんだなんだ舞台がとんでもない方に向かってるぞ一体なんなんだこれ
>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

2.9

我が身にとんでもない呪いがかけられてその呪いが娘にも及んでしまった主人公。自分達のこの状況を映像に記録をして藁にもすがる思いで外部に助けを求めるのだが、さらなる恐怖が主人公にも観客にもブッ込まれてくる>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.4

ジョス・ウェドン版の100倍良い。
一生観ていられる。
ザックスナイダーによる「コミックの映像化」に固執しまくったスローモーション映像は最高!!このケレン味がたまらない。 

GONIN(1995年製作の映画)

3.3

30年くらい前の映画だけど当時からすればかなり時代感を先取りしているように感じられた。
やはり名匠による名作になり得るものはそうゆう映画なんだ。

28週後...(2007年製作の映画)

4.5

最高のゾンビ映画のひとつだ。

この映画のオープニングの展開には何度観ても考えさせられる。自分だったらどうするのか。

パンデミック発生時のコード・レッドがとにかく酷すぎる。

世界残酷物語(1962年製作の映画)

4.0

もう60年くらい昔の作品だし年数が経てば経つほどどこまでが本当なのか分からなくなってくる。と思わせるくらいのなんとも言えない迫力がある。笑われようがなんだろうが創ってやる!!という狂気を感じた。

>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 4K リマスター版(1968年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画の基本中の基本、というのはもちろんだけどもそれ以前にサバイバル劇としても抜群におもしろい。

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

5.0

なんか気分がすぐれないな、元気が出ないなという時には絶対これを観るべき。

仕事がうまくいかなかったとか、人間関係が鬱陶しいとか、恋人にフラれたとか、なんか憂鬱だなとか、生きてればなにかと悩みが尽きな
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

本作に対する評価の高さは異様に感じるほどだったし、その分ハードルもかなり上がりきった状態だったにもかかわらずまさかそのハードルを軽々と超えてきたからもう驚きしかない。

「クリード」や「マッドマックス
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.3

マーヴェリック鑑賞前の復習。
ザ・80年代、ザ・トニースコットという仕上がりがたまらない。
今となってはけっこう鼻で笑われる扱いされてるような気がするけど自分はけっこう好き。と言うか86年というCGの
>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.4

狂ってるぶっ飛んだ映画だった。
それでもホラーの基本要素はしっかりと丁寧に組み込まれていて何気に完成度が高く感じた。
とにかく文句なしの世界観。大好き!
ロブ・ゾンビは信用できる監督だ。

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.3

「はい、それではどうやら2日後くらいに人類滅亡級の隕石がぶつかるみたいなんで皆さん注意しといてくださいね〜」という身も蓋もない状況に陥った時に主人公一家はどんな行動をとるのか。我々は何ができるのか。>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

3.6

指名手配中の犯人を見かけた、捕まえたら300万円もらえると言っていた父がその日を境に消えた。必死で探す娘が職場を訪ねたら父の名前の作業服を着た若い男がいる。そいつこそが逃亡中の指名手配犯だったのだがさ>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.0

前作もそうだったけど、ギャグの演出がどうにも受付けずこれがかなりノイズに感じてしまうのが非常にもったいない。
会話もわざとらしいというか、ぎこちないというかとても見ちゃいられないくらいひどい。
キャス
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

5.0

この時代のDisneyアニメが大好きで子供の頃はビデオ(当時のVHS)が擦り切れるほど観まくっていた。中でもピノキオはDisneyの最高傑作だと思う。

「嘘というのはどんどん大きくなってやがてその鼻
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

新たな植民惑星を求めて宇宙を漂うクルーたちが謎の信号をキャッチ。降り立った星でしっかりとエイリアンに襲われまくるというシリーズお決まりのお話。

一連のエイリアンシリーズでは「2」が1番好きだったけど
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.6

これぞ映画!!と唸らされてしまった良作!というか傑作!!

過去にトラウマを持つ森林救助隊の主人公がひょんなことから殺し屋に命を狙われている子供を助けることになるのだが、同時に猛烈な山火事も襲ってきて
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.5

パニックホラーとして完成されまくってるし全てにおいて完ぺきだと思う。

レイジング・ブル(1980年製作の映画)

4.0

1940年代に活躍したアメリカのジェイク・ラモッタというボクサー、この人の波乱万丈な半生を描いた伝記映画。

実在の人物を映画としてよくもまあここまでおもしろく描けたもんだ。
スコセッシのイケてる音楽
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.5

いや〜おもしろい!!
こうゆうジャンルはどうしても好き!!
ジョン・ウィックやらイコライザーやらいわゆる「なめてた相手が実は殺人マシーンでした」というジャンルもの。本作もこの手の中ではかなりの成功作だ
>>続きを読む

スリー・フロム・ヘル(2019年製作の映画)

3.3

狂ってるな〜笑
ホラーコメディのような感じになるのかと思いきや意外にも硬派な作りに仕上げてくるのがロブゾンビ。自分は嫌いじゃなかった。

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.7

ベトナム戦争の泥沼化した凄惨な状況を描いた傑作。

有名な訓練シーンではよくもまあここまで汚い言葉が出るもんだと感心していたら監督のキューブリック自身が日本語訳を監修していたそうな。完璧主義もここまで
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.7

昨今のMCU作品、少なくともフェーズ4の中ではぶっちぎりのおもしろさでした。

想像以上にホラー満載なサム・ライミ作品に仕上がっていたのが最高!!この監督の好き勝手やってやった感じが大成功していたのが
>>続きを読む

>|