ジャックシューチャーさんの映画レビュー・感想・評価

ジャックシューチャー

ジャックシューチャー

映画(272)
ドラマ(3)

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

2.9

時はブラック・ウォーの最中、流刑囚として軍人に奉仕していた一家がいた。慎ましく貧しくも故郷に帰ることを希望に働いていたが、ある日イギリス軍将校の暴走により夫と幼い子供を殺され、自身も激しく凌辱>>続きを読む

デイライツ・エンド(2016年製作の映画)

3.0

人を凶暴化させる謎のウイルスの蔓延によって人類に未曾有の混乱が生じた。
荒廃しきった世界をただ一人彷徨う、履歴不詳のすご腕の戦闘スキルを持った主人公はひょんなことから善人側の生存者集団と出会い
>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

5.0

終戦からまだ10年しか経っていない1955年に製作。
戦時中、ユダヤ人強制収容所のアウシュヴィッツでは何が行われていたのか、どれほど非人道的な残虐行為が行われていたかを、当時残された実際の映
>>続きを読む

サランドラ(1977年製作の映画)

2.8

以前投稿した「クライモリ」の中で紹介したソニー・ビーン一族。人道的にも生物学的にも倫理から外れまくっている最低・最悪・最悪趣味な実在した一族ですが、本作もまたその一族をモデルにしたホラー映画です。>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

3.3

1900年代初頭、ヨーロッパとアメリカを行き来する豪華客船。
その船の中で産まれ捨てられていた赤ん坊がいた。
船員たちが親代わりとなって育てられた彼にとって、船の中は世界の全て。
やがてピ
>>続きを読む

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015年製作の映画)

3.0

アイヒマンを追う検事の実話もの。追い詰めていく過程のサスペンスもおもしろかったし、仕事に没頭する異常なまでの仕事人間ものとしてもおもしろかったです。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

2.0

「こうゆうちょっとおもしろいくらいがちょうどいい」という映画がかなり大好物な自分ですが、これはイマイチでした。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.5

当時「この映画を観て泣けなかったら全額返金します」というようなキャンペーンがうたれてて、いわゆる感動ポルノものか?下品さすら感じながら斜に構えて観ました。
結果開始10分でむせび泣きましたしとても美し
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

思ったよりよかった。
シェーンブラックは信用できる!ということがわかりました。

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

4.0

これはひどい笑
なかなかエゲツない食人族描写でした。
カートラッセルかわいそすぎるでしょ。いろいろグロい映画は見てきたつもりでしたがあの死に方は絶対に嫌な上位に入ります。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

ノーラン作品の中では1番好きかもしれません。
こんなにロマン溢れる映画を作ってくれて、ありがとうノーラン!

ハードコア(2015年製作の映画)

3.6

FPSをやってる人間として、すげえ!すげえ!と呟きながら観てしまいました。

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

2.5

トラボルタさん、もっともっと暴れていいんだよ。あと話がややこしい展開になってちょっと自分にはイマイチでした。

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.6

これは強烈でした。
次から次に襲いかかる災難に、生きのびるための究極の選択。それでも生きなきゃいけないの?という疑問を抱かずにいられなくなるほど辛い選択をした主人公たちですが、最後はタイトル名を思い返
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.0

これはほんとに怖い。こうゆうことってインドで日常茶飯事なのかな?この主人公はとても運が良かった。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

5.0

ロッキーファンとしてはハードル爆上げにして観に行きましたが、そのハードルを軽々と超えられました。嘘でしょ?と思わずにはいられませんでした。この衝撃はマッドマックスを見たときにも感じましたが、本作も傑作>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

5.0

子供の頃生卵一気飲み真似して一口で無理とわかり、卵を溶いても無理で、そこに醤油を入れても無理で、最終的に母親に卵焼きにしてもらった思い出があります。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.8

できればサメちゃんにはもっと派手に暴れてほしかった。あんなにでかい口なら人間数十人一気飲みいけるでしょ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

これはおもしろかった!
アイデア勝ちというだけでなく親子の関係性だとかそうゆうナイーブなところもしっかり描かれていて完成度がめちゃくちゃ高かったと思います。
続編早く観たい。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

ドウェインパパの奮闘ぶりに思わず泣いてしまいました。でもあそこまでがんばってスイッチオンオフて。

アジョシ(2010年製作の映画)

4.5

韓国映画レベル高すぎだろ!と驚嘆したのを覚えてます。

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.8

今は亡きエイドリアンが病床でロッキー に向かって振り絞るように言う言葉「戦って」。
もう何度見てもここで号泣してしまう。

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.5

子供の頃グラバーが強烈に怖かった。
こいつ話し通じなそう、ヤバイやつだ。という印象がありました。

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

4.0

最後の演説はちょいとやり過ぎな気がしますがご愛嬌。個人的には最高のボクシングアクション映画です。

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.0

悪評高い5作目。ロッキー もストリートファイトするまでに落ちぶれてる。
だけど自分にとっては実は本作がロッキー 初体験。けっこう思い入れあるんです。
なぜか5作目のビデオしか家になくてこれを繰り返し何
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

5.0

毎日をただ必死に生きてるだけの人生ですけど、そんななんでもない自分の人生に勇気を与えてくれる、こんな映画を自分は他に知りません。

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.0

トムクルーズがジャッキーチェンの正統なる後継者というのはわかるけど、ジャッキーはまだまだ健在!!

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

2.0

序盤の銃撃戦の迫力に「これはヒートの再来か!」と胸躍らせましたが、なんだかモタモタした展開だし、あまり登場人物に感情移入できなかったというか、興味を持てなくてあまりノレませんでした。残念。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.0

最愛の恋人がテロに巻き込まれて復讐の鬼になって鍛えまくってCIAにスカウトって、んなアホなという中二が考えそうな設定ですが、これをそれなりに見応えありに仕上げるのがハリウッドのすごさ。けっこうおもしろ>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.3

これこれこうゆうの!こうゆうの好きなんです。
80年代バディアクションものというか、この手のジャンル大好物です。
しかも大好きなデンゼルワシントンとマークウォールバーグ。おもしろかったです。、

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.0

前作から方向性を完全シフトして今回はエイリアンとの格闘アクション。グリロさんとウワイスさんの共演というだけで感服ものなのに贅沢な逸品でした。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

1.0

なんだろう、自分の理解力のなさが原因だと思うのですが、意味不明でした。

>|